ミューズのツアー・ディレクター、新人バンドを支援するためのプロジェクトを始動

ミューズのツアー・ディレクターであるグレン・ロウは音楽業界の草の根レベルの新人バンドに手を貸す新たなチャリティを立ち上げている。

グレン・ロウはニーコ・トラストと呼ばれる新たな取り組みに集中するため、ツアー・ディレクターから身を引く予定であることを発表している。彼は2000年のツアーからミューズと仕事をしてきている。

チャリティの一環としてグレン・ロウはロンドン、バーミンガム、カーディフ、リーズ、エジンバラの5都市に小さな会場をオープンさせ、新人バンドに機会を与えてシーンを再燃することを考えているという。

「この計画を進めるにあたって多くの善意が存在しています」とグレン・ロウは『ミュージック・ウィーク』誌に語っている。「あらゆることがきっかけとなりました。これは私が人生をかけて見つけたプロジェクトです。これを実現するために私の長いキャリアを捧げなければならないのです。私は頑固者なのです」

グレン・ロウは草の根レベルの会場が多く閉鎖していることが地域にとっての「ボトルネック」を生み出し、新しいバンドにとって適切な会場で演奏するのを難しくしていると述べている。

ミュージック・ヴェニュー・トラストによれば2007年から2015年の間に35%の草の根レベルの会場が閉鎖していると試算している。

一方、ザ・1975はロンドンにLGBTQコミュニティのための新たなコミュニティ・センターを作るためのプロジェクトを援助している。

マット・ヒーリーは『オブザーバー』紙に対して今回のプロジェクトについて次のように語っている。「このような施設がなぜ必要なのかと疑問に思うかもしれないし、みんな本当は何を恐れているのかと自問するかもしれないけど、悲しいことにロンドンではいまだにそうしたものへの汚名が存在していると思うし、まだ道半ばなんだ」

マット・ヒーリーは、バンドが支援を表明することで「良識をひけらかしている」ように見えてしまうとを懸念して慎重になっていたものの、プロジェクトに向けたクラウドファンディングが目標金額に達していなかったことに驚きを覚えたとしている。「俺やバンドの全員にとって、間違いなくお金を費やすのにふさわしいことだったんだよ」

マット・ヒーリーは続けて、ザ・1975のファンの一定数はLGBTQコミュニティの人々だとして、次のように続けている。「“Loving Someone”はそういうコミュニティの人々にとってある種のアンセムになりつつあるんだ」

RECOMMEND NEWS

  1. ミューズのマシュー・ベラミー、交際相手のエル・エヴァンスと婚約したことが明らかに

  2. ボナルー・フェスティバル、2018年のラインナップを発表

  3. ミューズ、ニュー・シングル“Thought Contagion”のリリース日が決定

  4. ミューズ、『ドローンズ』ツアーの映像作品が日本でも劇場公開されることが決定

  5. Muse

    Muse 2019年のスタジアム・ツアーの構想について語る

  6. ミューズ、ニュー・アルバムからの新曲“Pressure”のリリースを予告

  7. ミューズ、バンドの15年後や初期2作品のリイシューについて語る

  8. Muse

    Muse、シカゴ公演でSmashing PumpkinsのCherub RockとZeroをカヴァー

  9. ミューズのツアー・ディレクター、18年の仕事の中でも思い出深い公演を挙げる

  10. ミューズのマシュー・ベラミー、新曲“The Dark Side”のギター・ソロを弾く映像を公開

  11. ミューズ、今週劇場公開されるライヴ映像作品から“Psycho”の映像が公開

  12. ミューズのマシュー・ベラミー、アコースティックの新曲をソーシャル・メディアで公開

  13. ミューズ、新曲“Something Human”のミュージック・ビデオが公開

  14. Muse、Duran DuranのHungry Like the Wolf

    Muse、Duran DuranのHungry Like the Wolfをカヴァーした音源が公開

  15. ミューズ、最新作にロシアW杯のイングランド対コロンビア戦の歓声が使われていることを明かす