y’s presents 貴ちゃんナイト vol.8

大きな愛に包まれた”貴ちゃんナイト”

「貴ちゃん!」と、手首に赤いバンドを付けたリスナーが、次々と中村貴子の元へ声を掛けにやってくる。
手紙を手にし、直接渡しながら談笑する時間は”開場時間”ではなく、既に”開演時間”と言っても過言ではない、リスナーにとって掛け替えのない時間だ。

5月7日(土)に下北沢CLUB251にておこなわれた<y’s presents「貴ちゃんナイト vol.8」>は、中村貴子によるイベント。
ラジオ・パーソナリティとして絶大な人気を誇る中村貴子のリスナーが、DJイベントとして岡山でスタートしたものを引き継ぎ、”大好きなミュージシャンを迎えて、いちオーディエンスとして見たい組み合わせにこだわる”ライブ・イベントへ昇華させたものである。
“出演者未発表”段階から発売される先行チケットは、回を重ねる毎に購入者が増え、主催である中村貴子への絶大な音楽への信頼が伺える。

8回目を数える今回は、中村貴子から「このイベントをスタートさせたときから、GREAT3の出演がひとつの目標であり夢だった」と話す、2012年ベーシストにjan(ヤン)を迎え活動再開した『GREAT3』、小学生のときからNHK FM「ミュージックスクエア」を聴いて育ち、各インタビューなどで「音楽ルーツ」について問われると「中村貴子さんのラジオ番組で音楽に目覚めた」と答える9mm Parabellum Bullet『菅原卓郎』、そして中村貴子とはメジャーデビュー前からラジオを通して繋がってきた『The Cheserasera』と、異なる年代ながらも中村貴子とラジオを通して親交を深めてきた3組の共演は、貴ちゃんナイトだからこその実現である。

菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)選曲による会場SEに導かれ、ステージへ上がる中村貴子。
「最後までいないと後悔します」という、茶目っ気たっぷりの開演に先立ったMCを残し、最初に登場したThe Cheseraseraは、アンセム曲「賛美歌」でスタート。
4月に発売されたばかりのニューアルバム「Time To Go」より、「butterfly (in my stomach)」へと続き、勢いそのままに3ピースだからこそ成せる、鉄壁のリズムとメロウの心地よさが会場中を包む。

中村貴子との出会いを話す宍戸翼(Vo/Gt)からは、幾度となく笑みが溢れ「音楽が好きだったら仲間でしょ!」という気持ちにさせてくれたというエピソードは、会場中のリスナーズ(オーディエンス)の気持ちを代弁してくれているようにも思えた。
イントロで西田裕作(Ba)と美代一貴(Dr)のアンサンブルが攻めをみせる「ファンファーレ」では、次々と会場中で手が挙がり、「ラストワルツ」では、その音圧に乗るメロディと壮大なコーラスで、一気に惹きつける。
「まだまだいけますか?」と宍戸翼からの煽りに、両手を挙げて応えるリスナーズへ送られたのは「月と太陽の日々」。
年代に関係なく、誰もが経験したであろう、人生の幾つものシーンを切り取ったような音楽を放ち続けたThe Cheseraseraに、最後まで惜しみない拍手が向けられた。

そして会場SEでは、Patti Smith Groupの”Frederick”が終わりに差し掛かると、「こんばんは」という挨拶と共に、9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎が登場。

弾き語りスタイルで臨んだステージは、自身のバンド曲「The Revolutionary」でスタート。オリジナルでのバンドサウンドにある疾走感とは打って変わり、心地よいテンポに、力強さが増した表情を見せ、弾き語りという最小構成ならではの音と音の余白に、ハープの旋律が沁みていくようだ。
「リスナーからバンドマンになった」と、ヘヴィリスナーである自身と中村貴子のラジオについて話す菅原。当時、中村貴子がパーソナリティーを務めたラジオ番組『ミュージックスクエア』のランキングで1位をキープしていたというTHE YELLOW MONKEY「SO YOUNG」のカバーを披露。会場に集まったリスナーズと同じように、世代を超えた名曲で魅了すると、「『ミュージックスクエア』で出会った曲がたくさんあって…」と、「ここで逢いましょう」「キャンディ・ハウス」「生きてく強さ」と、様々なアーティストの楽曲をワンコーラスに満たないながらも披露し、一気に90年代へトリップさせる。続いて披露された井上陽水「氷の世界」のカバーを終えると、「音楽は出会いだよね」と語り、菅原がラジオで出会った楽曲の1つである、the pillows「ストレンジカメレオン」のカバーでは、鳴り止まない程の拍手が送られた。
ラストは、バンド初のセルフ・プロデュース作品でもある「Black Market Blues」。
菅原曰く、“リスナー仲間”である会場にいる全員でシンガロングし、中村貴子が繋いだように、会場中のリスナーズの心を繋いでステージを後にした。

