ノエル・ギャラガー、U2とのツアーでボノから逃げ出そうとした体験について語る

ノエル・ギャラガーは最近のU2とのツアーの体験について語り、その酒の席の様子やつらい二日酔いについて真相を明かしている。

ノエル・ギャラガーは大規模なUK&アイルランド・ツアーの日程と共に、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』をリリースすることを発表している。ノエル・ギャラガーの直近のツアーとしてU2の『ヨシュア・トゥリー』の30周年記念ツアーに出演している。「アブソリュート・ラジオ」のクリスチャン・オコネルの朝の番組に出演したノエル・ギャラガーは今回、U2の「退屈さ」とはかけ離れたライヴ後の様子について語っている。

GETTY

Photo: GETTY

「U2とツアーしていた時の二日酔いについて話したいんだけどさ。すさまじいんだよ」とノエル・ギャラガーは語っている。「多くの人が知っていることだけど、連中ときたらもう、特にボノはね。一緒にダブリンでギグをやった後に打ち上げに行ったんだ。ボノの家にいて、家を出たのは早朝の5時30分でさ。次に気づいたら、俺の電話が鳴ってて、知らない場所に自分がいるんだ。電話はボノからで、『ああ、生きてるみたいだな。今お前どこにいるんだ?』って言われてね。で、俺は『ええと、あなたに家にいるはずだったんですけど、よく分からないですね。俺はどこにいるんでしょうね?』って感じでさ。結局、ちゃんとボノの家の庭の端にあるゲストハウスにいたみたいなんだけどな」

ノエル・ギャラガーは次のように続けている。「それから、ボノに『とにかく、お前ちゃんと生きてるんだな。こっちに来いよ。みんなお前を待ってるから』って言われて、俺としては『何でですか?』って感じでさ。そしたら『お前を称えるランチを開くんだ。もう75人のゲストが到着してるぞ』って言われてね。『たった今ベッドから起き上がったばかりなんですけど』って言ったんだけどさ。『いいか、ちょうどアイルランドの大統領が到着して、お前の席は彼の隣なんだ。だから急いでくれ』って言われてね。そういうわけでシャワーを浴びて、『もちろんです』って感じで向かったのさ。ランチは午後の3時に始まってね。何時に終わったと思う? 朝の4時10分だぜ」

ノエル・ギャラガーはそうした出来事について「信じられないよな」と語り、これ以上の酩酊を避けるためにU2の取り巻きたちから逃げようと試みたことを明かしている。

「それで、次の日もボノのゲストハウスで目覚めて、翌日の夜にはギグのためにパリへ飛ばないといけなかったから、俺はツアー・マネージャーに『ニール、俺をここから連れ出してくれないか。もうこれ以上はこりごりだよ』って伝えたんだ。そしたら、『了解。なら、11時45分に迎えに行くから、荷物をまとめておいてくれ』って彼に言われてね。俺は『助かるよ』って感じでさ。そこから立ち去ろうと思って、走り去ろうとしてと言うべきかな、とにかく、闇雲になってたからね」

しかしながら、逃れようとしている最中に「ガウンを着て両手にはビールを持ち、スクランブルエッグを食べながらオペラを聴いている」ボノ本人に引きとめられてしまったのだという。

「ボノに『どこへ行くんだ?』って言われてね。俺は『ライヴのためパリに行こうと思っていたところで』って感じで答えたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。「そしたらボノに『ダメだ。ここに泊まっていけよ。プライヴェート・ジェットに乗って行こう』って言われてね。そういうわけで俺たちはプライヴェート・ジェットで行くことになったんだけど、そこでも大宴会さ。『俺は飛行機がついたら降りてやらなきゃいけないことがあるから、ホテルで会おう』ってボノに言われて、俺は『了解です』って感じで、ボノの姿が見えなくなったらすぐにリハビリに行こうって思ったんだ。俺にはあまりに過剰だったからね」

「それでボノが降りて、俺はホテルに向かって、20分かけてテレビのリモコンを探して、10分かけてクラブ・サンドウィッチを注文したんだ。フランス人でもイギリス人でもない奴に電話越しにね。それから座ってテレビを眺めて、いろいろとチャンネルを変えてたら、ボノが記者会見でフランスの大統領とアフリカについて語っていたんだよ。俺はここ3日間で自分たちがしていたことを把握しているわけで、『この人は人間じゃないな』って思ったね」

ノエル・ギャラガーはさらに次のように続けている。「それで、翌日の夜にはパリでギグをやったんだ。俺はまさにラガービールの汗を流してたっていうのに、ボノはステージに立つと、24歳の男みたいに歌うんだ。『もう参ったよ』って感じだったね」

弟であり元オアシスのバンドメイトであるリアム・ギャラガーは以前、U2のツアーに参加するノエルについてU2への「ゴマすり」をしていると批判しているほか、U2を批判しており、「ダサい」などと述べている。

ノエル・ギャラガーは同じインタヴューの中でモリッシーと共にした一夜について語っており、彼がノエルの妻を気に入ったことについて語っている。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは、サード・アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』を11月24日にリリースするほか、来年には大規模なUK&アイルランド・ツアーが控えている。

一方、U2は今年中にリリースされると見られている新作『ソングス・オブ・エクスペリエンス』からの新曲“You’re The Best Thing About Me”を先日公開している。

RECOMMEND NEWS

  1. Perfume × 9nine出演イベントを広島で開催 西脇姉妹が共演

  2. MISIA「嬉しかったです」映画「鋼の錬金術師」の主題歌を担当

  3. シャルル・アズナヴール、2018年5月に来日公演が決定

  4. ビートルズ、“What Goes On”の貴重なデモ音源がオークションに

  5. 浅井健一&TIK、ブランキーの曲織り交ぜ硬派に見せたツアー最終

  6. ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

  7. ベック、史上初となる日本人アーティストとのコラボによる“UP ALL NIGHT x DAOKO”をリリース

  8. ブロッサムズ、ノエル・ギャラガーの方がリアム・ギャラガーよりもいい人物かという質問に答える

  9. 星野源 初の全国アリーナツアー待望の映像化決定

  10. ファーギー、ニッキー・ミナージュ参加の“You Already Know”のビデオを公開

  11. 家入レオ、LOVE PSYCHEDELICOら出演「ビクターロック祭り」開催

  12. ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ、来年1月に新作をリリース&新曲を公開

  13. 森且行「会いたかった」元SMAPと21年ぶり再会、草なぎ「憧れ」

  14. ホワイト・ストライプス、新たなライヴ・アルバムがリリースされることが明らかに

  15. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のカイゴによるリミックスが公開に