宍戸 翼(The cheserasera)インタビューvol.35

ー少し早いかもしれませんが、今年を振り返っていただければと。まずは、1stフルアルバム「WHATEVER WILL BE, WILL BE」のリリースから始まり、イベント出演に2月からはツアーとライブが中心の活動でしたが、「WHATEVER WILL BE, WILL BE」でのフリーライブの中止という、悔しい出来事がありましたね。

出鼻を挫かれた感じで(笑)。どうしても喉に緊張が走るので、音楽を聴くこともしていなければ喋るのも良くないので、酷い時期は2週間くらい家に引き篭もりでしたね。病院で喉のレントゲン写真を見せてもらって「治して行きましょう」ということで薬をもらって飲んでいたんです。治って、歌っていくうちに嗄れてはいくんですけど、休んで復活したときの自分の声がツルッツルで(笑)、嗄れの影もない感じでした。「こんな状態の自分の声を久しぶりに聴いたな」と思えたぐらい、声を消耗して歌ってたんだなっていうのがありましたね。ライブ自体も多かったので、またそうなる時期が来るかもしれないから、歌い方もすごく考え直したし、それこそ生活も含めて、それに備えられるように一から考え直しましたね。

ー喉への負担がきっかけとなったことではありましたが、音楽に触れない期間が2週間もあったのは、宍戸さんの人生でも初に近いんじゃないでしょうか?

そうですね。「全てが終わるのかもしれない」って考えましたし、どうなっていくのかが想像できないんですよね。そういう精神的にもヤバかった時期が終わって、またライブに戻れましたけど今度はツアーファイナル(東京 Shibuya WWWワンマンライブ公演)で、西田くん(Ba)が入院になって(苦笑)。メンバー3人共、精神的に追い込みながら緊張を保っていた部分があるので、”気張り”だけではダメなんだなっていうのが、収穫というと語弊がありますけど、ファーストアルバムを出してブチ当たった壁でしたね。

ーしかも、3ピースであれば尚更かもしれないですが、個の重要さや誰1人欠けても成立しないという再認識ともなったでしょうし。

アンサンブルにならないっていう(笑)。ホント、そう思いますね。

ーある種、アルバムタイトルもそうですが” The Cheserasera”の名刺代わりとも言える作品であったと思いますし、非常に不謹慎な表現ですが、振り替え公演も無事に終え「WHATEVER WILL BE, WILL BE」の”なんとかなるさ”を体現できたのかなと。

(笑)。まぁ、自分たちが感じてたあの状況っていうは「マジでなんとかなってねぇ」っていう自己批判でしたけどね。仙台公演が終わって東京に帰って来て、歌を控えた個人のゲネリハをスタジオでやってたんですけど、夜11:00くらいにマネージャーから「西田が病院から出してもらえないから、明日は中止だ」っていう電話が掛かってきて。ムダに広いスタジオでポツンってなっちゃって「どうなってしまうんだろう?」っていう空気に支配されたし、その壁に遮られたまま今回のアルバムの話が時期的にも始まって、真っ白でしたね。

圧倒的にポジティブなものであるべきだ

ー今回の7曲はそのタイミングから作り始めたものですか?

一から構想していきましたし、良い意味ですごくこの影響を受けたと思います。

ー「YES」に込められた「良いことも、そうでは無いことも、どんなことも全て受け入れ肯定して前に進みたい」へ、行き着く前半でもあったように思えますね。

こういうアルバムを作ろうとはなってなかったと思います。フルアルバムを携えて、1番の勝負時だった4〜5月が挫折だったので、それを経たこのアルバムが僕たちやお客さん、スタッフ、全ての人にとって「圧倒的にポジティブなものであるべきだ」と思いましたし、そうじゃないと顔向けが出来ないというか、自分たちが強く立てないと思ったんですよね。

ー外向きな想いがありながらも、それを自分たち自らが感じることが「YES」の源泉にもなっていると?

そうですね。そういう想いを抱えながら、曲と詞をひたすら書いていきましたね。今までは、アルバム毎で3人とも意見がバラバラだったし。そもそも「こういう音楽をやろう」って集まったバンドではなくて、3人がいてただガムシャラにやってきたんです。その中で、一緒にやってきた時間が伊達に長くないなと思えたのが、「今、俺はこう思ってるんだ」って話すと「わかる、そう思ってるよね」って、僕が思ったことをメンバーも感じてくれてて。今回の「YES」の制作を通して、バンドの距離が近づいたしアンサンブルのバランスが取れてきた印象を受けましたね。

素の部分を高めるしかない

ーメンバー間が阿吽で出来る関係性になれたことによって、制作面でも良い作用がありましたか?

