金木 和也「最終兵器」インタビュー

新感覚の歌詞と中毒性のあるメロディで独特の世界観を描くソングライター「金木和也」。
オルタナティブロックを下敷きにファンク、カントリー、ブルース、ポップのエッセンスを取り込み、時にアコギを、時にエレキを掻き鳴らす。
ボーカル力が生きるバラードは言葉の一つ一つが聴く人の身体に入り込み、魂を揺さぶる。
2014年10月に1stミニアルバム『LUCKY』をリリース、リードトラック「ラッキー」は映画『アオハライド』の挿入歌に抜擢され、YouTubeでの再生回数が13万回を超える話題作となった。
今作『最終兵器』は、彼の敬愛するクボケンジがサウンドプロデュースを担当。 ポップさの中にも中毒性をはらむメロディが魅力のリードトラック「ダンシャリーナ」や、 女性に振り回される恋愛を軽妙なリズムで歌った「恋に恋して」等、多彩な6曲。
脇を固める演奏陣も豪華な顔ぶれとなっており、伊原真一、村田シゲ(CUBISMO GRAFICO FIVE、□□□)、 城戸紘志(unkie)、山本健太らが参加している。

 

金木:(『最終兵器』のフライヤーを手にし)これ、初めて見ました。

—店頭とかに置いてあるからだと思います(笑)。インストアイベントを大阪・名古屋、そして今日(インタビュー当日)の東京を終えられて、ミニアルバム『最終兵器』の反応がダイレクトにわかる場所ともなったわけですが、感触はどうですか?

金木:自分自身も人前で歌い慣れてない曲たちなので、徐々に体に馴染んでいっている感はあります。関西をホームとして活動してるので、大阪は1番アットホームな雰囲気の中やったんですけど、例えば新曲は手拍子のタイミングがバラバラやったりして、うまく誘導しないとなと思いましたね(笑)。

—ははは(笑)、教育も兼ねてというか。他のエリアはどうですか?

金木:そうですね、名古屋はシャイな人が多いんですけど、初めて行ったときはそれ(反応が薄いこと)に負けてしまって、「やばい、俺ウケてない」っていう反応をしちゃったんです。でも色んな人の話を聞くと、「静かだけど、その分すごく良く聴いてくれてる」って知って、それからは楽しくなりましたね。実際、今回も静かだけど、すごく笑顔で聴いてくれてる人が多かったですし、大阪の笑いへの厳しさに比べたら(笑)。

—笑いを取りに行ってるんじゃないですから(笑)。

金木:いや、初日の大阪、MCでスベったんですよ(笑)。ムスっとされてるわけではなくて、ニヤニヤされてる感じですけどね。今日の東京に関しては、月1くらいしかライブをやれてなかったんですけど、来る度にあったかい印象がありますね。しっかり聴いてくれて、体を揺らしたり手拍子をしたりの反応もありますし。

—場所毎の反応の違いはあれど、感触は良いですよね。実際、前作から1年強の期間が空きましたが、それまでのライブでも披露されていない新曲が収められたんですか?

金木:やっていた曲もあるんですけど、歌詞を書き直したりしたし、まだ披露していない曲やレコーディング中に生まれた曲で構成されているので、ほぼ新曲ですね。6曲目のカバー曲「声」は、最初にアナウンスしていなかったんですけど、レコーディング中に入れることにしました。

—なるほど。その新曲で構成した『最終兵器』というタイトルには、2枚目にしてかなり強い意思が提示されている気がしますが?

金木:その通りです。結構、わがままにやりたい放題で作ったんですけど、だからこその想いも強くて、そうやって作ったものに責任を持ちたかったし、2枚目から「最終兵器」ってタイトルをつけると、自分へのハードルも上がるし、次は”もっとすごいものを作りたいぞ”っていう想いも込められると思ったんです。

—その中で、リード曲の造語というか言葉遊びがタイトルの「ダンシャリーナ」はMVも制作されていますが、かなり面白い映像になっていますね。

金木:これ、元々の仮タイトルは「断捨離」だったんですけど、書き終わってみたら歌詞に1度も”断捨離”って言葉が出てこなくて(笑)。それでダンシャリズムとかダンシャリストとかハメていった中で”ダンシャリーナ”って造語をつけたら面白いと思って。MVも、監督さんがテーマに合わせて「体脂肪を断捨離する」っていうアイディアをくれて、監督の家で撮影しました(笑)。

