レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オースティン・シティ・リミッツでトム・ペティをカヴァー

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョシュ・クリングホッファーは週末に行われたオースティン・シティ・リミッツ・フェスティバルのヘッドライナーのステージでトム・ペティをカヴァーしている。

GETTY

Photo: GETTY

トム・ペティは10月2日に享年66歳で亡くなっており、それを受けてコールドプレイやザ・ナショナル、ファーザー・ジョン・ミスティ、ザ・キラーズらはライヴでカヴァーを披露している。

オースティン・シティ・リミッツ・フェスティバルでのヘッドライナーのステージで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズはファンカデリックの“What is Soul?”のカヴァーをトム・ペティに捧げており、フロントマンのアンソニー・キーディスは次のように語っている。「トム・ペティ、もし見ていてくれるなら、この曲をあなたに。あなたは無駄死にしたわけではなかった」

その後、ギタリストのジョシュ・クリングホッファーはトム・ペティのアルバム『フル・ムーン・フィーヴァー』に収録の“A Face in the Crowd”をカヴァーしている。

その時の模様はこちらから。

トム・ペティの死を受けて音楽界の同胞からは追悼の声が寄せられており、ブルース・スプリングスティーン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターもコメントを寄せている。

トム・ペティの訃報は長年にわたってトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのマネージャーを務めてきたトニー・ディミトリアディスは遺族に代わって発表されている。

トム・ペティはザ・ハートブレイカーズを1976年に結成し、同年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。同作には名曲“American Girl”が収録されている。大きなブレイクを果たしたのは1979年発表の『破壊(Damn The Torpedoes)』で、最新作は2014年発表の通算13作目『ヒプノティック・アイ』となっている。

トム・ペティはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの活動に加え、1988年にボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成している。

RECOMMEND NEWS

  1. ノエル・ギャラガー、リアムは俺の才能でずっと得してきていると語る

  2. ミューズ、BBCの「ジュールズ倶楽部」より2曲のパフォーマンス映像が公開

  3. ウィーザー、10月リリースの新作より新曲“Beach Boys”の音源を公開

  4. Hi-STANDARD、10月4日発売「THE GIFT」リアルショップ限定特典決定!

  5. ポール・マッカートニー、アーカイヴ・コレクション既発8タイトル日本盤は紙ジャケ仕様

  6. BAROQUE、12月東名阪仙4都市ツアーイープラス2次先行受付開始!

  7. デイヴ・グロール、レッチリのチャドとポール・マッカートニーのドラム演奏について語る

  8. ベック、最新作『カラーズ』のDVD付盤のサマーソニック会場特典が明らかに

  9. スチュワート・コープランド、エイドリアン・ブリューらのギズモドローム、2018年4月に来日公演が決定

  10. サマーソニック2018、開催決定

  11. non-no史上初!渋谷限定版の発売が決定、表紙にTWICEが登場!

  12. hideバースデーイベント後、突如流れた20年の集大成映像&告知

  13. 清春 TRIAD/日本コロムビアに移籍。移籍第一弾としてニューアルバム2タイトル連続リリース!来春2年振り全国ツアー

  14. フォー・テット、2年ぶりとなる新作の日本先行発売が決定

  15. POPSPRING 2018、第2弾ラインナップ発表