J インタビューvol.50

ソロデビュー20周年を刻んだベストアルバム「J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017> W.U.M.F.」をリリースするJ。過去・現在・未来を繋ぐこのアルバムに込めた想いをJ自身に語ってもらった。

—「J 2016 LIVE 10 days of GLORY -10 Counts for Destruction-」開催前に伺った際、「20周年に向けて、何かを壊して、また新しいものを生んでいける様なツアーでありたい」とお話いただいていましたが、「放火魔 大暴年会」まで、Jさん自身にかなりの刺激をもたらしてくれたのでは?

J:まさにその通りで、色んなバンドと一緒にライブをやらせてもらって、そのまま年末を迎えたわけなんですけど、彼らから刺激を貰うことによって、やる以前の自分とは確実に違っている気がするんだよね。キャリアも一切関係なく、色んなタイプの音楽を奏でるバンドと、ひとつのステージの上で本気でお互いにライブをやるというのは、純粋にいちミュージシャンとしての力量が問われるし、”今の自分”が見えてくる。そういう意味でも、この対バンツアーによって得られたものは大きかったし、自分の経験値としても、次のステージに向かえるようなエネルギーになってると思います。

—その「次のステージへ向けて」というのが、20周年の節目になっていて、且つ「J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017> W.U.M.F.」のリリースが控えている状況でした。ツアーと並行して、ファンからの”リクエスト応募”も展開されていましたね。

J:うん。今年でソロを始めて20周年、そんな年への加速レーンというか、そういったライブの連続が「J 2016 LIVE 10 days of GLORY -10 Counts for Destruction-」だったわけで。そんな中、今回のアルバムはファンの皆からのリクエストで曲を決めていくことにしたんだけど、俺にとっても初めての試みだったし、気にもなってたから色々とチェックはしてたんだけど(笑)。本当に色んな曲がピックアップされてたし、色んな時代の俺自身の曲、もっと言うと”俺自身”が網羅されてたから、純粋にすごいアルバムになりそうだなって。なんかね、自分自身が自分のことを1番良くわかってなかったりするじゃない?

—そうですね(笑)。自分自身への先入観や色眼鏡がどうしても入ってしまいがちですし、寧ろ、ファンの皆さんからの反応が、かえってリアルに映りますよね。

J:そう。LUNA SEAからもそうだし、ソロが始まってからのこの20年間もそうだしね。もっと言うと、LUNA SEAを生で見たことないような皆んなからも、本当に色んな曲を選んでもらったからこそ、出来たアルバムなんだよね。それは、まさに俺自身の今ってものを映したアルバムになってるんじゃないのかな。

—実際、過去に2枚のベストアルバムをリリースされていますが、それとは違う”Jさん自身の今”という観点からも、新曲「one reason」はすごく必然的でありながらも、ごく自然に収録された気がしています。

J:ベストアルバムというのは、簡単に言ってしまえば自分の過去を集めたアルバムになる訳だよね。でも、俺自身は未だに渦中なわけだし、それだけじゃ何か面白くないなって。どうせ作るんであれば、今までもベストアルバムを作ってきたけど、それとは全然違った熱を放つものにしたかったし、過去と今と未来を繋げるアルバムになったらいいなと。そう思ったときに、今の俺が書く新しい曲で、しかもこの20周年ってものに対する想いが刻み付けられたものを収録したかったんだよね。

—”いつまでも終わる事のない”という一節に、常に”終わり”と隣り合わせでいるJさんが、それでも開きたい景色だということを想起させられましたし、その想いの濃さが音にも表れていると感じました。

J:そうだね、今の俺自身が鳴らすべき音というか…。当然ね、97年から始まったソロアルバムの中で、それのどれとも違うんだけど、それのどれとも似てるという音であって欲しいなと思ったんだよね。ずっと俺自身が鳴らしてきた音が、今ここに辿り着いた。で、「ここから先も続いていくんだ」というベクトルでいるからこそ、前を向いてる曲であって欲しかったし。そこには、今の俺が燃えられるフレーズやビート、そして歌の内容であったりが、濃ければ濃いほど良いし、そうじゃなきゃいけないんだろうなと思いながら作ってたんだ。

—そう伺うと、新曲「one reason」が収録されることで、ベスト・アルバムのたがが外れて、より最新アルバムと定義できるものになったと思えましたし、加えて「ACROSS THE NIGHT」のリ・レコーディング、「Sixteen」「GO with the Devil」「Evoke the world」「Heaven」「Graceful days」「Tomorrow」のニュー・ヴォーカル・ヴァージョンと、所謂、ベスト・アルバム特有の違和感みたいなものが皆無だったんですよね。

