リリー・アレン、来年回想録を刊行する予定であることが明らかに

リリー・アレンは来年回想録を出版する予定だという。

2014年発表の『シーザス』が最後のアルバムとなっているリリー・アレンだが、ボニエール出版傘下のブリンクより自伝を刊行する契約を交わしている。

GETTY

Photo: GETTY

報道によれば、リリー・アレンの回想録は「子供を失ったことのトラウマと悲しみ、名声の功罪、家族の物語、ブリットポップ期の青春時代、グラストンベリー、会員制のグルーチョ・クラブ」などを描いたものになるという。

リリー・アレンは他にも「若者の反逆、お金について、共依存、ドラッグとアルコールへの依存、摂食障害、結婚、別れ、立ち直ること、母親として、そして『人生を前に進めていく』こと」について綴っているとされている。

リリー・アレンは今回の発表について次のように述べている。「私が考えたことには不愉快で、衝撃で、残酷なものもあるかもしれない。素晴らしいこともあって、幸せな時期よね。笑ってもらえるものにするつもりよ。私についての本だということは分かってるけど、読んでくれた人に多くのことde
真実味をもってくれたらと願ってるわ。恥ずかしいものにはならないわ。真実に満ちたものになるはずよ」

ブリンクの取締役であるベン・ダンは次のように続けている。「このような本はそうそう現れるものではありません。今回の提案とサンプルとなる文章に私たちはすっかり圧倒されました。本書は彼女の世代や彼女の音楽のファンだけに訴えるだけでなく、社会が現在直面している問題について幅広い論客に語りかけるものになるでしょう」

まだ書名の決まっていない本書は2018年秋に刊行される予定だという。

RECOMMEND NEWS

  1. ノエル・ギャラガー、U2に向けられている批判について語る

  2. カート・コバーンの娘のフランシス、父親の遺産からの収入が明らかに

  3. ハスカー・ドゥのドラマーのグラント・ハートが逝去。享年56歳

  4. トム・ペティ、生死の淵にあると報じられる

  5. レッチリ、ゴリラズら、明日10/7午前4時よりオースティン・シティ・リミッツの模様が生中継

  6. カセットストアデイジャパン2017のアンバサダーに初音ミクが就任! 初音ミクの楽曲から厳選されたオムニバス形式のカセットアルバムもリリース!

  7. 安室奈美恵 ベストアルバムは全52曲収録、ドームツアーも開催

  8. デヴィッド・T.ウォーカー、2018年1月に来日公演が決定

  9. リアム・ギャラガー、オアシス解散以降のノエル・ギャラガーについて語る

  10. リンプ・ビズキット、2018年4月に来日公演が決定

  11. ビートルズ、“What Goes On”の貴重なデモ音源がオークションに

  12. GLAY 結婚式サプライズに会場中が感動、新郎新婦は号泣

  13. PUFFY ちびまる子ちゃん新エンディング曲は「笑ってしまい歌えない」

  14. シシド・カフカ 3ヶ月連続リリース第1弾は横山剣とのデュエット

  15. 桑田佳祐、WOWOW放送のスペシャル番組 全貌が明らかに