ドラマストア インタビュー

「君を主人公にする音楽」をコンセプトとした大阪発の正統派ポップ・バンド、ドラマストア。そのVo/Gtである長谷川 海は驚くほど純粋で、1点の曇りのない自信に満ち溢れている。ドラマストアの音楽を形成する要素、そして『白紙台本』に込められたものとは?その全豹を赤裸々に語ってもらった。

—バンドでやれることを広げたかった

—バンド自体にコンセプトがありますが、これは結成時から用いようと決められたものなんですか?

長谷川:それに関しては「用いたかった」っていう部分が大きくて。僕が18歳のときに魅了されてしまったバンドがいて、それが音楽をするきっかけになったんですね。大阪とか神戸とか出るのだけでも、往復2千円かかるくらいのド田舎に住んでいたんですけど、それでも神戸・大阪・京都の関西3デイズを全部ハシゴするくらい、大好きなバンドさんがいはったんです。

—ちなみに何ていうバンドですか?

長谷川:もう解散しちゃったんですけどLOTOっていうバンドで、それこそ今も僕が好きなGOOD ON THE REELさんとかソライアオさんと同期で。そのバンドには「耳で聴く絵本」というコンセプトがあったんです。それにすごくハマったときに、今の前身バンドもそっち寄りのバンドやったんです。なので、ドラマストアを組むときも、そういうのを出したいなっていうのがすごくあって。ただ、シナリオアートさんとかのように、映画を観てるみたいな空間を作ってまうというのが出来ひんくて(笑)。どうしても自分の言葉でポロっと喋ってもうたり、現実に引き戻させてしもうたりするから、「あぁ、なりたいもんと、やれることは違うんやな」ってブチ当たって。で、最初に組んだメンバーが、ドラマストアというバンド名に決めたときに、まず僕自身だなというか。何をやっても正解やし、何をやってもOKやし。フィクション・ノンフィクションの両方あってドラマやから、これはやりやすいかもしれへんってなって、そういうコンセプトが生まれたんですよね。僕は妄想家というか、考えるのが好きで。例えば好きなマンガやアニメに自分が入ったら、どういう能力を持って、どういう振る舞いをしてって考えるのが好きで。それと似たようなことを、バンド組んだときにも考えたんですよね。「自分の書いた曲の中で、メンバーもお客さんもどういう風に生きてはるんやろ?」って考えたらすごく楽しいかもしれへんって、こういうコンセプトにしました。

—なるほど。コンセプト自体は以前のバンドから用いていたけど、それによって逆に縛られてしまう自分があった。でも、自分の等身大のバンド名になることで、解放できるコンセプトになったということですね。

長谷川:そうです。前はめっちゃやりにくかった。しかも、曲を書くスピードが遅い方だったんで、「書かなあかん」っていう思考の方が強かったかもしれへんくて。それが今はリアルなこともOKやし、ファンタジーのことを歌ってもOKやし。ラブコメもシリアスな話もできて、さらにヒューマンドラマもっていうのは、自分らしくてすごく楽ですね。

—「君を主人公にする音楽」がある中で、その誰かにとってのバンドの在り方というのは、決まっていなくても良いことだし、また決まっていても良いんだろうし、寧ろそこに重きを置いている訳ではないんですね。

長谷川:そうですね。気持ち的には、聴いているリスナーの方が周りで起こったことを美化できたり強調できるようなBGMであったら良いという。彼ら・彼女らが主人公・主演であるドラマのBGMでという気持ちもありますし、逆に脇役として登場する子が、自分たちの曲で一気に主人公になるきっかけになるかもしれへんっていうのも良いですし。

—ドラマストアの楽曲には、中にはメッセージ性が強い曲もありますが、乱暴に言ってしまうと「好きに使ってよ」という?

長谷川:そうですね(笑)、本当にそうです。僕自身が好きなことしかやりたくない、スゲエB型タイプの人間なんで(笑)、わからへん人に無理矢理に説明をしたくないし。だからこそ、ドラマストアをすごい好きって言ってくれる人に「俺も好きやねん」「好きなこと共有しようぜ」って思うし、根底にあるのが愛情だったら、本当に嬉しいですね。

—実際、バンドを始められてから3年くらい経っていますが、好きな人が増えていってる感覚はありますか?

