トム・ペティ、生死の淵にあると報じられる

GETTY

Photo: GETTY

トム・ペティは亡くなったという報道があったが、あらためて今なお生存していると報じられている。様々なメディアの報道によって情報が錯綜したが、最新の報道ではトム・ペティは「生に踏みとどまっている」ものの「1日ももたないと見られている」という。 「TMZ」は現地時間10月1日にトム・ペティがカリフォルニア州マリブの自宅で意識不明の状態で発見され、UCLAサンタ・モニカ病院に搬送されたと最初に報じている。報道によれば、トム・ペティは「呼吸をしておらず、心肺停止の状態」だっという。 トム・ペティは生命維持の措置を受けており、容態は「生死の淵」にあるという。「TMZ」はさらに「トム・ペティは病院に到着した後、脳の活動が見られず、生命維持の措置を受ける決定がなされた」と報じている。しかし、トム・ペティの訃報については「誤り」だとし、「生に踏みとどまっている」ものの「1日ももたないと見られている」という。 「CBSニュース」はロサンゼルス警察がトム・ペティの訃報を認めたと報じたが、ロサンゼルス警察は声明を発表し、「ロサンゼルス警察はシンガーのトム・ペティの訃報について一切の情報を持っていません。最初の報道はいくつかのメディア筋によって過って提供されたものです」と述べている。「CBSニュース」も最初の報道を撤回している。 トム・ペティは66歳を迎えており、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのリード・シンガーであるほか、ボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成している。 トム・ペティはザ・ハートブレイカーズを1976年に結成し、同年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。同作には名曲“American Girl”が収録されている。大きなブレイクを果たしたのは1979年発表の『破壊(Damn The Torpedoes)』で、最新作は2014年発表の通算13作目『ヒプノティック・アイ』となっている。 トム・ペティは先日バンドの40周年記念ツアーを終えている。ツアーの最終公演は9月22日にハリウッド・ボウルで開催されている。

RECOMMEND NEWS

  1. ゼッド、2018年3月に来日公演が決定

  2. トム・ヨーク、ナイン・インチ・ネイルズら、今年のデイ・フォー・ナイトに出演することが決定

  3. リアム・ギャラガー、兄のノエルと再会することになったことを明かす

  4. ファーギー、ニッキー・ミナージュ参加の“You Already Know”のビデオを公開

  5. Hi-STANDARD、10月4日発売「THE GIFT」リアルショップ限定特典決定!

  6. ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る

  7. カイゴ、新曲“Stargazing”のミュージック・ビデオを公開

  8. タラ・ジェイン・オニール、11月に来日公演を行うことが決定

  9. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』の発売を記念して日本公式ツイッターで8日間連続プレゼントを実施

  10. ザ・1975のマット・ヒーリー、新たにEPをリリースすることを示唆か

  11. グラストンベリー・フェスティバル、次回の開催日程が発表に

  12. リバティーンズ、ホテル兼スタジオを計画している不動産を無事購入したことが明らかに

  13. リンキン・パークのマイク・シノダ、チェスターの追悼公演を行う理由について語る

  14. 安室奈美恵 ベストアルバムがついに発売、すでにオーダーは100万枚超

  15. ビョーク、ニュー・アルバム『ユートピア』の日本盤の世界同時発売が決定