J:それは自分でもすごく望んでたことなんだ。例えばレコーディングした時代も違えば、そのレコーディングした背景も違う。そんな20年間をひとつに纏めるって、すごく大変なことだったりするでしょ?で、実際に昔の曲たちでも「今の俺だったら、こう表現するのにな」って思う曲も、たくさんあったのも事実だった。だからこそ、その中で何曲かピック・アップして歌い直すことで、”今の俺”ってものを表現できたと思ったし、そして「PYROMANIA」のリクエスト投票1位だった「ACROSS THE NIGHT」については、全てのテイクを録り直したんだ。

—過去の曲たちではあるけれど、そうやってレコーディングをすることで、Jさん自身もこのアルバムを楽しめていけるし、何より楽曲を”過去”という存在のままで収録せずにすみますね。

J:そう。で、実は「ACROSS THE NIGHT」に関しては全てをを録り直したんだけど、昔の声やコーラス・テイクを使ってたりもするんだよね。

—過去と融合させたんですね!

J:まさにそう。俺自身がやろうとしたことは、過去を消しゴムで消すような作業ではなくて、その曲をさらに燃え上がらせるようなことをしたかったんだよね。ある人にそれを言ったらさ、「ものすごい面倒くさいことをしてるよね」って(笑)。

—確かに、現在進行形の表現だけなら録り直すだけで済みますが、混在させる作業も増えますよね(笑)。ただ、冒頭でおっしゃった”過去・現在・未来”というパッケージが、こういった要素でも表現できたんだなと。

J:結果的にね。ただ、俺自身は望んではいないけど、やり直すことによって勢いとか、そのときにあった情熱みたいなものが、消されてしまうこともあるからね。それでも、今の俺がその曲に対しての感覚というものにトライしないと、過去に留まってしまう作品になってしまうような気がしたんだ。もちろん、「ACROSS THE NIGHT」に関しては、今のメンバーで録り直すことで、ビルド・アップできると思っていたし、こう言ったら怒られるんだろうけど、もしそうならなかったら収録しないだけの話だから(笑)。そうやって臨んだ結果、やっぱり素晴らしいものになったし、97年のテイクと今現在のテイクと2つ持った自分は、楽しみが2つに増えた気がしているんだ。

—きっと比べるものではない分、ソロ活動をやり続けてきたからこその、自分自身へのギフトのような存在ですよね。

J:そうね。実際、俺自身の考えってそうだったから。

—今回の「J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017> W.U.M.F.」の在り方は、もしかしたら20周年の節目としてのみならず、いかに最新のJさんをみせるかという、オリジナル・アルバムに近い存在な気がします。

J:そういう意味ではそうかもしれないね。だからより、2017年の俺自身に近い場所にあるアルバムにしたいなって、本当に思ったんだ。

—その中、”WAKE UP MOTHER FUCKER”がとうとうタイトルに銘打たれました。

J:やっとね(笑)。

—往年のファンのみならずとも、「いつ使われるんだろう?」って思っていたと思うのですが(笑)。

J:そう?でもね、最初は全然違うアイデアが走ってて(笑)。それでも、俺自身でこの20年間やこのアルバムを思い返したときに、ふっと浮かんできた俺自身の何者でもない言葉だったんだよね。遠い昔にさ、ベースに殴り書きしたその言葉が独り歩きして…。今じゃ、俺のキャッチ・コピーみたいになっているところもあるし、今使わないでいつ使うんだろうって、提案させてもらったんだ。

—不思議ですよね。変な話、これまでにこの名をつけるタイミングがなかったかと思うと、あっても不自然ではない。それでも、このタイミングでJさん自身が浮かんだという。

J:そうね。誰が見ても「俺」ってタイトルをつけれたんじゃないかなって思うよ。

—もしかしたら深読みしすぎなのかもしれないんですけれど、「J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017> W.U.M.F.」に収められた楽曲たちは、ファンの皆さんが選んだものでもありますし、”WAKE UP MOTHER FUCKER”がふさわしいのも事実です。けれど、実はこれまでに作ってきた楽曲に、タイトルはそれぞれにあったとしても、”WAKE UP MOTHER FUCKER”と言うキーワードが、全てに込められていたんじゃないのかなとも思えます。

