ノエル・ギャラガー、オアシスのロックの殿堂入りについて自身の見解を明かす

GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはオアシスがロックの殿堂に招待されても出席しないだろうとしている。

オアシスはデビュー・アルバム『ディフィにトリー・メイビー』から25年を迎える2019年にロックの殿堂入りの資格を得ることになる。通常、ロックの殿堂入りを果たしたバンドは式典でパフォーマンスを行っている。

「ETカナダ」によれば、ノエル・ギャラガーは現地時間9月28日にロサンゼルスのキャピトル・レコーズ・スタジオで新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』のプロモーションを行ったとのことで、その場でロックの殿堂側から既に連絡は受けているものの、「実現はしないだろう」と語ったという。

オアシスがロックの殿堂入りに値すると思うかについて訊かれると、ノエル・ギャラガーは「まあ、そりゃ値すると思うよ」と答えている。

ここ数ヶ月にわたってノエル・ギャラガーと弟のリアム・ギャラガーによる口論は落ち着く気配を見せていない。

リアム・ギャラガーは先日、ツイッターで兄のノエル・ギャラガーのアメリカ・ツアーのチケット価格を批判している。

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「アメリカでうちの奴に会うのに350ドルかかるとさ。なんて最低な野郎かね。一体いつになったら終わんだろ」

リアム・ギャラガーは先日、オアシス解散に関する「唯一の後悔」について兄のノエル・ギャラガーが「チンポ野郎になった」ことだと語っている。

「オアシス解散に関して俺が謝るべきことは何もないんだよ」とリアム・ギャラガーは英『ビッグ・イシュー』誌に明かしている。「俺がやったことじゃない。全部ノエルさ。そういうカードが配られたから、先に進んだだけでね。まあ、バンドが恋しいよな。あいつらとやってたことが恋しいよね」

リアム・ギャラガーはさらに次のように続けている。「唯一後悔があるとすれば、ノエルがチンポ野郎になっちまったことだな。自惚れて『ザ・サン』紙を楽屋に連れてきたりとかさ。他のことは、みじんも後悔してないよ。みんな、俺たちの言ってることは分かってくれてると思うし、俺たちは元いた場所に戻るのにこびへつらうようなことはしないからね。全部よかったんだよ」

RECOMMEND NEWS

  1. リアム・ギャラガー、オアシスの再結成が実現しない原因として再びノエルの妻を批判

  2. 星野源 初の全国アリーナツアー待望の映像化決定

  3. 夢みるアドレセンス 一般投票で新メンバーを選考

  4. リンキン・パーク、チェスター・ベニントン追悼の意を込めた“One More Light”のビデオを公開

  5. デイヴ・グロール、レッチリのチャドとポール・マッカートニーのドラム演奏について語る

  6. エミネム、ニュー・アルバムのリリース日が決定

  7. 『BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-』発売記念、映像にあわせて高橋まことがドラムを演奏するイベント・ツアー初日が大盛況でスタート

  8. ニール・ヤング、12/1に新作『ザ・ヴィジター』をリリースすることを発表

  9. ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、“If Love Is The Law”のビデオが公開

  10. ノエル・ギャラガーとジョニー・マー、それぞれが“If Love Is The Law”での共作について語る映像が公開

  11. ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』のトラックリストをツイッターで発表

  12. グリーン・デイ、新たなベスト・アルバムを11/17にリリースすることを発表

  13. テイラー・スウィフト、ゾンビに変身するまでを追った舞台裏映像を公開

  14. スマッシング・パンプキンズ、結成30周年を記念した特別公演に豪華ゲストが出演することに

  15. ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマン、自身の罪は許されると綴った手紙が存在