a flood of circle再び4人へ!愛に溢れたアオキテツ正式加入式典!

度重なるメンバー交代を始め、ありとあらゆる死線をくぐり抜けてきたロックンロールバンド・a flood of circle。何があっても転がり続ける活動スタイルは、いつしかバンドの代名詞になった。それは彼らの勲章でもある一方で、いつまでも付きまとうレッテルだったことも否めない。だが、こんな前置きを書くのもこれが最後だ。a flood of circleのギタリストリレーに終始符を打つべく現れた男の名は、アオキテツ。サポートギターの一般公募によって選ばれた大阪出身の若きギタリストだ。オーディションで彼は「ここに骨を埋める気できた」と宣言したという。メンバーにとってもファンにとっても、嬉しい言葉だっただろう。だけど、半信半疑でもあったはずだ。少なくとも、私はそうだった。

それから約1年半。当初の心配を余所に、彼はa flood of circleの正式メンバーとなった。誰もがこの報せを待ちわびていたに違いない。ライヴを重ねる毎に大きくなるアオキへの声援や、4人で作るステージの強度が増すにつれ、彼の正式加入を願わずにはいられなかった。そんなメンバーやファンの想いが形になったのが「アオキテツ正式加入式典」なのだろう。サポートメンバーの正式加入が決まったからといって、こんなライヴを開催するバンドなんて聞いたことがない。だけど、とてもフラッドらしいなとも思う。そしてそんな公演をソールドアウトさせてしまう、彼らのファンもまた然り。再び4人になったa flood of circleの門出は、愛に溢れた夜だった。

1曲目の「Blood&Bones」からバンドサウンドが一塊となって迫りくる。“4人の音”が既に出来上がっていることをアピールするには十分すぎる滑り出しだ。続く「Lightning」では、体の芯に響く重たいグルーヴと、闇を切り裂くように鮮烈なアオキのギターのコントラストで魅せる。そして観客を驚かせたのは、今となってはレア中のレア、インディーズ期のファーストアルバムの収録曲「ガラパゴス」の演奏だった。選曲をしたのはなんと、アオキ。これでまたひとつ株を上げたに違いない。「渋谷!ロックンロールの準備はできてるか!」と佐々木がフロアを焚き付けて始めた「Rex Girl」ではHISAYOがあだっぽい歌声を披露すると、熱狂がさらに加速する。かつてはどうしても佐々木という圧倒的なフロントマンの色が濃いバンドだったが、最近はどんどんメンバーの個が際立ってきた。その背景にあるのはやはり、この日の主役の存在だろう。

中盤に差し掛かったところで「俺の大好きなロックンローラーたちに、俺の大好きなギタリストを紹介するよ」と、佐々木亮介(Vo, Gt)がコール。それを受けたアオキがステージ中央に踊り出てタイトルを叫び「King Cobra Twist」を始める。ステージ上手でアオキのマイクを使いながら歌う佐々木の顔は、弟の活躍を見守る兄貴そのもの。「行ってこいテツ!」と、佐々木からの愛のムチを受けたアオキがこれでもか!と体を反らしてギターを弾き倒すと、フロアからは彼を讃える歓声が沸き起こる。しかし、彼がギタリストとしての真骨頂を見せつけたのは、その後のジャムセッションだった。

佐々木とアオキが向かい合ってギターを鳴らし、リズム隊が呼吸を合わせる。予定調和ではない生々しいグルーヴが心地よい緊張感を会場にもたらす中、観客たちの耳目を独り占めしたのがアオキによるギターソロだった。刃物のような鋭さと、聴く者の懐にあっという間に入り込む人懐っこさで、観客たちを沸かせてゆく。彼のギターを聴くといつも、アオキテツという人物がそのまま音になったようだ、と思う。ナニワのヤンキー然とした出で立ちながら、今やバンドの弟分としてすっかり愛されキャラが定着している。そんな憎めなさと、やんちゃさが彼のプレイに表れているのだろう。ソロが終わるや否や、熱烈なテツコールがフロアから次々と飛んでくる。「最近のロックバンドの中では一番長いギターソロを決めてくれたと思う」と佐々木も絶賛。そしていよいよライヴは後半戦へと突入する。

「さっき楽屋で聞いたんだけどさ」とおもむろにアオキが口を開く。その続きはこうだった。なんとa flood of circleは正式メンバー4人でワンマンライヴを開催するのは、この日で3度目だという。しかも1度はデビュー前、2度目は学園際とのことだ。この事実には観客たちも驚いた表情を見せたが、アオキが「少なくね?」とツッコミを入れるとたちまち笑いが巻き起こった。冒頭にも書いた通り、逆境を生き抜いてきたバンドだと思っていたが、この事実は衝撃的だった。しかし佐々木は「攻めが最大の防御だと思ってる」と語る。だからこそ、今まで一度たりとも守ったことはないのだ、と。そして「Where Is My Freedom」ではその‟攻めの姿勢”を体現して見せる。マイクスタンドを後ろに退けて、ハンドマイクになった佐々木はステージを縦横無尽に練り歩きながらラップを披露すると、そのままフロアへ乗り込んだ。佐々木めがけて一斉に押し寄せる観客と、揉まれながらもマイクを握りしめ熱唱する佐々木。その関係性はファンとミュージシャンのそれではなく、互いにロックンロール魂をぶつけあうファイター同士に近いものがあった。ラストは佐々木が観客の上に倒れ込んで終了。ステージの定位置につくまで、健闘を称える歓声と拍手が贈られ続けたのだった。

アオキの鮮烈なギターと、重たく刻まれる渡邊一丘によるドラムのビートで始まるストレートなロックナンバー「Boy」ではダイバー数がこの日最多となり、盟友UNISON SQUARE GARDEN田淵プロデュースの「ミッドナイト・クローラー」、「シーガル」と狂騒必死のキラーチューンが続き、ラストは「プシケ」。メンバー紹介曲としてお馴染みのこの曲で締め括ったのは、彼らなりの歓迎の証なのだろう。サポート時代も幾度となくこの曲で紹介されてきたアオキだが、やはりこの日の「ギター!アオキテツ!」は特別なものだったに違いない。

そしてアンコールで佐々木はフラッドについてこんなことを言っていた。「チャックベリーからしたら全然ロックンロールバンドじゃないだろうって言われると思うし、どんなにラップが好きで歌ってもラッパーの人たちには認められないと思う」、と。それでも自分たちのやりたいことを貫く。それも佐々木の言う”攻めの姿勢”なのだろう。彼らを観ていて、バンドというのは空っぽのパソコンと同じなんだな、と思った。中にどんなソフトを入れるかで無限の可能性が生まれるからだ。そのソフトは楽曲でありメンバーであり環境でありと様々だろう。a flood of circleは常にそのソフトをアップデートしたり入れ替えたりしながら、進化を遂げてきたのだ。「テツが入ったからよかったね」っていう気持ちはない、と佐々木は言う。大いに歓迎はするが、あくまでバンドとしては新たな一歩を踏み出したに過ぎないということなのだろう。きっとこのバンドは完成することはない。でもそれでいい。それが正しい。

フラッドは今、確実に円へと近づいている。あちこちにぶつけまくったせいで多少の凸凹では消えないだろう。でも、だからこそ、彼らにはa flood of circleというバンド名が相応しい。「アオキテツ正式加入式典」という名目ながら、先日発売された彼らの最新アルバムがなぜセルフタイトルだったのか、その答えまで見えた1日だった。


text:イシハラマイ
photo:新保勇樹