TRI4TH -4th Rebellion- Tour FINAL@渋谷CLUB QUATTRO

ジャズ・バンドと言ってしまうと、バンドが持つダイナミズムを狭めてしまうほど、彼らには多くのロック的なアプローチやパンク的な反骨精神がある。
それでいて、オーセンティックなジャズがきちんと根底にある中で、TRI4THというサウンドが確立されている。
そんな音楽を主にクラブ・シーンで磨き上げてきた彼らには、”ジャズ”という既成概念を見事にブチ破った武器を手にしたと言える。
その1つの証明として、今年も各ジャズ・イベントへの出演はもちろんなのだが、ロック・フェスである中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017への出演がそれに当たるだろう。

こう書くと、「結局、TRI4THってどんなバンドなの?」と突っ込まれそうだが、1度でも彼らのライヴに触れたことがある人ならこう答える筈だ、「ごちゃごちゃ言わずに踊ろうぜ」と。
そんなTRI4THのライヴが、11月6日東京・渋谷CLUB QUATTROにて”4th Rebellion” Tourのファイナルが開催された。
下手に関谷友貴(ベース)、上手に竹内大輔(ピアノ)が立ち、センターに織田祐亮(トランペット)と藤田淳之介(サックス)が2トップに並び、バンマスである伊藤隆郎(ドラムス)がステージの高い位置に設置されたドラム・セットに。

4th Rebellion Tourは-BLUE EDITION-を併せると、この日までに全国7カ所に渡って繰り広げられてきたのだが、「ツアー・ファイナル」という言葉のお膳立てなんか必要ないくらい、平日にもかかわらずフロアいっぱいに集結したオーディエンスの踊りの波が、スタートからうねりにうねる。
エネルギッシュなビートを全身に浴びせるように、惜しみもなくTRI4TH色を余すことなく繰り広げ、楽曲が終える度に歓声に包まれる。

TRI4THのこのサウンドは、きっといくつものステージで共にした、1人1人のオーディエンスと作り上げてきたのだろう。
ブレイクポイントで、伊藤隆郎から「踊ろうぜ!」の声が上がれば、瞬く間にフロア中から手が上がり、関谷友貴がウッド・ベースを所狭しと振り回せば、パンク・バンド蒼白なステージングで沸かせる。
既にライヴではお馴染みとなった「Frreeway」のイントロを竹内大輔が連打する様は、ロック・ギタリスト顔負けの早弾きに近いテイストがあり、「Dance’em All」での織田祐亮と藤田淳之介のバトルは圧巻だ。
その熱いステージの中で踊り明かす夜、絶対に楽しいに決まってるし、バンドとオーディエンスで作られたその”楽しさ”こそが、今のTRI4THの音楽の源泉になっていると思うから。

この日は、加えてゲストに昼海幹音と青木ケイタの出演もあった。
「4th Rebellion」を彩った”Guns of Saxophone”での共演も記憶に新しいが、これが生で観れるプレミアムはさすがのツアー・ファイナル。

もちろん、ただの共演なんかじゃない。
楽曲が持つパワーそのままに、バトルをこれでもかと繰り広げるステージは、全オーディエンスの歓声が押し寄せていた。

ライヴはあっという間に終わりを迎え、アンコールまでホントにノンストップに踊らされたオーディエンスの表情は晴れやかだ。
日々の鬱憤なんて、ここに来れば2時間で吹っ飛んでしまうのだ。
そして、TRI4THを代表して伊藤隆郎から発せられる感謝の言葉は、ここに集まったファンやスタッフに何度も向けられた。

結成して11年間、とても平坦な道ではなかったこと、それでも今ここに立っているという喜びと感謝、その全てを言葉にして、またその全てをTRI4THの音楽で私たちに送ってくれた。

「終わりは始まり」

ツアー・ファイナルにもかかわらず、寂しさみたいなものが微塵も心にないのは、次のTRI4THで魅せられるであろうドキドキやワクワクに馳せる感情が強いからだ。
ライヴ中に発表された勝手にしやがれとの2マンツアー「BLACK JACKET TRIBE」、踊るしかないでしょ!

SET LIST

01.Black Crows
02.SNAKE
03.Hop
04.Freeway
05.Morning Smile
06.Blow this moment
07.Rebellion
08.After the Rain(MUTE BEAT cover)
09.Night Fly
10.On Fire
11.Sand Castle
12.Guns of Saxphone
13.Tick Tack
14.Light in the Dark
-Drums solo-
15.Bastard
16.FULL DRIVE
17.Horns Riot

En01.N.I.N.K.Y.O
En02.Dance’em all


text:Atsushi Tsuji(@classic0330)
photo by kayo sekiguchi

ライヴ情報

12/25 TRI4TH 360° LIVE ~Daikanyama LOOP 9th Anniversary〜
■日程:2017年12月25日(月)
■時間:OPEN 19:00 / START 19:30
■会場:代官山LOOP
〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町13-12 B1
http://www.live-loop.com/
■TICKET:<前売>¥3,400 <当日>¥3,900
※入場時にドリンク代(¥600)が別途必要となります。



勝手にしやがれ/TRI4TH
BLACK JACKET TRIBE
<TRI4TH>オフィシャルHP先行
http://eplus.jp/tri4th/ohp/
2018年3月2日(金)下北沢GARDEN
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売立見¥4,500(税込/ドリンク代別)
2018年3月8日(木)Shangri-La
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
料金:前売¥4500-(1d別¥600)
2018年3月9日(金)名古屋CLUB UPSET
時間:OPEN 18:30 / START 19:00
料金:¥4500 (1d別¥500)


詳細はオフィシャルページへ
http://www.tri4th.com/schedule
【アーティスト情報】
WEB http://www.tri4th.com/
Twitter https://twitter.com/TRI4TH
Facebook https://www.facebook.com/tri4th