y’s presents 貴ちゃんナイト vol.7

「いらっしゃい!」
開場と同時に、次々とフロアに入る来場者へ声を掛けた中村貴子。
男女問わず、幅広い層から手紙を渡され、和やかに話す開場時間は、このイベントの1コンテンツであるように楽しんでいる。 毎回、異例の出演者未発表段階からチケット発売をスタートし、ソールドアウト必至となる本イベントは、ラジオ・パーソナリティとして絶大な人気を誇る中村貴子が、”大好きなミュージシャンを迎えて、いちオーディエンスとして見たい組み合わせにこだわる”ライブ・イベント。
まずは、主催者である中村貴子からの挨拶。リスナーが集うDJイベントとして岡山から始まったものを本人が引き継ぎ、ライブ・イベントとして続けてきた今回も、高野寛、田中和将(GRAPEVINE)+高野寛、カミナリグモが名を連ねた。

トップバッターのカミナリグモは、観覧車や帆船のオブジェ、ランプ、等のオブジェが並ぶステージにあらわれ、「TOY BOX STORY」が奏でられる。ハンドクラップが絶えない開場は、始まったばかりであることを忘れさせる程の盛り上がりを見せる。
普段は「貴子さん」と呼ぶメンバーは「イベント名とはいえ、”貴ちゃん”は違和感がある(笑)けど貴ちゃん宜しく!」と親しみを込めた笑いを誘う。オーディエンスに寄り添うように演奏された「SCRAP SHORT SUMMER 」、アップテンポにカラフルな情景を魅せる「丘の上のスタンリー」、優しい歌声と共にこの時代への想像力を覗かせる「王様のミサイル」と、それぞれの色を放ちながらも決して耳から離れない音楽は、フロア中を包み込んだ。未来の歌「ブランクペーパー」を会場中のハンドクラップと共に演奏し、田中和将(GRAPEVINE)+高野寛へバトンを繋いだ。

宮川剛(Per.)を迎えて始まったのは、名曲「光について」。高野寛のコーラスも絶妙で、一気に引き込んでいく。田中和将のMCに「固いね(笑)」と突っ込む高野寛、そして「楽しくてしょうがない」と重ねる2人のステージには、和やかな時間が流れる。GRAPEVINEのライブでも中々披露されない「鏡」では、力強い歌声と圧巻のギターソロに、オーディエンスを釘付けにしていた。

続いて、田中和将からの無茶振り(?)に答える形で披露されたのは、高野寛と親交が深く、「Kameleon pop」に収録されたTodd Rundgrenのカバーで「I Saw The Light」。
本日限りのユニットにも関わらず、元々、ギタリストであるという共通点を持つ2人の息はぴったりで、「フラクタル」では田中和将のアコースティックギターに、浮遊するように絡む高野寛のエレクトリックギターは、美しい旋律を奏でる。オリジナルのチェロ、ストリングス部分を高野寛がアレンジを施した「Twang」で奇跡のユニットのステージを終えたが、いつまでもその余韻が続いたことは言うまでもない。

続くは、本イベントの大トリである高野寛の登場。「久しぶりに歌った」と話す1曲目は、NHK FM「ミュージックスクエア」のオープニングテーマにもなっていた「Cheerio!」。当時、中村貴子の番組を聴いていた人にとっては懐しいセレクトであったはず。当日は、出演者に因んだカクテル (静岡出身である高野寛は、オレンジジュースのカクテル)がラインナップされたのだが、更に因んだ「オレンジ・ジュース・ブルース」が披露され、大きな拍手が送られた。

続いて、25周年を記念して発売された「TOKIO COVERS」より、ワンダーフォーゲル (「くるり」カバー)が始まると、暖かな雰囲気に包まれ「1番有名な曲です」と奏でられたのは、なんと「グリーンダカラちゃん」。一瞬の笑いの後に名曲「虹の都へ」が続け様に演奏されると、一気に会場中の熱気が上がった。
「デビュー当時からラジオに呼んでもらってて、こうやってイベントにも呼んでもらえるのは嬉しい」と、中村貴子への感謝の気持ちが述べられ、ラストを飾ったのはデビュー曲でもある「See You Again」。鳴り止まない拍手の中、本編は終了した。

1

2