仮に3人が同じ場所にいなかったとしても、自分の中で会議が出来ちゃうっていうか(笑)。例えば「こうするとアイツは嫌がるからやめておこう」とか、曲を作るときに浮かびますよね。それは他のメンバーも、僕に対してそうしていると思います。

ー各楽曲によるとは思いますが、今回の「YES」に収めた曲の原曲と呼ばれるものは、全てこのタイミングで出されたんですか?

そうですね。「灰色の虹」だけは少し前にできていたんですが、結局は詞をこのタイミングで書き直したので。僕がワンコーラスの弾き語りを作っていって、3人で広げていくんですけど、ギターアレンジは僕がして、他のパートについても話し合いながら進めていきますね。

ー今回のキーワードとして”ポジティブであること”を前面に出せた理由に、もしかしたらきちんと自分たち自身を把握できたこともあるのではないでしょうか?

そうかも知れないです。「こうでなくてはないらない!」という、自ら作ってきた強迫観念みたいなものが精神的にもあって、自分たちの見せ方とかに追われてやってたのが前作までだったから。改めて、4〜5月で自分たちを考え直したときに、どうしたらもっと自由で在ることが出来るかは、素の部分を高めるしかないって気づきましたね。自分たちで楽曲や世界観、衣装、例えば「◯◯と言ったらチャラついて見える」とか(笑)、そういう細かいところまで考えて、プロデュースしていく必要がある。それに伴って、自由にライブが出来るし、ライブ・パフォーマンス自体を素の部分で出来なければ、いくら大きく見せたところでまた強迫観念に追われると思いましたね。

ーでは、楽曲について伺っていければと思いますが、リード曲でもある「賛美歌」については既にライブでも披露されていますが、曲順としてもすんなりこの位置に収まったと考えて良いのでしょうか?

リード曲なのはもちろんですけど、”この曲を中心にアルバムを聴いてもらいたい”という要素があって1曲目にしましたね。”明日には他人かもしれない”っていう部分は、僕たちバンドがどうなっていくかという想いもあったし、それはお客さんやスタッフさんとも同じことが言えて。最終的には恋人同士の歌ですけど、色んなことが重なった僕たちに、ポジティブなものが必要だと思っていたときに「賛美歌」っていう言葉が出てきたんです。

ーサビの”たけど僕は今も忘れない 胸をたぎらせた僕たちが語り明かした日々を”の倒置法がグッときますよね。先ほどの”明日には他人かもしれない”というネガティブな言葉たちを超える強さが備わっているというか。

ポジティブになることが1番苦手な人間なので(笑)、3人とも後ろめたいこととか、何かがないといけないんですよね。”そういうのもあるけど”っていう書き方にはなってしまうんですけど、ポジティブを目指す感じが入ってると思います。

今回は「これだけは言える」

ー光と影ではないですけど、コントラスト具合がある意味鮮やかなので、歌詞の中にある”わずかに光った流れ星”のような情景で印象付けるポジティブさが散りばめられていると思います。

例えば「俺たちは宇宙一になるんだ!」みたいな、メチャクチャ明るいことを言っているわけではなくて(笑)、スタートがかなり下から来てるんで、ポジティブさが際立つのかも知れないです。

ー一方で「Youth」の歌詞もそうですけど、ストーリーに「これが答えだ!」みたいな押し付けがましいものはなく、かと言って曖昧とは違う、”僕らの今に嘘はないたろう”という1つの肯定があることで、日常のストーリーでの答えに導かれるんですよね。

まず、自分たちが普段言わない言葉とか体験しない風景とかだと、僕自身が感情移入できないのでそういう言葉は排除をしてるんです。僕の歌詞って「結局、どっちなの?」っていう、曖昧さを言われてた前作までがあったんですけど、今回は「これだけは言える」みたいな書き方になってますね。もちろん、今まで通りの色んな答えや方向性があるのは変わらないし、「絶対、こうだ!」って言い方する人は基本キライなんですけど(笑)、1つの意思表示が今作からは現れていると思います。

自分に合わないものは歌えない

ー同じ時間、夢、未来、言葉があったならという漠然さも、ある意味肯定できてしまう。

そうですね。変わらないで思ってることがずっとあるんだったら、それは嘘じゃないってことだし、それだけで自信を持っていいことなのかなと思いますね。全てが確信的でなくて、漠然としたものを追いかけていたとしても、それはちゃんとした目標だとも思うから、肯定していきたいですね。自分たちに置き換えると、アクシデントがあった俺たち3人でさえも、続けていくために肯定できる歌を作る必要があったから、そういう意味でも感じたことを歌えていると思います。

ー先ほど「弾き語りで作っていった」旨を伺いましたが「somewhere」もですか?