—本当に楽曲とマッチしましたよね(笑)。特筆すべきはサウンドプロデュースにクボケンジさんを迎えられての制作でしたけど、タッグを組まれての感想を教えてください。

金木:すごい楽しかったんですよ。僕自身がメレンゲの大ファンで、インタビュー記事を読むくらい好きだったから、最初のイメージが”気難しい、怖い人”だったんです(笑)。最初は俺もガチガチでいたんですけど、いざお会いしたらすごく柔らかい方で、早く打ち解けられましたし、優しく接してくれましたね。実際の制作面でも、常にこっち側のことを考えてアドバイスをくれたり。

—制作に臨むまでに、事前の方向性を決められたりもされたんですか?

金木:毎晩のように「今、こんな感じで作りました」みたいに電話をしました(笑)。クボさんは、金木和也のイメージを第一にアイディアを出してくれましたし、俺は”クボ節”が大好きなんで「好きにやってください」って言って。そうやって作られたものが殆どで、音楽面で何かを言うことはなかったですね。

—クボさんがいたからこそ、作り上げられた楽曲を1つ挙げるとするなら?

金木:唯一、レコーディング中に作った「恋に恋して」ですね。元々、サビだけとか1番だけみたいな曲がいくつかあったんですけど、その中でクボさんが気に入ってくれて書き上げることにしたんです。クボさんがスタジオにいる場で歌詞を書いてたんで、「これ、どうですか?」って見せながらだったんですけど、途中から”いかにしてクボケンジを笑わせるか?”にシフトして(笑)。クボさんがいなかったら、こうはならなかった曲だと思います。

—(笑)。因みにこれまで、その他の今回の楽曲制作で第3者がいる場で書くことはあったんですか?

金木:ほぼないですね。あっても、2マンライブで共作というかセッションくらいだと思います。かと言って、例えば”曲が降りてくる”って表現があると思うんですけど、そういう感覚を味わったことがないんです。ネガティブな感じではないんですけど「作るぞ!」って意思があって作るので。

—それこそ、ライブでこういう楽曲のピースが欲しいみたいな?

金木:そうです。元々はバンドをやっていたんですけど、それから弾き語りになってから、バラードの曲ばっかりになったんですよ(笑)。40分のステージでアップテンポ1曲だけとか、全然面白くないなって(笑)。そうやって意識して作る感じですね。

—今回のアルバムが正しくですよね。その中で「恋ならいいのに」の作曲者が金木くんではないんですが。

金木:河郷 裕ですね。地元の友達なんですけど、京都で2マンライブをしたときに、さっき話した「セッション曲を作ろう」って言って作ったものです。普通は、アンコールとかで演奏するから、明るく楽しい曲になるんですけど、彼と作るならバラードが良いってことで。普段、俺は詞先(曲を歌詞から制作)なんですけど、彼は曲先(メロディから制作)だったんで、初めてそれに合わせて作ってみました。

—ある意味、新しいチャレンジでもありますよね?『最終兵器』とハードルを上げてるくらいですし(笑)。

金木:そうなんです。これがきっかけで、曲先も楽しくなってやるようにもなったので。ただ、作ったばっかりでもあるし、正直に言うと次のことはまだ見えてなくて。やりたい音楽はたくさんあるんですけど…。

—体に馴染んできたばかりですしね。その、やりたい音楽がたくさんあるということですけど、今回の『最終兵器』も言わばジャンルレスだと思うんですよ。

金木:そうかもしんないです(笑)。ギターを始めたきっかけがジミヘンで、それからスティーヴィー・レイ・ヴォーンやジャニス・ジョプリンとブルースへ傾倒していた時期が長くて。それから日本やアメリカのポップスからテクノまでとバラバラだったんで。

—ぶっちゃけ、ジミヘンはすごい意外でした。って、みんなに言われていそうですけど?