本イベントのトリを務めるのは、偶然にも貴ちゃんナイトに相応しい、真っ赤な衣装に身を包んだGREAT3。活動再開時に発表されたセルフ・タイトルアルバム「GREAT3」収録の「TAXI」でスタート。”GREAT3にしか出せない音楽”とでも云うべきか、往年のファンのみならず、バンドの本質的な個性やアプローチは、耳にした誰をも虜にする魅力がある。
「セックスについての曲を」と、片寄明人(Vo/Gt)から憎い紹介で奏でられたのは「睫毛」。艶やかな表情を持つ中に、jan(Ba)の奏でる卓越したベース・プレイが光る。「When you were a beauty」収録の「ONO」では、片寄明人の甘いハイトーン・ヴォイスに酔いしれて、「綱渡り」では力強いドラミングを奏でる白根賢一(Dr)と、余すことなくGREAT3の世界を広げる。
「今日はキュートなヴォーカリストが、2人出ていましたね。良い子たちなんですよ(笑)。」と、まるで親戚のおじさんだと自らツッコミを入れる片寄に、会場から笑いが起こると、実は今回の出演者の中で最年少でもあるjanからすかさず「片寄さんもめっちゃカワイイよ」と合いの手が入り、和やかな時間が訪れる。そのjanのグルーヴィーなベースラインから始まる初期の名曲「マイ・ウェイ」では、白根がヴォーカルを取り、オリジナルとは全く違う新たなアレンジで、現在進行形のロックを畳み掛ける。
そして、最新アルバムにして最高傑作と名高い「愛の関係」から「穴と月」が披露されると、大歓声が沸き起こった。

ラストは、不思議な暖かみと柔らかさのあるギター、メロウでありながら激しくノイジーでもあるライブアレンジが施され、音源とは異なる音世界に進化したシューゲイズ「ポカホンタス」。完璧なまでにその圧倒的な存在感を残し、本編は終了した。

鳴り止まないアンコールに呼び込まれて、再びGREAT3がステージに上がる。
そして、GREAT3のステージでは滅多に、いや2度と観れることがないであろう、The Cheseraseraの宍戸翼と9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎を交えたセッションが始まる。
これぞ、貴ちゃんナイトの真髄でもあり、冒頭に中村貴子が述べた「最後までいないと後悔します」への回答なのだ。
奏でられたのは「GLASS ROOTS」と「DISCOMAN」。20代である宍戸、30代である菅原、そして40代である片寄と、世代を超えたセッションは、まさに中村貴子が描いた夢を夢で終わらせない、音楽を通して繋いだ強い愛だった。

終演の挨拶で再び中村貴子がステージへ上がり、出演アーティスト一人一人へ感謝を述べる。
恒例となった、出演者とリスナーズとの記念撮影を終え、1人ステージに残った中村貴子から「これからも、みんなで音楽を愛していきましょう!」と締めくくった。

中村貴子と幾つものアーティスト、そしてリスナーズを繋いだラジオ。
電波に乗せて紡がれた音楽を愛し続けることで、また次回の「貴ちゃんナイト」開催をその大きな愛と共に、私たちに運んでくれるだろう。



テキスト:Atsushi Tsuji
撮影:岡村直昭

「y’s presents『貴ちゃんナイト vol.8』」

■5月7日(土)
■下北沢Club251
■出演:The Cheserasera / 菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet) /GREAT3
■MC:中村貴子

【SET LIST】

The Cheserasera

M1.賛美歌
M2.butterfly ( in my stomach )
M3.カゲロウ
M4.ファンファーレ
M5.ギブ・ミー・チョコレート
M6.ラストワルツ
M7.東京タワー
M8.月と太陽の日々

菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)

M1.The Revolutionary
M2.SO YOUNG ( THE YELLOW MONKEY cover )
M3.氷の世界 ( 井上陽水 cover )
M4.ストレンジカメレオン ( the pillows cover )
M5.Black Market Blues

GREAT3

M1.TAXI
M2.睫毛
M3.ONO
M4.綱渡り
M5.マイ・ウェイ
M6.穴と月
M7.レイディ
M8.ポカホンタス

【 ENセッション 】

EN1. GLASS ROOTS( GREAT3 )
EN2. DISCOMAN( GREAT3 )

【INFO】

■The Cheserasera
Web:http://www.thecheserasera.com/

■菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
Web:http://9mm.jp/

■GREAT3
Web:http://www.great3.com/

■中村貴子
Twitter:https://twitter.com/takako_nakamura