BAROQUE G O O D M O R N I N G B O Y S A N D G I R L S

BAROQUEが、「BAROQUE TOUR 2015 OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT」以来となる、約4ヶ月振りのワンマンライブ「G O O D M O R N I N G B O Y S A N D G I R L S」を12月25日に東京・SHIBUYA VISIONにて開催した。
本公演は、BAROQUE史上初となる「#BAROQUE_1225」というSNSのハッシュタグを用いて、ファンからの写真・動画撮影を解禁された。当日はメンバー自身も参加し、次々と投稿される「今のBAROQUE」は、そのSNSの特性を活かした広がりをみせた。また、会場内には「G O O D M O R N I N G B O Y S A N D G I R L S」の文字と、メンバーのメッセージとサインを記された幕が設置され、終演後にはファンからの夢や希望、メンバーへのメッセージなどで埋め尽くされていた。

開場と共に、DJ ARATA NAKAMURAのプレイに迎えられ、こちらも初の試みとなったLIVE PAINTが始まった。アルバム「PLANETARY SECRET」のアートワークでもお馴染みの造形アーティスト・TAKASHIKONDOによって、ステージに設置されたTシャツのフロント部分に、怜(Vo)、圭(Gt)のフェイスプリントと、鮮やかな色彩で次々と即興ペイントが施された。ほぼモノトーンのみで構成された前ツアーから、新たな扉が開かれる予感をさせられるには充分なステージだった。
そしてSEが鳴り響く中、ステージに登場したメンバーから放たれた「DREAMSCAPE」でシンガロングが沸き起こり、イントロが始まると共に歓声があがる「ガリロン」と、序盤からオーディエンスを魅了していく。

「1曲1曲、心と心でぶつかり合って、楽しい時間にしたい」と怜からのMCを挟み、クリスマスの夜を幻想的に包む「SKY WALKER」へ突入。TOKIE(Ba)のうねるベースラインが鼓動となって始まる「湿度」まで、その演奏で描く色鮮やかなストーリーに、オーディエンスも引き込まれていく。
沸点が上がりっぱなしの会場に「みんな、もっと暴れたいんじゃないかな?遠慮なんかいらいないからね、行けますか?」と怜からの煽りと共に「black bane」へ突入する。かどしゅんたろう(Ds)が刻むビートを更に切り裂くように、圭のギターが唸りを放つ。「我伐道」「独楽」と激しい代表曲が続き、ポップチューン「teeny-tiny star」で会場中に笑顔が溢れた。

メンバーが求めるままに演奏へ徹した本編のラストを飾ったのは、圭の優しいギターとオーディエンスからの「beautiful day for you celebrate / sing a song for you celebrate」と大合唱で始まった「CELEBRATE」。メンバーとオーディエンスがこの空間で溶け合い、至福のときとなったクリスマスを祝福した。

アンコールに応え、再び姿を現した怜と圭。「たまには2人で話してもいいですか?」と2人だけの時間が訪れる。「今は歌うことや曲に歌詞を乗せること、何でも楽しい」と話す怜に、「俺は曲を作るのが辛かったけど(笑)、今は楽しい」と返す圭。BAROQUE史上、最高の状態であり、来春にニュー・アルバムの発売を言及すると、会場中から歓声が沸き起こった。

TOKIE、かどしゅんたろうが呼び込まれ、愛でるように、ときに力強い生命力を帯びた「MEMENTO」、音の粒子が身体中を輝き巡る「PLANETARY LIGHT」と演奏される。そして、最後にBAROQUEからのプレゼントとして、新曲「G I R L」が贈られた。「PLANETARY SECRET」で開いた扉の次章は、「G I R L」の輪郭にみられることができ、その招待状としてキービジュアルが描かれたポストカードを来場者全員に配布した。

3月17日に名古屋ell.FITSALL、18日に大阪MUSE、25日に東京・下北沢GARDENで行なう3本のワンマンライブ「G O O D M O R N I N G B O Y S A N D G I R L S」にて、その続きを心待ちにしたい。


取材:2015.12.25
テキスト:Atsushi Tsuji
撮影:Hiromi Morimoto