アジーリア・バンクス、マリリン・マンソンやグライムスにインスタグラムのストーリーで言及

アジーリア・バンクスは来週グライムスと楽曲制作に取り込むことを認めている。

アジーリア・バンクスは現地時間6月17日に自身のインスタグラムのストーリーを更新して、「来週グライムスと仕事をする」と綴っている。グライムスもこのニュースを認めており、来週にアジーリア・バンクスと仕事をするために「ニューヨークへ行く」ことを明かしている。

アジーリア・バンクスとグライムスの投稿はこちらから。

AzealiaBanks

GrimesTweet

アジーリア・バンクスは続けて、インスタグラムのストーリーにマリリン・マンソンに小便をかけたいとも綴っている。

「ものすごくマリリン・マンソンにおしっこをかけたい」とアジーリア・バンクスは綴っている。「理由の半分は、彼が白人至上主義者にちなんで自分の名前をつけているということと、ミュージック・ビデオでは白人女性しか虐待していないということ(要は、黒人女性の領域に足を踏み入れる勇気が彼にはないっていうこと)。もう一つは、彼がそういうくだらないことが好きそうっていう強い確信が私にはあるから」

「マリリン・マンソンは間違いなくアジーリア・バンクスからおしっこをかけられるべきよ」と彼女は続けている。「誰か、私が彼におしっこをかけるのをセッティングして!」

アジーリア・バンクスがマリリン・マンソンに言及している投稿はこちらから。

AzeliaBanks2

アジーリア・バンクスは先日、ドラァグクイーンのルポールに対し自身の楽曲を盗作したとして批判している。アジーリア・バンクスは一連の怒りに満ちたツイートの中で、ルポールが彼の楽曲である“Call Me Mother”に自身の“The Big Big Beat”を盗作していると訴えている。

RECOMMEND NEWS

  1. マリリン・マンソン、新作より“Say10”のミュージック・ビデオを公開

  2. アジーリア・バンクス、グライムスとの私生活を暴露したことについてイーロン・マスクに謝罪

  3. マリリン・マンソン、出入禁止になっていたコーチェラでX JAPANと共演することを発表

  4. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーを「馴れ馴れしい野郎」と批判

  5. マリリン・マンソン、“Cry Little Sister”のカヴァー音源をリリース

  6. マリリン・マンソン、“We Know Where You Fucking Live”のミュージック・ビデオを公開

  7. マリリン・マンソンとロブ・ゾンビ、ビートルズの“Helter Skelter”のカヴァー音源が公開

  8. マリリン・マンソン、デヴィッド・ボウイとの対面を台無しにされたことを振り返る

  9. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、80年代から90年代末までのロックの変遷を振り返る

  10. マリリン・マンソン、新作より新曲“KILL4ME”の音源を公開

  11. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーが送ってきた謝罪メールの内容を明かす

  12. マリリン・マンソン、テキサス州銃乱射事件を受けてマシンガンを使った自身の演出について声明

  13. アジーリア・バンクス、グライムスとのコラボのためイーロン・マスクの家で待っていたと主張

  14. マリリン・マンソン、2011年に自身が性的暴行を犯したとする訴えが棄却されたことが明らかに

  15. マリリン・マンソン、“Cry Little Sister”のミュージック・ビデオが公開