J:本当にそうだと思うな。俺自身が曲作りに向かうときとか、ステージに向かうとき、何かに挑戦するときにいつもその言葉があったと思うし。

—ライブの最後に「何があってもくたばんなよ!」というフレーズにも、立ち上がらせる想いが込められているはずですし。

J:自分を鼓舞する言葉かもしれないし、誰かに着火する言葉かもしれないし。そういう、いつも俺のそばにあったものだったと思うよ。

—ソロ活動の20年はもちろんのこと、LUNA SEA、ベースを持ったJさんから、ずっと続いているんでしょうね。しかも20年と軽々しく言ってますけど、その間には色々あったわけじゃないですか(笑)。

J:そうね(笑)。このタイミングで色々なインタビューを受けさせてもらってるんだけど、俺自身でも思い返してみると、色んなことをやって、その分色んなことがあって、ここまで来てるんだなって。俺の記憶でもそうだし、色んな資料を見ていても、気が遠くなるくらいの情報量だったりするよね。でも、全てがあったからこそこの場所にいて、このアルバムが存在して、そしてまた進んでいくエネルギーに変わっていくのかな、なんて思ったりしてるんだよね。「20年」って普通に言っても、成人式だもんね(笑)。

—Jさんが、普段は気にしないような言葉が出ましたけど(笑)。

J:ホントそうなんだよね(笑)。想像もしていなかった世界に突入しているし、そんなことを全然気にしないで来てしまった人間だったから。その度その度、全開でぶつかっていったテンションの先にあったもの、繋がっていった先にあったものだから。だからこそ、今回のアルバムは愛おしいし、本当に特別なものになるだろうな、なんて作りながら思ってたんだよね。

—この振り返ってみた20年という道程は、Jさん自身にとって「J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017> W.U.M.F.」がファンの皆んなの声で作られたように、結果としても良かったと思えますか?

J:そうね。本当にありがたいと思うよ。こういったインタビューもそうだし、記録として残っていくじゃない?当然、記憶の中には存在してるけど、音楽として残せるというのは色んなものを思い出させてくれるしね。今考えてみても、平坦な道ではなかった…それでも、最高の道程だったと、自分では思うんだよね。もっと言うと、最初はこのリクエスト形式、最初は少し乗り気じゃなかった部分も実際はあるんだ。

—えっそうなんですか?

J:そのタイミングでは、どうなるかの想像がつかなかったっていう意味でね。でも、俺にとっての20年でもあるけど、皆んなにとっての20年でもあるんだよ、と思ったのも事実だから。

—ああ、委ねてしまう以上、お互いの想いが交差するものかが、フタを開けてみないとわからない。

J:そうそう。でも考えれば考えるほど「そうするべきだ」って思う俺がいたんだよね。皆んなにとっての20年でもある以上、その皆んなが作り上げてくアルバムなんて、そうないわけだし。今回は何千何万っていうリクエストが、このアルバムを作り上げていったから、ものすごい熱を帯びてるし、想像以上の最高なものになったんだ。もし皆んなからリクエストがなかったら、俺1人が考えてた選曲だっただろうし、俺自身の感覚だけで作ってたものになっただろうから、視野がもっと狭かった気はするな。

—もしかしたら、再レコーディングへのプロセスに辿り着かなかったかもしれない?

J:しれないね。基本的には、自分の過去の音源を聴いたりしないから。やっぱり、レコーディングをずっとしている以上、良い思い出も悪い思い出も蘇ってしまう。レコーディング・ミックス作業が終わって、「良いのが出来た!」って思うのと同時に、「こういうことも出来た、ああいうことも出来た、こうなったらどうだったんだろうな、ああだったらどうだったんだろうな」って想いが芽生えてくる。そうなってくると、そのときに楽曲へ刻んだ想いがある以上、聴き返すのって苦痛も伴うから(笑)。

—(笑)。当たり前ながらも、”リリース”をした時点で、手元から放たれていった曲たちですし、Jさん自身がライヴで奏でることで得られる刺激のようにはいかないですよね。

J:そうだね。いつも思うのは、そこから先は皆んなが聴いてくれて、その曲が皆んなの想いで埋め尽くされたときに、曲って完成するんだろうなって思うから。

—だからこそ、今のメンバーで再レコーディングすることが、「J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017> W.U.M.F.」で活きることに繋がっていくんですね。

