リアム・ギャラガー、ストーン・ローゼズから受けた影響について改めて語る

リアム・ギャラガーはザ・ストーン・ローゼズから受けた影響について改めて語っている。

元オアシスのフロントマンであるリアム・ギャラガーは、ミネソタ州のラジオ局「KQGO」のインタヴューに応じて、「初めて感銘を受けたアーティストは誰か?」という質問に答えている。

「おそらく、ザ・ストーン・ローゼズのイアン・ブラウンだな」とリアム・ギャラガーは語っている。「ザ・ストーン・ローゼズのシンガーには子供の頃にかなり影響を受けたよ。彼のルックスが好きでね…彼のインタヴューや服装も好きだったし、彼の声を張り上げた歌い方もそうで、ザ・ストーン・ローゼズの全員からバンドとはどういうものかを教わったんだ」

リアム・ギャラガーは続けて、初めて行ったコンサートは誰のコンサートかという質問に対し、「ザ・ストーン・ローゼズのワールド・ツアー」とした上で次のように続けている。「18歳か19歳か、18歳と半年くらいの時で、1989年だったと思うんだけど、あれはよかったよ。改めて言うことになるけど、ステージの上で彼を観た時には、誰もレザーを着てなくて、レザー・ジャケットを着ているようなロックスターみたいなルックスじゃなかったんだ。女物の服とかトレーナーを着ててさ、俺も同じような服を着ていたから、典型的なロックンロールの格好をしなくていいのかもなって思えたんだよ」

リアム・ギャラガーのインタヴューはこちらから。

一方リアム・ギャラガーは先日、セカンド・アルバムをリリースした後は休息を取りたいと考えていることを明かしている。

リアム・ギャラガーは『デイリー・スター』紙に次のように語っている。「新作はまだ途中なんだけどさ」

「ツアーの合間を縫ってロサンゼルスで次回作に取り組んでいて、クリスマスまでには完成すると見ているんだ」

リアム・ギャラガーは次のように続けている。「どんどん進んでいてね。前作と同じ奴らとやっているんだよ」

「おそらくこのアルバムをやった後は、俺は休息を取ってみんなの前から姿を消すつもりだよ。息抜きするんだ。それで、2枚目がうまくいけば3枚目に取り掛かるよ」

RECOMMEND NEWS

  1. リリー・アレン、日本行きの飛行機内でリアム・ギャラガーと関係を持ったという噂に言及

  2. リアム・ギャラガー、“Some Might Say”のアコースティック・バージョンを披露

  3. イングランド代表、W杯での敗退を受けてサポーターが“Don’t Look Back In Anger”を熱唱

  4. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーの新作をツイッターで批判

  5. ストーン・ローゼズ、バンドとしての活動を完全に休止か

  6. リアム・ギャラガーとリチャード・アシュクロフトによる北米ツアーが決定

  7. リアム・ギャラガー、親として自分には説得力がないと語る

  8. リアム・ギャラガー、TRNSMTより“Wall Of Glass”のパフォーマンス映像が公開

  9. リアム・ギャラガー、オアシスの再結成を断る条件を明かす

  10. リアム・ギャラガー、ブリット・アウォーズ授賞式で“Live Forever”をテロの被害者に捧げる

  11. ローリング・ストーンズ、マンチェスター公演にリアム・ギャラガーが出演しなかった理由を語る

  12. リアム・ギャラガー、シェーン・メドウズとミュージック・ビデオの撮影を行ったことが明らかに

  13. テロ事件から1年を受けてマンチェスター市民がオアシスの“Don’t Look Back In Anger”を大合唱

  14. リアム・ギャラガー、いつもパーカーとサングラスを身に着けている理由を明かす

  15. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る