BAEOQUE インタビューvol.48

—キーワードとしては”人の童心を描く”(圭)

—「PLANETARY SECRET」リリースから約1年半、そして昨年末の渋谷VISION公演での初披露から約1年を経て、今回の新曲「GIRL」がリリースとなります。アルバムで描かれていた世界には、象徴的な宇宙の”陰と陽”を感じていたのですが、「GIRL」はその”陽”の部分がとても反映されていてますよね。

圭:そうですね。そもそも宇宙や星、夜というテーマで「PLANETARY SECRET」を作って、そこには僕らの根源的なものから、人生観や哲学まで描かれていて。謂わば、1人で夜空を眺めて想いを馳せるようなアルバムじゃないですか。だからこそ、次はその夜が明けた世界を描きたいなと思ってて。キーワードとしては”人の童心を描く”というのがあって、聴いた人が男性だったら少年に返るだとか、女性だったら女の子に返せるようなアルバムにしたいという。「GIRL」はその中で、アルバムの軸になる少女の部分を描いた曲となります。

怜:曲の時点で”GIRL”っていうテーマがあったから、そこに向かってく言葉を生んでいきましたね。始めは日本語だと恥ずかしいくらいだし、その日本語が良いのかすらもわかんなくて。だけど、それくらい素直に届けないといけない曲だと思ったし、だったら全世界の誰にでも届くことにチャレンジして”どんな人でも少女に返せるような歌詞に”というところから、英語にしましたね。

—なるほど。メロディに対して、英語でなければ乗らなかったというよりは、より多くの人へ届ける術が、たまたま英語だったという。

怜:そうそう。どっちの方がより届くのかをすごく考えましたね。

—その中で少女に返す言葉を紡いでいくには、怜さんの経験では難しいじゃないですか(笑)。

怜:そう(笑)。自分の経験ではないですけど、強く相手のことを想って書いてる。だから、シーンの切り取り方とかも日本語で書いて、そこから生まれたキーワードを英語に変えていく形でした。

圭:すごく難しくて、これは結構悩みましたね。

─英語にするとこうだけど日本語だとこう伝えたいし、どうメロディに乗っけていくのみたいな?

怜:英語と日本語の乗りやすさって、メロの段階から分かるんですけど、これは確実に英語っぽいメロディだったんですよね。日本語にもできたんだけど、すごくメロディも減るとか色々考え方があって。曲をもらった後に「こういうシーンが見えるんだけど、日本語だともしかしたら…」って、かなり圭に相談した。

─その相談ではないですけど、今回はプロデューサーにKen(L’Arc〜en〜Ciel)さんを迎えられましたが、今伺った試行錯誤は、Kenさんにお願いされる前のことですか?

圭:そうです。Kenさんとは元々面識はあったんですけど、そもそもの出会いはKenさんがBAROQUEを聴いて興味を持っていただいてて。去年の12月31日にライブ・イベントがあったんですけど、それを観に来てくれて話したのがきっかけですね。

─当然、まだ何かを依頼するという話もなく?

圭:ないですね。ただ、そのライブの次の日、元旦だったんですけど電話がきて、2時間くらい「ライブを観て思ったんだけど、BAROQUEはこれからどういう方向に進みたいの?」って聞かれたりしてて。それからアイデアをもらったり、色々と話をしてくれるという関係が何ヶ月か続いてました。その間にも、動画を観たりとか音源を深く聴いてくれたりとか、BAROQUEのことをあまりにも詳しくなり過ぎていて(笑)。

─(笑)。

圭:そこまでメンバー以外に言ってくれる人は今まで居なかったので、だったら「1度やってみませんか?」と持ちかけて。

─タッグを組まれるべくして組まれた感じですね。

圭:何か、良いきっかけが欲しかったこともあります。僕らが2人になってのセカンド・アルバム前だったんで、やりたいことは既に自分たちでわかっているけど、色々と方法を悩んでる部分もあったし、自分でもプロデューサーをつけるの初めてなんで、やってみようかなって。

─そこでKenさんと組むことで、自分たちが描いていたもの以上になったのものとは?

