フー・ファイターズ、最新作のレコーディングでのスタジオ開放主義について語る

フー・ファイターズのデイヴ・グロールは今年レコーディング・スタジオをウルフ・アリスと共用した際にウルフ・アリスがフー・ファイターズに「ビビっていた」と語っている。

GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズは10月13日発行の『NME』の表紙を飾っており、その記事のなかでニュー・アルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』をレコーディングした際のスタジオにおける「オープン・ドア・ポリシー(開放主義)」について語っている。

スターたちが集まるロサンゼルスのイーストウェスト・スタジオでの様子についてデイヴ・グロールは次のように語っている。「ああいったスタジオにいる時は、ルーファス・ウェインライトがホールに出てきたり、ディープ・パープルのメンバーが他の部屋にいたり、レディー・ガガがうろうろしてたり、ウルフ・アリスが1週間滞在したりとかね……俺はクレイジーなバーベキューをして、全員と話をしたんだ。ガガもきて、アルバムを聴いてくれたりしたよ。ウルフ・アリスは俺たちにビビってたんじゃないかなと俺は思ってるんだけどさ」

ウルフ・アリスは最新作『ヴィジョンズ・オブ・ア・ライフ』の一部をイーストウェスト・スタジオでレコーディングしている。

先日、フー・ファイターズは2018年の大規模なUKツアーの日程を発表している。

好評のニュー・アルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』をリリースしたフー・ファイターズによるUKでの最後のライヴはヒット曲満載の公演となったロンドンのO2アリーナ公演となっていて、リック・アストリーもゲストとして出演している。今年のグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーのステージを経て、フー・ファイターズはロンドンとマンチェスターでの巨大なスタジアム公演でUKへと戻ってくる予定となっている。

先日発表されたUKツアーの日程は以下の通り。

June 2018
Tuesday 19 – MANCHESTER Etihad Stadium
Friday 22 – LONDON Stadium
Saturday 23 – LONDON Stadium

RECOMMEND NEWS

  1. デヴィッド・ボウイ、007役で知られるロジャー・ムーアの訪問を避けていたことが明らかに

  2. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、娘と共にアデルの“When We Were Young”をカヴァー

  3. フレディ・マーキュリーの伝記映画、マイク・マイヤーズが出演交渉中と報道

  4. テイラー・スウィフト、ゾンビに変身するまでを追った舞台裏映像を公開

  5. 家入レオが女優デビュー「新宿セブン」で元気な看板娘役

  6. ロバート・プラント、レッド・ツェッペリンの再結成について語る

  7. U2、白人警察官の無罪判決を受けてセントルイス公演をキャンセル

  8. デュラン・デュランのジョン・テイラー、本日9/19のNHK「ごごナマ」に出演することが決定

  9. リアム・ギャラガー、シェーン・メドウズとミュージック・ビデオの撮影を行ったことが明らかに

  10. シュリスペイロフ 新曲「ガール」の先行配信&MV公開決定!

  11. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーが送ってきた謝罪メールの内容を明かす

  12. 金爆 樽美酒がフットサルを始めた理由は「SASUKE」

  13. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のカイゴによるリミックスが公開に

  14. 椎名林檎、栗山千明への提供曲を満を辞してセルフカバー

  15. パリス、coldrainとのツーマン・ライヴによる来日公演が決定