デイヴ・グロール、レッチリのチャドとポール・マッカートニーのドラム演奏について語る

フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスとポール・マッカートニーのドラム演奏について語っている。

GETTY

Photo: GETTY

これはアメリカのテレビ局、PBSで放送されるフー・ファイターズのドキュメンタリー番組「ランドマーク・ライヴ・イン・コンサート:ライヴ・アット・ジ・アクロ・ポリス」から公開された映像で明らかになったもので、映像では番組の司会を務めているチャド・スミスがバンドにインタヴューを行っている。

インタヴューでフロントマンのデイヴ・グロールは最新作『コンクリート・アンド・ゴールド』に収録された“Sunday Rain”でポール・マッカートニーがドラムを担当してくれたエピソードを語っている。

「“Sunday Rain”っていう曲は俺が書いて、自分でデモを録って、それからバンドとしてジャムったんだ。(ドラマーの)テイラー(・ホーキンス)が歌うところが好きでさ。彼は本当に素晴らしい声をしているからね」

彼は次のように続けている。「この曲で俺はドラムをやるつもりだったんだ。テイラーが歌うことになっていたからさ。そしたら、あいつが『だめだよ、だめ。ポールに来てもらってドラムを叩いてもらうのがいいよ』って言っててね。ポール・マッカートニーが今までたくさんの曲でドラムを演奏していることは、それほど多くの人には知られていないよね。ザ・ビートルズでもそういう曲があるんだけどね。それで俺は『ねえ、俺たちのレコードの新曲でドラムを叩いてみたくない?』って感じで(ポールに)訊いたんけど、彼は『君っていつもおかしな考えを思いつくよね!』って感じで言ってくれてさ。彼はスタジオにやってきて、自分のドラム・セットを準備して、すぐにこの音を出し始めたんだよ。彼は本当に叩きまくってたんだ」

チャド・スミスが「(ドラムは)彼だったんだ!」と答えると、デイヴ・グロールは次のようにレコーディングを振り返っている。「でも、一番素晴らしかったのは、彼が演奏しているところを見ていることだったよね。だって彼はただ満面の笑みを浮かべているんだよ。演奏しているときは本当にのめり込んでいるんだ。だからテイラーは椅子に座って、『サビ! サビ前!』って感じで指揮をふるっていたよね。この曲の俺たちのバージョンは確か5分とかだったと思うんだけど、ポールは12分くらい叩いてたんだ。彼は全然やめたがらなかったんだよ」

公開された映像はこちらから。

フー・ファイターズのドキュメンタリー番組「ランドマーク・ライヴ・イン・コンサート:ライヴ・アット・ジ・アクロ・ポリス」は現地時間11月10日に全編が放送される。

デイヴ・グロールは先日放送された「ジミー・キンメル・ライヴ」のゲスト司会者を務めている。

デヴィッド・レターマンに扮したデイヴ・グロールは『アナと雪の女王』への出演で知られるクリスティン・ベルにインタヴューし、その後『アナと雪の女王』の“Do You Want to Build a Snowman?”とメタリカの“Enter Sandman”をマッシュアップするパフォーマンスを披露している。

パフォーマンスの映像はこちらから。

RECOMMEND NEWS

  1. SUGIZO「みんなの存在を感じたくて」ソロ20年の集大成で見せた絆

  2. YUKI ソロデビュー15周年第二弾シングルMV公開、本人以外がフルCGに

  3. U2、新曲“American Soul”のリリック・ビデオを公開

  4. エルヴィス・コステロ、新曲“You Shouldn’t Look At Me That Way”を公開

  5. U2、“Get Out Of Your Own Way”のビデオ撮影をトラファルガー広場で敢行

  6. ポール・マッカートニー、リヴァプールのパブでシークレット・ライヴを行ったことが明らかに

  7. Superfly 代表曲の中の代表曲のみを集めたベストアルバムリリース決定

  8. リンゴ・スター、イギリスのEU離脱についてどんどん進めるべきだと語る

  9. YUKI、所属事務所との契約満了 ファンクラブも終了へ

  10. Bentham、攻めたライブ構成で未来のビジョンを提示 ツアー最終

  11. ブロッサムズ、マンチェスター・アリーナ再オープン公演でノエルと会えたことを明かす

  12. 和田唱(TRICERATOPS)× 大石昌良 クリスマスの恵比寿で”夢の共演”が実現!!

  13. GLAY「無償提供したい」結婚式での楽曲使用に全面協力

  14. ファーギー、新作より“Tension”のミュージック・ビデオを公開

  15. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して10人のミュージシャンのオン・エア・リストが公開