あ、全曲じゃなかった(笑)。これは美代くんが原曲を作ってきてくれて、最初は歌詞もあったんですけど新たに作り直しましたね。元々あった歌詞と、今回の歌詞は全然違うんですけど、やっぱり既にある曲を歌うだけのシンガーにはなれないので、歌い回し1つを取っても自分に合わないものは歌えないですね。

ー先ほども仰られてましたが、感情移入が出来ないものは歌に限らず、ギターであってもプレイが出来ないんでしょうね。

気持ち良さがないんですよね。絶対に”何だこれ?”って思うと表に出てしまうし(笑)。

ー(笑)。続く「Escape Summer」や「インスタントテレビマン」のようなノスタルジーな情景には、必ず1人ではない”君”が存在していますが、その”君”は巡って同一人物だったりとも読み取れるのですが?

なるほど…。結局、自分が共感できる言葉が歌詞になっているんですよね。例えば、僕はずっと子供でいたいので「Escape Summer」にそう書いてますし(笑)。ただ、それだけじゃなくて、同じ類の人間だからというのを信じているからなんですけど、誰かの言葉が自分の言葉になることもある。それは、自分も他人も最終的に辿り着きたい所は、”幸せになりたい”とか、一緒だと思うんですよ。

ーそこに辿り着くために、色んな術や経験があって。特に今回は、受け入れて肯定することで辿り着くことになるんでしょうね。

自分が今まで味わった気持ちが、曲を作る原動力になっているので。フィクションとノンフィクションが混ざり合って、最終的には美しいものにしていくんですけど、そんなに輝かしい日常を送っているわけではないので(笑)。

普段の話し方で自分の作品を話せるようになっている

ー素の自分の部分ですよね(笑)。

記憶って良い意味で曖昧だし、「こうだったね」っていうのを美しい歌にして残せば、すごくいい人生だったって思えるし(笑)、そういう歌を残していきたいですけどね。実は前のアルバムのときまでは、インタビューになった瞬間に”ズーン…”ってなることが多かったんですよ(笑)。

ー(笑)。落ちた精神状態ということですか?

普段、話しているときと、精神世界のことを話そうとするときのギャップがすごいあったんですよ。嘘みたいな話ですけど、先の話をしようとすると、急に暗い感じになったり、すごく言葉が出にくくなったりしてたんです。でも今作になって、普段の話し方で自分の作品を話せるようになっていることが起こっているんですよね。

ー見せ方を気にせず、精神的な脅迫概念の解放によって得た”自由”が、こういったインタビューの場でも作用するほどの作品であると言えますね。

確かに、もう追われることはないですし、等身大の自分で作れたんだと思います。

絵を描くように、見方を変えていくしかない

ーそして、ラストに「灰色の虹」があることで、ある意味「YES」の比喩にもなっていてアルバムとしてのストーリーを考えると、正にピタリな位置ですよね。

曲順の会議をメンバーともしたしスタッフさんともしたんですけど、今回は僕が並べたかった曲順で採用してもらいました。歌詞の内容で決めたものなんですけど、1、2曲目は前向きな部分があって、3、4曲目は迷いの部分、それで5、6曲目で1回潰れちゃう感じ(笑)。

ー人生の縮図的な(笑)。

そういう生活もありつつも(笑)。最終的には、この曲で這い上がっていける世界観で構成したんですけど、リピートして聴くと循環する気持ちの様が感じられるんじゃないかなと思うし。さっき“今日も太陽があってハッピー “みたいな話がありましたけど(笑)、太陽でさえ霞んで見えたり「太陽なんていつもあるしどうでもいい」って思うときがあるじゃないですか。同じように、虹が出ていたって灰色に見えるときがあると思うんですよね。