怜:1番プロデュースして頂いてデカかったのは、その曲の細かいニュアンスまで見た上で、本来の自分をうまく引き出してくれたところですね。ゴールは一緒なんですけど、全て英詞で書いていったところに「もしかしたら、この部分は日本語の歌詞の方が届きやすいんじゃない?もっと幅広くできるんじゃない?」という提案があって。それを試して歌ってみようと思って、英詞バージョンと、英詞に日本語が混ざったバージョンを試したりとか。最終的には最初のものになったんだけど、そういうことを経たからこそ見えたものとかあるし。

—改めて今回向き合うことで輝いた(怜)

─より、英語での説得力や納得感みたいなものの必要性を怜さん自身でも改めて感じられたり?

怜:英語でどんなニュアンスをつけたら、より伝わるんだろうって、英語のアドバイザーとKenさんがタッグを組んで、一緒にディレクションしてもらったり。当然のことなんだけど、より深く伝えるためにはただ歌うだけじゃダメで、どう追求していくかっていうことの重要さを改めて知った良いきっかけでしたね。

圭:Kenさんは、楽曲のテーマをどれだけ伝えるかというところにすごくストイックだから、ギターの演奏面にも出てて…それで改めて今回感じたのは、予想以上に自分自身が頑固だなって(笑)。

怜:(笑)。

圭:「GIRL」は既にもう完成していた楽曲だったし、ライブで演っていた。ただ、Kenさんに入ってもらうからには、思いつくアイデアを試してみようって全然違うアレンジしてみたりとか、Kenさんが思いつくフレーズをそのまま弾いてみたりした。でも、作ったときに”これだ”っていう形からあまり離れられなくて結果、最初からあった形に戻りました。その人が持ってる節とか感性があるから、ただフレーズをコピーしても、その人以上にならないなっていう(笑)。

─テクニック云々ではない、個性の部分の話ですね。

圭:Kenさんが弾いたものをそのまま弾いても、Kenさん以上にならない。感性の問題というか、それが出てきた人が弾くのが1番だし、俺のフレーズは俺でしか表現できないというか。それが当然なんだなって分かったし、そこの違いが如実に表れて面白かったですね。ただ、その人らしいフレーズを何処まで届けるかとか、初めて聴いた人にも爪痕を残せるかっていう部分で、Kenさんの感性や伝え方がすごく勉強になりましたね。実際、Kenさんとすごく話して「BAROQUEという個性を伝えるためには、どうしたらいいのか?」ということを真剣にお互い考えたし、そうやって磨かれた結果として残ったのがこれだったんで。俺たちもKenさんが居なかったら、絶対にここまで出来なかったし、見つけた個性というものもあって、本当に勉強になりました。

怜:歌い方とかもそう。本来こういう歌い方してたけど、ちょっとこれ違うんじゃないかなって思ってたところとか、改めて今回向き合うことで輝いたり。長い時間、Kenさんと一緒にいて急に空いた時間に1時間くらい話したりとか、そういう積み重ねがあったからこそだと思ってます。

─「GIRL」でより自分たち自身の個性が明確になったでしょうし、その輝かせ方や届け方も含めて、すごく腹落ちしている状態なんでしょうね。

圭:本当に良かったですね。そもそもKenさんをものすごく尊敬してますし、間違いなく最高の音楽を作ってきてる人なので、そういう人と一緒に同じ目線でやれたのがデカかったですね。

—そうやって制作された楽曲とともに、先行してMVも公開されましたけれど、ぶっちゃけ「PLANETARY SECRET」の後だっので…

圭:ビックリしました?「GIRL」に関して何を伝えたいかって言うと、アルバムの話と一緒で聴いた人・女性を3歳であっても80歳であっても、心の中にある少女に戻したいっていうテーマがあったんで。で、音楽もそれに則ってて、PVもそういう作品にしたいなっていう。今回、スタイリストやカメラマンに女性スタッフが多くて、彼女たちの意見を聞きながらやりましたね。俺たちのカッコ良い姿を見せたいというよりも、何かある意味カッコ悪くて絶対やらないようなことを見せた方が、俺たちが伝えたいことがより伝わるんじゃないかと思ったんですよね。少し前だったら、やらなかったと思うんですけど(笑)。

