リリー・アレン、来年回想録を刊行する予定であることが明らかに

リリー・アレンは来年回想録を出版する予定だという。

2014年発表の『シーザス』が最後のアルバムとなっているリリー・アレンだが、ボニエール出版傘下のブリンクより自伝を刊行する契約を交わしている。

GETTY

Photo: GETTY

報道によれば、リリー・アレンの回想録は「子供を失ったことのトラウマと悲しみ、名声の功罪、家族の物語、ブリットポップ期の青春時代、グラストンベリー、会員制のグルーチョ・クラブ」などを描いたものになるという。

リリー・アレンは他にも「若者の反逆、お金について、共依存、ドラッグとアルコールへの依存、摂食障害、結婚、別れ、立ち直ること、母親として、そして『人生を前に進めていく』こと」について綴っているとされている。

リリー・アレンは今回の発表について次のように述べている。「私が考えたことには不愉快で、衝撃で、残酷なものもあるかもしれない。素晴らしいこともあって、幸せな時期よね。笑ってもらえるものにするつもりよ。私についての本だということは分かってるけど、読んでくれた人に多くのことde
真実味をもってくれたらと願ってるわ。恥ずかしいものにはならないわ。真実に満ちたものになるはずよ」

ブリンクの取締役であるベン・ダンは次のように続けている。「このような本はそうそう現れるものではありません。今回の提案とサンプルとなる文章に私たちはすっかり圧倒されました。本書は彼女の世代や彼女の音楽のファンだけに訴えるだけでなく、社会が現在直面している問題について幅広い論客に語りかけるものになるでしょう」

まだ書名の決まっていない本書は2018年秋に刊行される予定だという。

関連NEWS

  1. 中島美嘉 一人二役演じたストーリー仕立てのMVが完成

  2. フォー・テット、2年ぶりとなる新作の日本先行発売が決定

  3. ATSUSHI(Dragon Ash)×中村達也による【風人雷人】が東北 3 県で開催

  4. リンキン・パーク、AMA授賞式でチェスターに捧げる感動的なスピーチを披露

  5. REM、『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』の25周年記念盤のリリースを発表

  6. majiko

    majiko「狂おしいほど僕には美しい」のMV(short ver.)を公開

  7. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』のミックス前と後の音源が比較できるサイトが公開

  8. シガレッツ・アフター・セックス、シングルのB面曲“Sesame Syrup”がデジタルで公開

  9. ウィーザー、フー・ファイターズとのジョイント・ツアーを行うことになった理由を語る

  10. レディオヘッドやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、2018年にロックの殿堂入りか

  11. アークティック・モンキーズ、ニュー・アルバムのリリース時期について最新情報が到着か

  12. SUGIZO 『ONENESS M』発売記念トークセッション開催

  13. ヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグ、バンドの新作について更に語る

  14. ナイル・ホーラン、ソロ・アルバム『フリッカー』の詳細が決定。国内盤にはオフショット映像も

  15. シール、11/10発売の『スタンダーズ』の日本盤ボーナストラックがJ-WAVEで世界初オンエア