ー美しいものが美しく感じれない部分ですよね。

そうです。そうなっちゃう瞬間をどう変えていくかという、自問自答の末の歌だったりしますね。絵を描くように、見方を変えていくしかないし、そういう部分は誰も助けてくれないなって思ったし(笑)。

ー(笑)。今作はThe Cheseraseraにとっても、その答えを見出せたアルバムとなりましたし、レコ発ツアーではその答えを持って、過去の楽曲とどう混ざり合えるのかが楽しみになりますね。

ひたすら週末感というか(笑)、クライマックスの部分しかないような曲が多かったんですけど、今回の曲の詞で繋がったりするだろうし、また違うストーリーが見せられると素敵ですね。

ーその中でも、楽曲自体の感じ方や印象も、さらにポジティブな変化をしていくことになるかもしれないですよね。

プレイをしたら変わっていくでしょうね。やっぱり、今年の4、5月に「終わってしまうかも…」という中で出来た「YES」は、どんどん先を見ていけるような作品になったと思うし、こういうドン詰まりの時代ですけど、お客さん、スタッフ、僕たちにとっても共感し続けられると思うので、ライブを楽しみたいと思います。


取材:2015.10.30
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji
撮影:Hiromi Morimoto

リリース

The Cheserasera
2nd mini album「YES」2015.11.18 release
CRCP-40435 ¥1,759 +Tax1. 賛美歌
2. Youth
3. Take me!
4. somewhere
5. Escape Summer
6. インスタントテレビマン
7. 灰色の虹
Amazonから購入する
【インストアライブ】

「YES」発売記念インストアライブ
11月22日(日) 14:00〜タワーレコード津田沼店 店内イベントスペース
11月23日(月・祝) 16:00〜越谷イオンレイクタウン トーク&ミニライブ&サイン(InterFM897の公開収録)
11月28日(土) 13:00〜タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 店内イベントスペース
12月10日(木) 19:00〜タワーレコード難波店5Fイベントスペース2016年
01月16日(土) 14:00〜タワーレコード仙台パルコ店イベントスペース

【ライブ】

2015年
The Cheserasera presents 「曇天ケセラセラ」
11月21日新代田FEVER
開場17:30 開演18:00 前売2,500円
共演:The Flickers / GLIM SPANKY11月27日(金)名古屋  ell.SIZE
ジョゼ 東名阪自主企画「ジョゼ Presents 曇りのちAmazing!!
※Wレコ発
開場18:30 開演19:00 前売 2,500円
共演:ジョゼ / アンテナ12月9日(水)福岡 Queblick
The Cheserasera「YES」release tour
開場18:00 開演18:30 前売2,500円
共演:The Phrase Temple / アンテナ / ornithomimus

12月11日(金)大阪・心斎橋 AtlantiQs
The Cheserasera「YES」release tour
開場18:00 開演18:30 前売2,500円
共演:赤色のグリッター / アルコサイト 他

12月17日(木)代々木Zher the ZOO
溢れる歌々(宍戸 弾語り)
開場18:30 開演19:00 前売3,600円
共演:上田健司 / 渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz / cafelon)/ 住岡梨奈

LIVE DI:GA JUDGEMENT2015
日時:12月30日(水)・31日(木)
※The Cheseraseraは31日に出演します。
31日(木):開場 13:30 / 開演 14:00 / 終演 25:30予定
会場:渋谷CLUB QUATTRO / TAKE OFF 7(渋谷)
31日:Wienners / The Cheserasera / Suck a Stew Dry / SHISHAMO / SHE’S / SUPER BEAVER / テスラは泣かない。 / ドラマチックアラスカ / tricot / Nothing’s Carved In Stone / NECOKICKS / HOWL BE QUIET / ハシグチカナデリヤ / Halo at 四畳半 / ヒステリックパニック / Bentham / WHITE ASH / 夜の本気ダンス and more…(※五十音順)
チケット:各日 3,900円(D代別)

2016年
1月17日(日)仙台PARK SQUARE
The Cheserasera「YES」release tour
開場18:00  開演18:30 前売2,500円
共演:SILVERTREE / アンテナ /読みかけの絵本

1月 23日 (土) 東京・下北沢CLUB Que
The Cheserasera「YES」release tour
<ファイナルワンマン>

開場18:00 開演18:30 前売2,500円 当日3,000円

【アーティスト情報】
Webhttp://www.thecheserasera.com