—何か振り切ってやっていますよね。それこそ、バンド結成時くらいに逆にやってそうな感じもするんですけど(笑)。

圭:そうですね。元々持っていた部分でもあるんです。言ってしまえば、BAROQUEってすごく若いときにデビューをして、アイドル視されてた部分があったというか…。それが自分たち的にはコンプレックスで、音楽を聴いて評価して欲しかったから、割とそういうのを封印してて。でも「PLANETARY SECRET」っていう僕らの核が出来たことで、もう大丈夫だと思えたというか。あの夜の世界から明けて「GIRL」が生まれた今、この曲で伝えたいことを伝える為には、自分たちが元々持っていたそういう個性が必要な気がしたんですよね。

—確かに「PLANETARY SECRET」はふとしたときに聴ける音楽であったり、そこに夜というキーワードもあるとしたら、「GIRL」はもっと日常にある、常に現実の傍にいてくれるイメージがあるんですよね。

圭:そうですね。「PLANETARY SECRET」の世界にずっといたら1人じゃないですか。でも、人間社会ってそうじゃないし、やっぱり現実があっての世界だから、次のアルバムはその現実に放ちたいと思ってるんですね。現実で輝く、役立つものにしたいというアルバムで、それが今のBAROQUEのハードルなんでしょうね。

怜:2枚目でそれをやりたいって、ずっと言ってるよね。

圭:うん。それができたときに、BAROQUEってもっと大きなものになると思うし、自分たちが想像してる世界にいけるんじゃないかなって。

—音楽やライブに自信を持ってる(圭)

—因みにそのアルバムの進捗状況というのは?

圭:絶賛、戦ってますね(笑)。ただある意味、仕切り直しになってます。当初は直ぐに次のアルバムを出そうとしてたんですけど、そのときの状況的にそのままでは満足な環境でレコーディング出来なかったり、直ぐに出しても多くの人の耳には届かないんじゃないかという状況で。それがKenさんとの出会いもそうだし、シングルで出すつもりはなかった「GIRL」をシングルにするという事で、色々と流れが変わってきました。やっぱり自分たちの中では、次のアルバムを沢山の人に聴いてもらいたいという思いがあるので一度フラットにして、1番ベストなタイミングでリリース出来たらと思ってます。ただ無理してやってることや活動は1つもないです。「PLANETARY SECRET」を出すときに、この先自分が納得出来ない事は絶対にやらないと決めたんで、そこは何1つ変わってないですね。

─確かに邪念はないし、そういう気持ちで決して作れない音楽を鳴らしていますよ。

怜:うん。

圭:過去、俺たちにもそういった時期があったんですよ(笑)。それで苦労したこともあるし。

—逆にそうやって経験してきたからこそ、今のBAROQUEの必要なものは何なんだろうっていう結果でもあるし、その選択肢に嘘や邪念がないからだと思います。

圭:そうですね。あと、大きく昔と違うのが音楽やライブに自信を持ってるんですね。

怜:そうだね。

圭:これが少しでも中途半端で、まだ音楽にコンプレックス持ってたりとか、別アーティストと並べたときに俺らが劣ってるなって思ったら、逆に出来なかった作品だと思うんです。

怜:出来なかったと思う。

圭:もしかしたら、観る人が観たらアイドルみたいなビデオと思われても仕方ないと思う。でも、ライブ来たら他と比べるわけじゃないですけど、絶対に良い音楽や演奏をしてる自信があるから何と言われても全然気にならないし、そのビデオで喜んでくれる人がいるなら嬉しいって思う。

─それこそ「GIRL」をきっかけに、12月に開催される「PARFECT WORLD」でBAROQUEを初体験してくれる人も多いと思いますし、そこで絶対的な音楽を感じてもらいたいですよね。

圭:そうですね。特に「PARFECT WORLD」は次のアルバムテーマに近い、童心を描きたいというのがあって。

—そういう意味では「PLANETARY SECRET」は誕生みたいなもの?