長谷川:実感はあります。しかも、1番最初からついてくれているファンや、前のバンドから6年くらいの人もいてくれてて「やっぱり長谷川 海は間違ってなかった」って。それがファンだけじゃなくて、同業の先輩・後輩に「俺の一番好きなヤツがまたバンド始めたってさ」みたいなツイートをしてもらったり。層としては若い女性がやっぱり多いですけど、だからといってメンズに届かへん訳じゃないですし、家庭を持ってるお母さんやお父さんがライブに来てくれたりもしているので、めちゃくちゃ嬉しいですね。

—この短期間で広がっていく要素を自分で分析したら、どういうことが挙げられますか?

長谷川:ぶっちゃけ、去年の12月にメンバーが脱退したんですけど、その彼がバンド運営に関しての手腕がすごかったんですよ。だから、彼のお陰でバンドの土台作りがしっかりいったのは間違いないですよ。もちろん、運営者が胸張って切り込める程、僕の曲が良かったというのは大前提やと思うんだけど、そこに関しての自信もありましたしね。

—現在は、その彼が脱退して4ヶ月経ちますけど、担っていたものを残りメンバーでというのは、不安もあるんじゃないですか?

長谷川:そうですね。ただ、急に脱退という訳ではなくて、事前にドラムがその仕事をちょっとづつ手伝ったり、引き継いだりしていて、残りのメンバーでもやっていける状態ではあったんです。しんどいなってこともあったんですけど、それをゆうに超える程にメンバーが仲良くて「お前がそんなに頑張ってるんなら、俺らも頑張らなくてはあかんな」って気持ちにはなれてるので、全然苦ではないです。

—それを経て出来た『白紙台本』ですが、今のお話を伺うとそれらが無かったと思えるくらいに突き抜けた楽曲が収められているのに驚きました。

長谷川:正直、すごく怖かったんですよ。ギターが抜けて、新しくピアノが入って…。まず、僕の中でピアノが入るっていうこと自体が勝負やなって思っていて。

—しかも、これまで作り上げてきた土台とは別のアプローチですよね、変な話、その土台に立ったまま、ギタリストを入れるという選択肢もあった筈なんです。

長谷川:そうですね。違う音が入るってだけで、離れていくお客さんはいっぱい居るんですよね。「変わったなあ」「そっち行っちゃったんだ」って思う人が居るのは分かっていたんですけど、それをビビってるメンバーと挑戦したい僕ががいて、今がタイミングだなって。仮に5人のお客さんが離れても、絶対10人20人のお客さんがつく自信はあったし、これにビビって同じことを続けていると、抜けたメンバーと比べて「やっぱあの人で良かった」ってなるのもイヤやし。完全に差別化をしつつも、変わらずに歌いたいことは真ん中にあり続けていて、「長谷川 海は長谷川 海のままです」ってうのを提示しながら、バンドでやれることを広げたかっただけやったんです。転換期だとか良い機会だからパツーンって切って、新しいこと始めますというニュアンスよりかは、やりたかったことを今のメンバーで広げてもらってるって感じなんですよ。

—全ては僕の歌を立たせるため

—サポートギタリスト入れると、現状維持にもならないし、更に長谷川さんぽくなく、強いて言うならドラマストアぽくなかったんですよね。

長谷川:そう思います。逆にそういう音楽の中で、今光ってる僕を好きになってくれる人が多いんじゃないかなっていう風にも思ったんですよね。「中途半端な時期にピアノが加わりました」じゃなくて、やりたい音楽をやりたいメンバーで止まらずに作って、その上で歌詞の内容や世界観にブレがないまま、進化していけるのじゃないかなって思ったことが踏み切ったきっかけでしたね。

—敢えて言えば、ドラマストアは発展途上じゃないですか。だからこそ、新しいことを取り入れるのは、実はごく自然なことだったようにも思えます。長谷川さんの軸、それはドラマストアの軸とも言えますが、軸がしっかりしていればピアノという武器でも三味線という武器でも良かったわけなんですよね。

長谷川:そうですね。僕は自然やと思ってたんですけど、でも全部のリスナーさんはそうじゃないじゃないですか。そこはワガママにというか、バイオリンでも良かったでしょうし。そのワガママが迷わずできるくらい、本当にメンバーに愛されてるというか、守ってもらってる部分も強いと思うんで。近くに「お前の音楽は間違ってないよ」って言ってくれる人が居る現状だからこそ、思い切った判断ができるきっかけになったのかなって思います。

—実際、『白紙台本』を制作するにあたって、ピアノのフレーズは作曲のタイミングで出てくるんですか?

