レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オースティン・シティ・リミッツでトム・ペティをカヴァー

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョシュ・クリングホッファーは週末に行われたオースティン・シティ・リミッツ・フェスティバルのヘッドライナーのステージでトム・ペティをカヴァーしている。

GETTY

Photo: GETTY

トム・ペティは10月2日に享年66歳で亡くなっており、それを受けてコールドプレイやザ・ナショナル、ファーザー・ジョン・ミスティ、ザ・キラーズらはライヴでカヴァーを披露している。

オースティン・シティ・リミッツ・フェスティバルでのヘッドライナーのステージで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズはファンカデリックの“What is Soul?”のカヴァーをトム・ペティに捧げており、フロントマンのアンソニー・キーディスは次のように語っている。「トム・ペティ、もし見ていてくれるなら、この曲をあなたに。あなたは無駄死にしたわけではなかった」

その後、ギタリストのジョシュ・クリングホッファーはトム・ペティのアルバム『フル・ムーン・フィーヴァー』に収録の“A Face in the Crowd”をカヴァーしている。

その時の模様はこちらから。

トム・ペティの死を受けて音楽界の同胞からは追悼の声が寄せられており、ブルース・スプリングスティーン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スターもコメントを寄せている。

トム・ペティの訃報は長年にわたってトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのマネージャーを務めてきたトニー・ディミトリアディスは遺族に代わって発表されている。

トム・ペティはザ・ハートブレイカーズを1976年に結成し、同年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。同作には名曲“American Girl”が収録されている。大きなブレイクを果たしたのは1979年発表の『破壊(Damn The Torpedoes)』で、最新作は2014年発表の通算13作目『ヒプノティック・アイ』となっている。

トム・ペティはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの活動に加え、1988年にボブ・ディラン、ジョージ・ハリスン、ジェフ・リン、ロイ・オービソンと共にトラヴェリング・ウィルベリーズを結成している。

関連NEWS

  1. レッチリ、ゴリラズら、明日10/7午前4時よりオースティン・シティ・リミッツの模様が生中継

  2. アークティック・モンキーズ、ニュー・アルバムのリリース時期について最新情報が到着か

  3. ゴリラズ、2018年にニュー・アルバムをリリースすると語る

  4. MGMT、4年ぶりとなる新曲“Little Dark Age”のビデオを公開&新作は2018年に

  5. ビートルズ、クリスマス・ボックスなど12/15に発売される3つのリリースが発表に

  6. U2、新作が全米1位を獲得して全米チャートにおける新記録を樹立

  7. Niki インスタでNiki流フェスファッションを披露

  8. ブライアン・セッツァー・オーケストラ、2018年の来日公演に東京追加公演が決定

  9. テイラー・スウィフト、最新ビデオで過去の自分と取っ組み合う場面の舞台裏映像を公開

  10. Red Hot Chili Peppers

    Red Hot Chili Peppers、BECKらと共に山火事のチャリティ公演に出演

  11. 地下アイドル仮面女子がNETFLIXと衝撃のコラボ

  12. 『BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-』発売記念、映像にあわせて高橋まことがドラムを演奏するイベント・ツアー初日が大盛況でスタート

  13. SILENT SIREN「最高にかわいいメンバー」MVを解禁

  14. ベック、新作より“Colors”のミュージック・ビデオが公開に

  15. フォー・テット、2年ぶりとなる新作の日本先行発売が決定