J:そうなんだよね。色んなことが作用して、色んなことがあった上で今の感覚がある訳じゃない?去年の自分は今ここに居ないわけだから。冒頭で話した通り、「J 2016 LIVE 10 days of GLORY -10 Counts for Destruction-」以前の自分の感覚と、それを終えた自分の感覚というのは全然違うわけだし。まさに今の自分だよね。

—しかも、ファンの皆さんのリクエストの仕方も、去年とは違っていたと思うんですよ。今のJさんで在るように、今の声というのが確実に反映されているのかなと。例を挙げると、「eternal flames」という最新アルバムからも漏れずに入るということ自体が、作り上げてきた時代を問わない楽曲を生み出してきたからこそだと思うんです。

J:そう言われるとありがたいね。俺自身も昔からずっと思ってたのは「いつでも風化しない曲をずっと作り続けていきたい」という思いがあって。いつ聴いたって熱くて、いつ聴いたってカッコよくて、いつ聴いたって心にグッと来る曲をずっと作り続けていきたいなと思っていたからね。こういうタイミングでにひとつにまとまって聴くと、少しはそういう形のものが作れていってるのかなと思うしね。

—しかも今回の届け方もJさんならではがあって。2枚組でよくあるのが“年代別”、今回のアプローチで言えば“投票順”という分け方があると思うんですが、Jさんの武器を見事に分けたアッパーチューンとメロウな楽曲で構成されました。

J:スタッフのアイデアだったんだよね。最近、CDの聴き方とかも人それぞれに変わってきてるじゃない?最初はそうしてしまうことが、かえってネガティブなことを生むのかな?なんて思ってたんだけど、よく考えてみたら面白いし、ライブをやってるように思えたし。そうやって、作品にコンセプトをつけること自体が、今までやってきたことがなかったから、自分にとってすごく刺激的だったんだよね。自分自身の音をずっと鳴らし続けてこれた結果、こういった形でアルバムを作ることができた。そこには、自分で自分に拍手を送りたいし、だからこそ、ここから先へ向かっていくエネルギーに変えていかないといけないなって、本当に思うんだよね。

—そしてこのリリースに際して、『BEST ALBUM <1997-2017> W.U.M.F.』発売記念インストアイベントが、bayfm「MOZAIKU NIGHT FRIDAY~J’s EDITION ROCK LINE~」の公開録音も兼ねた形で開催されます。

J:貴子さんとね。もう10年になる番組なんですけど、毎月濃いゲストたちに来てもらってて(笑)。まあ、今回のベストアルバムという作品の傾向もそうだし、皆んなで作り上げたものだから、より多くの人に触れてもらう機会を作りたいなと思ってね。

—加えて「J 20th ANNIVERSARY SPECIAL EXHIBITION -J MUSEUM W.U.M.F.-」もありますが、歴代ベースが約60本らしいですね。

J:そんなにあるんだ(笑)。よくESPは持ってたよね。ものすごい景色になるんじゃないですか(笑)。使っていたベースの歴史も観れるのは… 美術館にとんでもないモノが来たみたいなもんだよね(笑)。

—(笑)。Jさん自身でさえ、流石に一気に観たことはないんじゃないですか?

J:ないないない(笑)。俺自身もビックリだから。

—そして、全国ツアー「J 20th Anniversary Live Tour 2017 W.U.M.F.」が5月から開始されます。昨年10月のリクエストから始まり、長いお祭りの渦中にJさんはいるのかなと思うのですが?

J:ですね。実はまだ総括できない部分が多いんだけど、この20周年が充実しなければ、次には絶対進めないと思ってるのね。公開ラジオやESPのミュージアムもそうだし、2017年というアニバーサリー・イヤーをより、思いつく限りのことをぶっ放していきたいなって、本当に思うんだよね。その振れ幅の大きさが、これからの俺の未来を作っていくような気がするんだ。

—「J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017> W.U.M.F.」が、その扉を開く大切なピースなんでしょうね。こうして作り上げたこのアルバム、誰に1番聴かせたいですか?