長谷川:僕は全く出てこないんですよ(笑)。自分の作る曲のアレンジに拘りがなさすぎる人間で。シンガ-ソングライター憧れからギターを始めた人間だったので、曲はギターで作りますけど、それを打ち込みデータでやり取りしようとすると、ドラムが嫌って「海くん、こんな人間味のあるヤツがボーカルで生の歌を届けなあかんバンドが、なんで顔も合わせずにデータでやり取りしてんねん。そんなん理にかなってない」って。だからどんだけ下手でピッチがズレてても、その状態を送って欲しいって言われてて。だから3年経った今でも、携帯で録音したきったない音を聴きながら、スタジオに集まって合わすというのがスタンダードなんですよ。

—変な言い方ですけど、バンドっぽいですよね(笑)。

長谷川:そうですね。ワンコーラスだけ録って持っていって「イントロ決まってない、イントロ考えよ」「これってCメロありそうやん、考えるわ」とかそんな状態なんですよ。「これサビはいいけど、そこまで微妙やな」って話だったら「あ、全然作り変えて!」って言うくらい全然こだわり無いし、寧ろ僕はもう着手しないくらいです。その分、歌いたいことは歌わせてもらってるし、「歌詞とメロディの内容は、海くんが書くんだったら」と信頼してもらってと、全てまる投げしてもらってるから。

—作曲者がメインコンポーザーってイメージだったんですけど、全然違うんですね。

長谷川:それ、よく言われますけど全然しないです。「俺、ベースのことオマエよりわからへんし、ドラムのことオマエよりわからへんし、それでやろやろ」って。

—それでいて軸がブレないのは、楽曲の中心に歌があること?

長谷川:全ては僕の歌を立たせるためにやってくれてますね。僕、自分でいうのも何なんですけど、人徳がすごいんですよ(笑)。

—(笑)。

長谷川:人を惹きつける力が強くて(笑)。今はインタビューだし、少しは言葉を選んでますけど、めっちゃ口悪くて棘があるし、更にB型でワガママなんですけど、僕のことを嫌う人間はあまりいないんですよね。メンバーも「海くんだからやってる」みたいな状況だから、怒られたり急かされるとか無いですし、1番分かってくれてますね。

—表現方法に困りますけど、めちゃくちゃ仲のいい夫婦みたいですよ。

長谷川:そうですね。ただ、組織としてはめっちゃ破天荒で計画性がないです(笑)。

—(笑)。因みに今回のリリースは決めていたんですか?

長谷川:決まってました。ただ、ギターの脱退前から決めてたことだったんで、僕たちの活動スピードから考えると、全く無理な話やったんですよね(笑)。でも、マネージャーとか自分の味方になってくれてる人が関わったリリースがまだ1枚もなかったから、面白半分で「一旦、死ぬ気になってやってみようや」って言ってみたんです。出来たらみんなで打ち上げして、出来んかったらみんなでマネージャーに謝ろうって。そうしたら、作曲もトントンって進むし、振り返ってみると全員が頑張ったなって。

—曲を作るのが遅いのに、こうやって仕上がったことが良い経験になったんですね。

長谷川:そのくらいの地獄を味わったから(笑)。でもこんなんが地獄って、生ぬるい話やと思うんですけど、僕自身がすごくぬるま湯で育った人間なんで。大事にされて守られてきた人間なんで、「腹括ってやりましょう」って言ったことも、それをやり切れたということも、僕としてもすごく自信になりました。

—僕は発信者って言いつつ、実は受信者でもいたい

—そうして完成した『白紙台本』、このタイトルにした理由をお伺いしたいです。

長谷川:まず時間が無くて(笑)、それでも練りに練って出来た6曲を振り返ってみると、登場人物が明確にいて3分ないし5分の中で「こういう風に生きていく」ってストーリーが共通して決まっていて、まさにドラマみたいな曲だったんですよ。「え、出来てるやん。書きたいことが書けてまさにドラマストアやん。」って思ったときに、僕はこの曲の中でこういう風に登場人物を動かして、僕はこういうような結末を想い描いてますけど、あなたはどうですか?って聞きたかったんですよね。

—台本について語り合いたい?

