ブラーのグレアム・コクソン、ブラーのニュー・アルバムが実現する可能性について語る

グレアム・コクソンはソロ・プロジェクトの進捗状況について語ったほか、「ブラーのアルバムがもう1枚出ない理由が分からない」として、その理由を明かしている。

ブラーのギタリストであるグレアム・コクソンは今年1月にドラマ「このサイテーな世界の終わり」のサウンドトラックをリリースしている。彼の最後のソロ・スタジオ・アルバムは2012年にリリースされた『A&E』となっている。

「コンシークエンス・オブ・サウンド」のポッドキャスト「カイル・メレディス・ウィズ…」のインタヴューに出演したグレアム・コクソンは、ブラーの新作について「今はプランがない」としている一方で、彼自身はバンドとアルバムを作りたいと考えているものの、「どこからともなく生じるものだから、『作る』ということやそれがいつ出るかは言えない」と語っている。

「本当に作らない理由やブラーのアルバムがもう1枚出ない理由が分からないんだ」と彼は続けている。「僕らは全員存命だし、自分たちの能力を理性的にコントロールできているからね。そういう考えが僕らに浮かんで、星が揃った時に、『よし、どうしてやらないんだ?』ってなるんだよ」

グレアム・コクソンはまたソロ・プロジェクトでも進行中のものがたくさんあることを示唆している。「僕はいつも書いているんだよ」と彼は語り、「どこかの時点で何か」するために「コンセプトのある音源」を完成させたところだと明かしている。

グレアム・コクソンは続けて、「何年もくすぶり続けて」いる未発表のアルバムの存在も明かし、ファンのみんなとそれを共有したいと語っている。「僕の音楽が好きな人たちなら気に入ってくれると思うよ」と彼は語っている。「すごく僕らしいものだね。インディっぽくて、60年代の影響を受けているっていうね」と彼はそのアルバムについて語り、『A&E』と同じタイミングでレコーディングされたものだとしている。

これまでに明かしていなかった多くのプロジェクトについて語ったグレアム・コクソンだが、近いうちにライヴをやりたいとも思っているといい、次のように続けている。「死ぬほどの怖い思いをするようなことがやりたいんだ。あまりアンプを使わない、小規模のライヴをやったりとかね」

グレアム・コクソンは今年4月のインタヴューでブラーの将来について今よりも悲観的に語っており、ブラーとして「アルバムを出す理由が見つからない」としている。「歳を取ると、何かと難しくなってくるからね」と彼は語っている。「そういうことに費やす時間は少なくなるわけで、だからミュージシャンは歳をとるにつれてクリエイターとしては下り坂になっていくんだと思うよ」

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  2. デーモン・アルバーン、アークティック・モンキーズの新作について自身の意見を語る

  3. ブラーのアレックス・ジェームス、他にやることのない高齢のロック・ミュージシャンを批判

  4. デーモン・アルバーン、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの新作が大詰めに入っていると語る

  5. デーモン・アルバーン、プリンスとのコラボレーションを断った理由を明かす

  6. デーモン・アルバーン、カニエ・ウェストによるポール・マッカートニーとの共作を批判

  7. ゴリラズ、ニュー・アルバムをサプライズでリリースか?

  8. ブラーのグレアム・コクソン、ブラーとしてニュー・アルバムを制作する可能性について語る

  9. デーモン・アルバーン、ブリット・アウォーズ授賞式でEU離脱を批判

  10. ブラーのデーモン・アルバーン、人生最悪のライヴについて語る

  11. デーモン・アルバーン、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの新作もほぼ完成したと語る

  12. デーモン・アルバーン、シリア人オーケストラとスペシャル・パフォーマンスを行うことが決定

  13. ゴリラズ、ドイツ公演で4曲の新曲を初披露