圭:そうかも。次のアルバムが、生まれたあとや子供の頃の世界なので。「PARFECT WORLD」のアートワーク・イメージを観て、何を感じるかは人それぞれだと思うんですけど、俺がいいなと思ってるのが、これが男の子なのか女の子なのかわかんないという所と、その人それぞれの個性で見える世界があって、それを信じたときにその人にとっての完璧な世界が見えるんじゃないかなって。だから、BAROQUEの音楽で思ってるのは、別に無いものを与えるというよりは、自分たちのそれぞれの中にある、心の中に輝いているものを引き出したり気づかせてあげたいんです。このイメージに関してはそういうコンセプトだし、次のアルバムや「PLANETARY SECRET」もそうなんです。

怜:そうだね。

圭:共通してるんです。「GIRL」も、聴いた人にとって全然ないものをただ渡されるんじゃなく、その人の中で1番大事なものとか、根本を思い出させてくれるものであって欲しいし。

—その「PARFECT WORLD」では1つの変化というか、TOKIEさん・かどしゅんたろうさんという、BAROQUEになくてはならないサポート・メンバーの存在がありながらも、今回は中西智子さん・KENZOさんの布陣で望まれます。

怜:そうです。僕らとしては、何かが大きく変わったかというと変わってないんですけど、やっぱりメンバー2人なんで、良くも悪くもサポートに依存しちゃいけないなとは思ってて。

圭:そうだね。

怜:ずっと言ってたんですけど、やっぱり正式メンバーじゃないから”この人が居ないとダメになっちゃう”だと、その時点で成立しなくなっちゃうんで。良い意味で、誰と演っても2人が成立するようにしないとなって。

─それだけ2人が強固だよという事実でもあると思うんです。

怜:そうしないといけないということです。例えばB’zって2人組ですけど、誰と演ってもB’zっていう印象が変わらないと思うんですよね。

─なるほど。但し、その中でもある程度の選定基準みたいなものが、BAROQUEの2人にはありますよね?

圭:ある意味、誰であるかの人選は気をつけてますね。与える印象が変わらないようにしないといけないし。

—妥協しなくていい(怜)

怜:そうだね。そもそもの僕たちは、もう変わらないというか。それであれば、そういう人たちが入ることによって、もしかしたらこの2人が良く見えるかもしれないしね。

圭:俺もそう思ってる。

—2人がBAROQUEとして成立するために、敢えてサポートを固定する訳ではないと。

圭:まぁ、そもそも其々のスケジュールの問題がありますからね。それに対応しなきゃいけないんです。今回「PARTY ZOO」というイベントで全国5ヶ所を周ったんですけど、前半はTOKIEさんで、後半はシドの明希と演ったんです。バンドとしてはかなりスタイルが変わったんですけど、お客さんに与えるものの根本は結構一緒だったかなと思ってて。そういうのが一つできたんで、自分たちにも自信にもなりましたね。

怜:その通りだと思います。核がしっかりした上で、サポートチームとして助けてもらってより良いものにできたらって思ってて。僕は何も心配してないかな。

─BAROQUE自身のステータスというか、怜さん・圭さんからの会話がすごくポジティブですよね。

怜:すごく外に向いてるなとは思いますね。心は開けてるし。

圭:そうですね。意外に思われるかもしれないんですけど、最初の目標ややりたいことってのは、もう「PLANETARY SECRET」で見えてるんですね。だからこうなるってわかってたし、それはずっと話してて。

怜:これ、本当に冗談じゃなくて。最初から全部段階を追って、こういう世界観のアルバムを圭が作るとか、バンドはこうなるとか、全部話してるよね。

圭:そうだね。

怜:ただ、どうやってそこに行くかは分からないから、それはそのときの流れに従ったりとか。

圭:シングルもそうだったしね。結果オーライで、最後に思ってる所にたどり着いてる。

—だからこそ、「PLANETARY SECRET」に今のBAROQUEが詰まっているわけですしね。それは同時に、「GIRL」が入り口の人にも聴かせたい・聴きたくなるものでもあります。