長谷川:僕は僕だけの台本で、聴く人は聴く人だけの台本を作って欲しかったんですよね。僕がこの曲を作ったきっかけはこうやねんけど、君にはどう聞こえてんねんっていうお話をするのが楽しみやなってなったんで、曲のドラマの中に出てくる台本やか筋書きは決まっているけど、キャスティングも配役も台詞も、まだ何も決まっていない状態のものというタイトルで、『白紙台本』てしたんですよ。

—なるほど。ドラマストアがセームタイトルになったって言い換えられる程の話ですね。

長谷川:ですね。実は『笑っていいとも!』の企画にあった名前なんですけど、それをもじったというか。

—今のお話を伺って凄く納得できた部分があります。けれど「バースデー」は若干その話から外れるのかなと。

長谷川:ああ、それ来て欲しい質問でした(笑)。最後だけ、客観的じゃなくて主観的に書いたんです。「バースデー」というタイトルをつけたからこそ、『白紙台本』が生まれたといっても過言じゃないし、良い着地ができたんですよね。井坂幸太郎さんみたいな、演じっぱなし・投げかけっぱなしっていう短い短編小説が6曲詰まった一冊じゃなくて、5曲のドラマが詰まった上で、最後に役回り云々じゃない「あなたはどう思いますか?これからどうしていきますか?」って、一気にリアルへ戻したかったんですよ。作られた自分で終わるんじゃなくて、最後は自分自身で考えて欲しいって。それで締めくくることで、リアルなリスナーと演者という関係に戻して終わりたかったんです。

—投げかけるだけじゃなくて、投げ返して欲しいという。

長谷川:僕は発信者って言いつつ、実は受信者でもいたい人間なんですよね。「俺はこう思うけど、どう思ってんの?」って話を、1番したいし共有したくて。だからなるべくしてなりましたね。

—それがドラマストアらしさなんでしょうね。最後に偶像ではない実像があることによって、より繋がりもできるし。

長谷川:ですね。架空の手の届かない人間というよりかは、等身大の人間であんたと変わらない人間やでというのは、いつまでも持っていたいんですよ。カッコつけるだけつけて終わるというのはすごくイヤで。

—それはライブでもですか?ある種、演じるエンターテイメントが出来ると場所でもあり、それが望まれる場所でもあるのかなと思うのですが。

長谷川:あぁ、どうなんやろ。僕は自分のキャラというか、みんなの長谷川 海というようには演ってなくて。むっちゃ機嫌良いときは機嫌良いライブするし、嫌なことがあったら嫌な事ことがあったってわかるライブをするんですよ。「あれ?海くん大丈夫?しんどい?」ってのをお客さんにバレるようなライブをします。

—それは敢えて隠さずに?

長谷川:隠さないですし、強がったりもしないです。例えばバンド内で揉めてるときとか、ネットで叩かれたとか、納得できひんことがあったときとかは、全然それがバレるライブします。

—じゃあ同じライブってしないし出来ないですよね。

長谷川:出来ないですね。例えで話した落ち込んだライブは、今まで何十回、何百回やってる大阪のライブハウスでだったんですけど、担当の方に「そういうライブも出来んねんな。あれはあれで良かったで」って話をされて。「あ、昔よりも全然成長した」って思いましたね。

—その分、その時々のリアルがよりダイレクトに伝わる可能性がありますしね。

長谷川:そうですね。プロになると、お金払って観に来てくださるのだから、同じライブをしないとっていうテンションもあるんでしょうけど、まだ僕らはそこじゃないんで。やっぱり、今歌いたい歌を今歌いたいテンションで正しく伝えてあげるって、1番人間味のある大事なところになっていくんかなって思うんで、あんまり偽ったりはしてないです。だって、全然楽しくないのに「今日歌えて幸せでーす!」って絶対嘘やろ!って思っちゃうんです(笑)。

