レディオヘッド、未発表曲“Come To Your Senses”のフル・ライヴ音源がオンラインで公開

レディオヘッドは、“Come To Your Senses”として知られる未発表曲のフル・ライヴ音源がオンライン上で公開されている。

“Come To Your Senses”はこれまで公式にはリリースされていないものの、2006年6月24日にカリフォルニア州バークレーのグリーク・シアターで行われた公演のサウンドチェック時に演奏された約1分間の音源が公開され、ファンの知るところとなっていた。グリーク・シアターでの公演は、レディオヘッドの7作目となる『イン・レインボウズ』のリリースに先駆けたツアーの一環となっており、新曲の一部も公開されていた。

当時「Hoserama」というユーザーによって1分間の音源が公開されていた“Come To Your Senses”だが、グリーク・シアターでの公演から20年が経ったことを受け、「Hoserama」がサウンドチェック時にレコーディングされたフル・ライヴの音源を新たに公開していることがレディットのユーザーによって発見されている。

“Come To Your Senses”のフル・ライヴ音源はこちらから。

レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは先日、イタリアのミラノで行ったソロ公演でバンドが2015年に映画『007 スペクター』のために書いた“Spectre”をライヴで初めて披露している。

レディオヘッドは以前、2015年に公開された『007 スペクター』のために主題歌の制作を依頼されていたものの、最終的にはサム・スミスの“Writing’s On The Wall”が主題歌として起用されている。レディオヘッドは同年の12月にクリスマス・プレゼントとして“Spectre”を無料で公開している。

関連NEWS

  1. レディオヘッド、バンドとして15年ぶりに“True Love Waits”のオリジナル・バージョンを披露

  2. レディオヘッドのトム・ヨーク、BBCラジオ3のために制作した新たなプレイリストが公開

  3. レディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、サウンドトラックから新曲が公開

  4. CNN、ドナルド・トランプ大統領によるフェイク・ニュース批判にレディオヘッドの歌詞を引用

  5. Thom-Yorke

    RadioheadのThom Yorke、Open Againのスタジオ・セッション映像を公開

  6. レディオヘッドのトム・ヨーク、『トゥモローズ・モダン・ボクシーズ』の再発と北米での2公演を発表

  7. レディオヘッドのトム・ヨーク、新たなアート・プロジェクトに参加することに

  8. レディオヘッド、映画『007』のために書いた“Spectre”をバンドとしてライヴで初披露

  9. レディオヘッドのトム・ヨーク、ジェイムス・ブレイクらの楽曲をミックスした1時間の音源が公開

  10. レディオヘッド、コロンバス公演で“A Wolf at the Door”を6年ぶりに演奏

  11. レディオヘッドのフィル・セルウェイとリンゴ・スター、ニューヨークの公演で共演

  12. ラナ・デル・レイ、レディオヘッドとの“Creep”をめぐる争いが終わったことを明かす

  13. Radiohead

    Radiohead、レア曲Ill Windのストリーミング・サービスでの配信が開始

  14. レディオヘッドのトム・ヨーク、謎のツイートを連投

  15. レディオヘッド、ラナ・デル・レイとの争いをめぐって出版管理会社が声明を発表