トム・ペティ、生死の淵にあると報じられる

GETTY

Photo: GETTY

トム・ペティは亡くなったという報道があったが、あらためて今なお生存していると報じられている。様々なメディアの報道によって情報が錯綜したが、最新の報道ではトム・ペティは「生に踏みとどまっている」ものの「1日ももたないと見られている」という。 「TMZ」は現地時間10月1日にトム・ペティがカリフォルニア州マリブの自宅で意識不明の状態で発見され、UCLAサンタ・モニカ病院に搬送されたと最初に報じている。報道によれば、トム・ペティは「呼吸をしておらず、心肺停止の状態」だっという。 トム・ペティは生命維持の措置を受けており、容態は「生死の淵」にあるという。「TMZ」はさらに「トム・ペティは病院に到着した後、脳の活動が見られず、生命維持の措置を受ける決定がなされた」と報じている。しかし、トム・ペティの訃報については「誤り」だとし、「生に踏みとどまっている」ものの「1日ももたないと見られている」という。 「CBSニュース」はロサンゼルス警察がトム・ペティの訃報を認めたと報じたが、ロサンゼルス警察は声明を発表し、「ロサンゼルス警察はシンガーのトム・ペティの訃報について一切の情報を持っていません。最初の報道はいくつかのメディア筋によって過って提供されたものです」と述べている。「CBSニュース」も最初の報道を撤回している。 トム・ペティは66歳を迎えており、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのリード・シンガーであるほか、ボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成している。 トム・ペティはザ・ハートブレイカーズを1976年に結成し、同年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。同作には名曲“American Girl”が収録されている。大きなブレイクを果たしたのは1979年発表の『破壊(Damn The Torpedoes)』で、最新作は2014年発表の通算13作目『ヒプノティック・アイ』となっている。 トム・ペティは先日バンドの40周年記念ツアーを終えている。ツアーの最終公演は9月22日にハリウッド・ボウルで開催されている。

関連NEWS

  1. テイラー・スウィフト、最新ビデオで過去の自分と取っ組み合う場面の舞台裏映像を公開

  2. アンドリューWK、9年ぶりとなるニュー・アルバムを来年リリースすることが明らかに

  3. ノエル・ギャラガー、オアシスのロックの殿堂入りについて自身の見解を明かす

  4. ジャパニーズ・ブレックファスト、12月に初来日公演が決定

  5. ファッツ・ドミノが逝去。享年89歳

  6. majiko

    majiko「狂おしいほど僕には美しい」のMV(short ver.)を公開

  7. TM NETWORK宇都宮隆 還暦の『GET WILD』誕生日に配信スタート

  8. ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマン、自身の罪は許されると綴った手紙が存在

  9. 安室奈美恵 ベストアルバムは全52曲収録、ドームツアーも開催

  10. ビョーク、新作『ユートピア』からの新曲“Blissing Me”を公開

  11. m-flo 脱退したLISAが復帰、15年ぶりに3人で活動再開

  12. AMNESTY JAPAN CONCERT 2017最終アーティストとして Caravan の出演が決定

  13. ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、ドラッグが人生にもたらしたものを語る

  14. レディオヘッドのトム・ヨーク、『トゥモローズ・モダン・ボクシーズ』の再発と北米での2公演を発表

  15. ザ・エックス・エックス、フジロックの映像を含むアジア・ツアーのトレイラー映像が公開