ロバート・プラント、トム・ペティの死について「あまりに早過ぎる」と語る

ロバート・プラントはトム・ペティの死を悼み、その死について「あまりに早過ぎる」と語っている。

GETTY

Photo: GETTY

トム・ペティは今月、享年66歳で亡くなっており、音楽界からは多くの追悼の声が寄せられており、先日、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリストであるジョシュ・クリングホッファーも“A Face in the Crowd”をカヴァーしている。

ロバート・プラントも音楽界からの追悼の声に加わり、最新のインタヴューでその死について「早過ぎる」と語っている。

「他のミュージシャンの死についてどう思うかミュージシャンに尋ねるのは酷なことだよ」とロバート・プラントは米『ビルボード』誌に対してトム・ペティの死について発言している。「あまりに早過ぎるよ。人々に喜びを与えてきた、こうしたミュージシャンが旅立つのは本当に悲しい。遺族は公の場でその悲しみが語られるのを経験しなきゃならないわけでね。感情的にもすごく大変だよね」

「僕らも37年前にジョン・ボーナムを失って、その時のことを覚えてるよ。あれがレッド・ツェッペリンの終焉だったんだ」とロバート・プラントは続けている。「僕らは当時まだ子供だったけど、どれだけ彼について語り、敬意を表しても、彼を取り戻すことはできないんだよ。今後たくさんの時間が残されていたにもかかわらず、悲しい形で亡くなった、そんな人を取り戻すことはできないんだ」

ロバート・プラントは10月13日に最新アルバム『キャリー・ファイアー』をリリースしている。

関連NEWS

  1. 和田唱(TRICERATOPS)× 大石昌良 クリスマスの恵比寿で”夢の共演”が実現!!

  2. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  3. “It’s a beautiful day” Camp in 朝霧 Jam、タイムテーブルが発表に

  4. DURUMMER KAZIによる主催イベント開催

  5. リンキン・パーク、AMA授賞式でチェスターに捧げる感動的なスピーチを披露

  6. スチュワート・コープランド、エイドリアン・ブリューらのギズモドローム、2018年4月に来日公演が決定

  7. ベルセバのスチュアート・マードック、ノエルによる90年代のほうが自由だったという意見に反論

  8. サマーソニック2018、開催決定

  9. レディー・ガガ、体調不良のためにロック・イン・リオへの出演をキャンセルすることに

  10. 清春 TRIAD/日本コロムビアに移籍。移籍第一弾としてニューアルバム2タイトル連続リリース!来春2年振り全国ツアー

  11. レッド・ツェッペリン、『永遠の詩(狂熱のライヴ)』の最新リマスター盤の発売が決定

  12. レディオヘッドのトム・ヨーク、『トゥモローズ・モダン・ボクシーズ』の再発と北米での2公演を発表

  13. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC2019、特典BOX付き1DAYチケット完売を受けてマグカップ付き1DAYチケットの販売が決定

  14. 波瑠「BORDER」スピンオフ主演に「ちょっと嬉しい衣装」

  15. マリリン・マンソン、テキサス州銃乱射事件を受けてマシンガンを使った自身の演出について声明