—いるいる(笑)。

長谷川:しかも楽屋に帰って「今日しんどかったな」って、嘘つけよ!って(笑)。そんなん観てお客さん楽しいんかって。「俺ら、まだ全然こんだけしか入らへんしパンパンに出来へんのや。でも、絶対帰ってきます」とか言うし、それの何が悪いんかなって。自分に嘘ついてお客さんに話す方が、よっぽどカッコ悪いんじゃないかなって。昔は「海くんといったら太陽みたいな人」みたいなイメージあったんですけど。

—(笑)。

長谷川:僕からしたら「いやいや、太陽だってさ、曇るときもあんねん。そのイメージを押し付けるのやめてくれる?」みたいなのがあったんです。だからいつも等身大に、ファンの子にも分かりやすくしたくて。

—ただ、楽しみに観に来てくれているんで、あまり度が過ぎない程度で(笑)。

長谷川:さすがに今は、マネージャーに止められますけどね(笑)。

—自分の曲を歌い続けてることが使命

—対バン形式だったりイベント出演も多いと思いますけど、アーティストに対してもですか?

長谷川:そうですね。その上でめっちゃ良いバンドがいたら近寄りますし、違うって思ったバンドは、興味ないようになります。

—なるほど(笑)。ぶっちゃけ、嘘がないって言っておいての嘘ってめっちゃあるじゃないですか。

長谷川:(爆笑)。あります!全然あると思いますよ!

—で、やっぱり今お話を伺ってるとホントに嘘がないし、長谷川さんを良いって言ってくれてる人が多いっていうのは、そこだと思いました。

長谷川:そうですね。しかも無意識でつく嘘こそ、1番タチ悪いねんと思ってるんで。僕の生き方的にもそうで、楽しいは楽しい、好きは好き、嫌いは嫌いってちゃんと言ってますね。例えば、レコーディング直前に曲を書いたりしてて。前作なんか、レコーディング4日前とかに録る予定だった曲を「やっぱり違う気がするからやめていい?」って、曲を書き直して、レコーディングまで3時間という所でなんとか間に合わせたりして、結構勝手なんです。

—「勝手」だと嫌な言い方になっちゃうので、「純粋」といった方が良いかもしれないです(笑)。

長谷川:そうします(笑)。

—万が一、長谷川さんが嘘をついたらドラマストアは無いでしょうし、自分自身をちゃんと出していくことが、ドラマストアにとって大事なんだと思います。

長谷川:と思います。そんな僕を好きやって言ってくれる人が、今の僕を応援してくれると思うんで、本当に環境には恵まれてます。だから生まれ変わっても僕でいいですもん。来世も僕でいいです。

—(笑)。自分やバンド、周りの環境を含めて大好きでしょ?

長谷川:大好きですね。それがちゃんと音楽に出てると思うんで。

—ちなみに5月からのツアーは、かなりの数が組まれていますね。

長谷川:そうですね。普段のライブも蓋を開けてみるとこれくらい組んでることもあるんで、体感としては変わらないです。行ったこと無い所に行ってみたり、ギュッと詰まって5日間メンバーと顔合わすとかあるんで、ツアー感はありますね。

—対バンが中心ですけど、ワンマンしたいなってならないですか?

長谷川:ムチャクチャ演りたいですよ。でも逆に言うと、対バン相手のお客さんの心を掴む感覚も、めっちゃ気持ちいいんですよ。初めて会う人達の身体が1曲目より3曲目、3曲目より5曲目で揺れてるってわかる瞬間がめっちゃ楽しいんです。

—なるほど。

長谷川:ただやっぱ演ってる側としては、ワンマンやロングステージは何回でも演りたいですね。30分じゃ全然足らないとは思うんで、その欲はありますよ。

—そのワンマンでの目標みたいな場所はありますか?

長谷川:即答で武道館です。誰が何と言おうと武道館です。僕に音楽という夢をくれたきっかけのバンドのギターの方がいるんですけど、それまで僕はファンとして行ってお話をさせてもらってたんですけど、自分がバンド組んで、これまでのファンとバンドマンの関係じゃなくて、バンドマンとバンドマンという、同じ立場で話が出来るって思った矢先に、そのバンドの脱退が決まっちゃって。で、最後のライブが仙台だったんですけど、兵庫のド田舎に住んでたんで(笑)、0泊3日で観に行って。めっちゃ号泣したし、それでも「僕も頑張ります」って伝えて、お別れしたんです。それから3年くらい経って「頑張ってるんだね。聴いてるよ。まさかあの頃の小さかった海くんが、こんな曲作ってるなんて嬉しいよ」って連絡を取り合えるようになって。

—それまでは音信不通だったんですか?