圭:「PARTY ZOO」に出た後に、PLANETARY SECRET」がすごい売れててビックリしました。

怜:今仰ってくれた言葉ですよね。「GIRL」がきっかけで根本に触れてくれてるというか。

─今のBAROQUEにはそういう実力という音楽の武器があるし、「GIRL」のMVのように以前には敬遠した方法ですら、全て武器に変えられるブレない核が形成されたからだと思うんですよね。

圭:Kenさんに気付かせてもらったのは「このフタ開けたら、君らのやりたいことって全部叶うんじゃないの?今の音楽と、昔持ってた武器を足したら出来るんじゃないの?」ってことかも。

怜:歌に対しても同じように言われましたね。

圭:行きたいところが見えてても、実は自分たちで気づかなかった部分だったんですよね。

─頑なに抵抗していた訳ではないと思いますし、過去に掴んだ成功も1つの武器だとしたら、逆にその違う形での武器を持って成功したい気持ちもあったと思います。でも、それらの事柄を超越する自信が今のBAROQUEにあって、実はそれが最大の武器なのかもしれないですね。

圭:その通りだと思います。

怜:その武器が、今自分たちの手元にあって。どんなフタを開けたとしても、それは変わらないから。それは歌ってても思うし、それを開けてた方がより自分になると思うし。

圭:1つ1つ扉を開いて、今が1番良い状態なのかな。

─だからこそ、早くライブを観て欲しいですよね。

圭:そう思います。今って、やっと自分たちの武器が出揃った感じがあるんですよね。あとはそれを磨いていくだけかなって。ライブに関しては、全ての武器があった方が良い。音が最高に良くて、歌が最高に上手くて、演奏も最高に上手くて、メンバーも最高にカッコ良くて、演出も最高で。それが1番で自分たちの究極を求めたいし、妥協はしたくない。

怜:妥協しなくていいんだよ。

圭:うん(笑)。自分もそういう感動をもらったんで、やっぱり突き詰めて作りたいですよね。今回は、今まで応援してくれた人プラス、初めて来てくれる人も多いと思うんで、大切な時間にしたいですね。


取材:2015.10.17
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji

リリース

NEW SINGLE
G I R L
2016/10/26 Release
<初回限定盤>PGSK-007/008 (CD2曲+DVD) ¥1,800+税 ※紙ジャケット仕様
<通常盤> PGSK-009 (CD3曲) ¥1,200+税
Manufactured by sun-krad Co., Ltd.  Distributed by FWD Inc.

G I R L (初回限定盤)

BAROQUE SPECIAL FILMING LIVE FOR BLU-RAY DISC
OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT [Moon]
2015/08/12 Release
<通販限定盤>【数量限定】 (Blu-ray+DVD+CD) ※特殊パッケージ仕様
PGSK-003〜5 ¥8,200 (税込)
Manufactured & Distributed by FWD Inc.

<一般流通盤> SFXD-0016 ¥5,800+税込
Manufactured by FIREWALL DIV. Distributed by Sony Music Marketing Inc.

ALBUM
PLANETARY SECRET
NOW ON SALE
<一般流通盤> (CDのみ)
SFCD-0155 ¥3,000+税
Manufactured by FIREWALL DIV.  Distributed by Sony Music Marketing Inc.

ライヴ

PERFECT WORLD

■2016/12/25(sun) TOKYO SHIBYA WWW X
OPEN 17:15 / START 18:00
<LIVE MEMBERS>
BAROQUE Vocal 怜 / Guitar 圭
Support Members Bass 中西 智子 / Drums KENZO
info. NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:00~18:00)
チケット料金 スタンディング ¥5,400(ドリンク別)
チケット一般発売日:10/29(sat) 10:00~
【ticket info.】
・ローソンチケット 0570-084-003 (L:74536)
・ぴあ 0570-02-9999 (P:312-833)
・イープラスhttp://eplus.jp

【アーティスト情報】

Web http://www.pigmy.jp/
Twitter https://twitter.com/baroqueofficial
YouTube https://www.youtube.com/c/BAROQUEofficial