J:…そうね。くさい話かも知れないけど、俺が楽器を持つ前、ロック・ミュージックを聴いて、バーンって撃ち抜かれちゃった俺に聴かせてみたいかな。

—そのくらい、ロックに撃ち抜かれた自分自身に、胸を張れるものが作れたという言い方も出来るということですね。

J:まあ、彼はそうやすやすとOKは出さないと思いますけどね(笑)。ただ俺自身で見据えた道、それを突っ走っていくことのヒントというか、そういうものになったら面白いよね。

—売れる・売れないとか全く関係なくして、続けることの難しさを知っている今のJさんが、その彼に「まだ続けろよ」って、言ってもらえるようなアルバムになったんじゃないかという気はしてるんですけど。

J:そうだね。ずっと俺は彼のOKが出るまでやり続けているような気もするし。逆にね、ロックから程遠い言葉だけど、やればやるほど、やり続けることに対しての「責任」っていうものを感じる。誰かから感じさせられてる訳じゃないけど、常にカッコよくありたいよねっていう思いは、昔以上に存在してるんだ。だから楽しいし、今回も純粋に楽しんでアルバムを作れたと思う。俺自身の全てが詰まったアルバムになったんで、ぜひ皆んなも難しいことを考えることなく、手にとって盛り上がって欲しいなと思いますね。


取材:2017.02.28
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji@classic0330
Photo:垂水佳菜

リリース

J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017>[W.U.M.F.]
http://avex.jp/j/20thbest/

J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017>[W.U.M.F.]

2CD CTCD-20062~3 3,800円+税Amazonから購入

2CD+DVD CTCD-20058~9/B
2CD+Blu-ray CTCD-20060~1/B
6,000円+税Amazonから購入

SPECIAL BOX SET※初回生産限定盤
2CD+DVD, BAND SCORE, PHOTO BOOK CTZD-20054~5/B
2CD+Blu-ray BAND SCORE, PHOTO BOOK CTZD-20056~7/B
12,000円+税Amazonから購入

ライヴ

J 20th Anniversary Live Tour 2017 W.U.M.F.

2017年5月5日(金祝) 大阪 BIGCAT OPEN 16:30 / START 17:30
INFO: YUMEBANCHI 06-6341-3525 チケット一般発売日 : 2017年2月25日(土)~

2017年5月13日(土) 高崎 club FLEEZ OPEN 17:30 / START 18:00
INFO: SOGO TOKYO 03-3405-9999 チケット一般発売日 : 2017年2月25日(土)~

2017年5月14日(日) 柏 PALOOZA OPEN 16:30 / START 17:00
INFO: SOGO TOKYO 03-3405-9999 チケット一般発売日 : 2017年2月25日(土)~

2017年5月21日(日) 札幌 cube garden OPEN 16:30 / START 17:00
INFO:WESS 011-614-9999 チケット一般発売日 : 2017年2月25日(土)~

2017年6月3日(土) 高松 DIME OPEN 17:30 / START 18:00
INFO:DUKE高松 087-822-2520 チケット一般発売日 : 2017年2月25日(土)~

2017年6月4日(日) 岡山 IMAGE OPEN 16:00 / START 16:30
NFO:HIGHERSELF 082-545-0082 チケット一般発売日 : 2017年2月25日(土)~

2017年6月10日(土) 金沢 AZ OPEN 17:30 / START 18:00
INFO: キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100 チケット一般発売日 : 2017年3月11日(土)~

2017年6月11日(日) 名古屋 CLUB QUATTRO OPEN 16:15 / START 17:00
INFO: サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 チケット一般発売日 : 2017年3月11日(土)~

2017年6月17日(土) 福岡 DRUM Be-1 OPEN 17:30 / START 18:00
INFO: キョードー西日本 092-714-0159 チケット一般発売日 : 2017年3月11日(土)~

2017年6月18日(日) 広島 CAVE-BE OPEN 16:00 / START 16:30
INFO:HIGHERSELF 082-545-0082 チケット一般発売日 : 2017年3月11日(土)~

2017年6月24日(土) 仙台 Rensa OPEN 15:15 / START 16:00
INFO: キョードー東北 022-217-7788 チケット一般発売日 : 2017年3月11日(土)~

2017年6月25日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI OPEN 16:00 / START 17:00
INFO: SOGO TOKYO 03-3405-9999 チケット一般発売日 : 2017年3月25日(土)~

チケット(税込/ドリンク代別):¥5,300
INFO: J オフィシャルサイト
http://www.j-wumf.com/
F.C.Pyro.NIGHT vo.14

2017年5月4日(木祝) 大阪 umeda AKASO OPEN 17:30 / START 18:00
2017年5月7日(日) 東京 恵比寿LIQUIDROOM OPEN 16:00 / START 17:00

チケット (税込 / ドリンク代別) : ¥4,800
※ファンクラブ会員限定公演のため、チケット一般発売はございません。
INFO: F.C.Pyro. 03-5759-1488(平日14:00~18:00)