長谷川:でした。それから、僕が20歳の頃のツアーを観に来てくれて、終わってからご飯連れて行ってくれたんですけど「嬉しいよな、あの時に観てくれた子がこんな歌を歌ってくれてるって嬉しいよね」って話をしてくれて。その時にポロっと「俺、武道館が夢だったんだよ。その夢を海ちゃんにあげるね。頑張ってね」っていうようなことを言ってくれて、僕はそれをお守りのように今でも思い出してて。

—そのときに夢を託されたんですね。

長谷川:夢って、自分で追いかけるものもあるんだろうけど、誰かから貰うものもあるんやろなって。僕はその人の音楽が死なへん為に、その人の音楽があったから生まれた自分の曲を歌い続けてることが使命やと思ってます。その人の音楽が間違ってなかったって証明する為に、その人のくれた夢を叶えたいんです。だから別に何処でも良かったんですけど、あの人が武道館って言ったし、その夢を僕が貰ったから行きたいって。

—ファンとバンドマンではなく、バンドマン同士として、同じ夢を託されたわけですしね。

長谷川:そうです。もう、本当に憧れというか青春というか。「俺の戦う場所ここやわ」って気付かせてくれて、今の自分に生きる意味をくれた人だったんで。音楽を貰って、その人から3年越しに次の夢を貰って、「ありがとう」だけじゃ全然足りひんから、夢を叶えるしかないかなって。

—最低でも、武道館に立つまでは嘘のない・ブレないドラマストアを続けていかないとですね。

長谷川:そうですね(笑)。この話を武道館でするのが1番の恩返しになるんで。


取材:2016.04.27

インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji

【リリース】

“【ドラマストア】-"3rd Mini Album「白紙台本」

M1.至上の空論
M2.スイミー
M3.シャッター
M4.紫陽花が咲く頃
M5.Extra.
M6.バースデーAmazonより購入

【ドラマストア/白紙台本ツアー】

5/14(日)東京:Zirco Tokyo ドラマストア 3rd Mini Album『白紙台本』レコ発イベント「DRAMA FESTA 2017 in TOKYO」~新宿 ZircoTokyo 1st Anniversary! ~
ドラマストア / Bentham / THE BOY MEETS GIRLS / ユビキタス / the irony / CHERRY NADE 169 / Swimy
5/26(金)広島:広島 BACK BEAT
5/28(日)鳥取:米子 AZTiC laughs
5/29(月)福岡:小倉 FUSE
5/30(火)福岡:福岡 Queblick
6/03(土)福島:郡山 PEAK ACTION
6/10(土)群馬:前橋 DYVER
6/16(金)京都:京都 MUSE
6/23(金)岡山:岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
6/24(土)香川:高松 DIME
6/27(火)北海道:札幌 CrazyMonkey
6/28(水)北海道:札幌 CrazyMonkey
7/07(金)愛知:名古屋 APOLLO BASE
7/21(金)静岡:静岡 UMBER
7/23(日)千葉:千葉 LOOK
7/24(月)茨城:水戸 LIGHT HOUSE
7/28(金)大阪:大阪 MUSE

詳細はこちら
http://www.dramastoreonline.com/schedule/

【アーティスト情報】
●Web http://www.dramastoreonline.com/
●Twitter https://twitter.com/dramastore1003

RECOMMEND

  1. 宍戸 翼(The Cheserasera) インタビューvol.43

  2. The BONEZ ( JESSE & T$UYO$HI ) インタビュー vol.42

  3. あいみょん インタビューvol.52

  4. TEARS OF THE REBEL インタビュー vol.44

  5. T$UYO$HI (The BONEZ)インタビューvol.49

  6. J インタビューvol.41

  7. gibkiy gibkiy gibkiy インタビューvol.40

  8. THE BOHEMIANS インタビュー

  9. BAEOQUE インタビューvol.48

  10. J インタビューvol.50

  11. 金木 和也 インタビュー

  12. waterweed インタビュー vol.51

  13. J インタビューvol.46

  14. R2Y+J インタビューvol.45