レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オースティン・シティ・リミッツでトム・ペティをカヴァー

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョシュ・クリングホッファーは週末に行われたオースティン・シティ・リミッツ・フェスティバルのヘッドライナーのステージでトム・ペティをカヴァーしている。

GETTY

Photo: GETTY

トム・ペティは10月2日に享年66歳で亡くなっており、それを受けてコールドプレイやザ・ナショナル、ファーザー・ジョン・ミスティ、ザ・キラーズらはライヴでカヴァーを披露している。

オースティン・シティ・リミッツ・フェスティバルでのヘッドライナーのステージで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズはファンカデリックの“What is Soul?”のカヴァーをトム・ペティに捧げており、フロントマンのアンソニー・キーディスは次のように語っている。「トム・ペティ、もし見ていてくれるなら、この曲をあなたに。あなたは無駄死にしたわけではなかった」

その後、ギタリストのジョシュ・クリングホッファーはトム・ペティのアルバム『フル・ムーン・フィーヴァー』に収録の“A Face in the Crowd”をカヴァーしている。

その時の模様はこちらから。

トム・ペティの死を受けて音楽界の同胞からは追悼の声が寄せられており、ブルース・スプリングスティーン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターもコメントを寄せている。

トム・ペティの訃報は長年にわたってトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのマネージャーを務めてきたトニー・ディミトリアディスは遺族に代わって発表されている。

トム・ペティはザ・ハートブレイカーズを1976年に結成し、同年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。同作には名曲“American Girl”が収録されている。大きなブレイクを果たしたのは1979年発表の『破壊(Damn The Torpedoes)』で、最新作は2014年発表の通算13作目『ヒプノティック・アイ』となっている。

トム・ペティはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの活動に加え、1988年にボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成している。

RECOMMEND NEWS

  1. スチュワート・コープランド、エイドリアン・ブリューらのギズモドローム、2018年4月に来日公演が決定

  2. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』より“(I Can’t Get No) Satisfaction”を公開

  3. ストーン・ローゼズ、バンドとしての活動を完全に休止か

  4. Superfly 髪をバッサリ切って復活、10周年記念ライブで力強い歌声

  5. ローリング・ストーンズ、12/2午前5時よりグローバル・リスニング・イベントを開催

  6. ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る

  7. 氷川きよし×ドラゴンボール超 CDリリース決定、ノンテロップOP映像も収録

  8. 和田唱(TRICERATOPS)× 大石昌良 クリスマスの恵比寿で”夢の共演”が実現!!

  9. CHAI、自主企画第5弾は「春のCHAIまつり」

  10. hideバースデーイベント後、突如流れた20年の集大成映像&告知

  11. ビートルズ、クリスマス・ボックスなど12/15に発売される3つのリリースが発表に

  12. 安室奈美恵 ベストアルバムは全52曲収録、ドームツアーも開催

  13. ELO、35年ぶりとなるアメリカ・ツアーを行うことを発表

  14. ザ・ストラッツ、“One Night Only”のミュージック・ビデオを公開

  15. SILENT SIREN「最高にかわいいメンバー」MVを解禁