金木:良く言われます(笑)。でも、たまにバンド・セットのライブでストラトを弾き倒すこともありますよ。

—おお!じゃあ、次の大阪と東京のワンマンライブで観れるかも?

金木:まだちゃんと決めてないですけど、『最終兵器』の曲はエレキを持ちたいなって思ってます。ただ、CD発売前からバンドのライブでやり始めてるんですけど、結構”散らかっちゃう”んですよ。曲の展開や順番を模索中で、どうしようかと(笑)。

—(笑)。でも、過去の楽曲たちとの作用がうまく働くことで、ある意味『最終兵器』と銘打った1つの答えが出せる気もしますし、混ざり合うことで、その過去の曲たちも引き上げられると思うんですよね。

金木:ああ、なるほど。初めて言われた視点でそこまで考えていなかったですけど、1stの曲、まだ音源化されていない曲、そして今回の2ndがあるので、色んな金木和也が見せられるとは思いますね。

—バンドセットに期待をしつつ、最後にぶっきら棒な質問ですけど、上京はされないんですか?

金木: 10代の頃からライブで来てるし、好きな街なんですけど、滋賀も好きで(笑)。今、行き来していて不自由がないんですよね。そういうタイミングがあれば、いつでもとは思いますけど。

—タイミングですね。それこそ、滋賀にいなければ「東京」は生まれなかったでしょうし、住んだ後の「東京2」に期待したいですけどね(笑)。

金木:そうですね(笑)。それこそ、クボさんがメレンゲで上京前に「東京」って曲を作られてるんですけど、上京後に作られた「東京にいる理由」は、滋賀に住んでる俺には作れないんで、もし住むことがあったらチャレンジしたいですね。

—魅力の1つでもある”遊び”というか”面白さ”は、無理に上京しなくても出まくってますからね。ブックレットに、散髪してる写真を載せるアーティストも、なかなかいないですもん。

金木:それは謎ですよね(笑)。アーティスト写真を撮影する朝に髪を切ったんですけど、そのシーンなんです(笑)。いくつかの候補があったんですけど、その全てにこの写真が載ってたんで「あ、これはもう決定なんやな」って。

—イチ押し写真(笑)。ということで、ブックレットは必見ですよ。

金木:無心の表情ですけどね(笑)。表紙の猫も、単純に猫が好きで実際に飼っているんですけど、その2匹の猫は俺とクボさんを表してるんです。『最終兵器』というタイトルは、俺の中でクボケンジを呼んだことでもあるんで。

—あ、それを最初に伺えば良かったですね(苦笑)。『最終兵器』を手にとってもらいつつ、金木和也のライブを楽しみにしていて欲しいですね。

金木:はい。俺も普段は静かで、1人で過ごすことが多いんですけど、音楽をしてるときは人と繋がってナンボなんで、こうやって話したり、ライブをすると元気をもらえるので、ライブが楽しみですね。


取材:2016.02.06
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji

リリース

最終兵器

2016年2月3日 (水)発売
LNCM-1131 / ¥1,389+税
HMVから購入
TOWER RECORDSから購入
Amazonから購入

01. ダンシャリーナ
02. 恋に恋して
03. やんなっちゃうな
04. 恋ならいいのに
05. 東京
06. 声
☆HMV(HMV店舗、ローチケHMV)オリジナル特典 ⇒金木和也本人が描き下ろした猫のイラストの缶バッジ(直径約32mm)
☆TOWER RECORDS オリジナル特典 ⇒ステッカー

【ライブ】

<<『最終兵器』リリース記念 ミニライブ(観覧自由)&サイン会>>
・2016年2月14日(日)15:00スタート / HMV三宮VIVRE
・2016年2月27日(土)13:00スタート / HMVイオンモール水戸内原

<<『金木和也ツアー2016「最終兵器なんかではなくて 大阪編」』>>
・2016年4月24日(日)  大阪 阿倍野ROCKTOWN
開場/開演 17:00/17:30

<<『金木和也ツアー2016「最終兵器なんかではなくて 東京編」』>>
・2016年5月6日(金)  東京 shibuya eggman
開場/開演 18:30/19:00

【アーティスト情報】
WEB http://kanekikazuya.com/
Twitter https://twitter.com/Kaneki_Official