THE BLACK COMET CLUB BAND TOUR 2015

今年、産声をあげたばかりのTHE BLACK COMET CLUB BAND。先に開催された「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO」でのファースト・ステージから、幾つかのイベント出演とアルバム「THE BLACK COMET CLUB BAND」のリリース、そして東名阪でのツアー。
そのツアー最終公演となった10月24日、東京・下北沢GARDENでのライブは、さらに加速度を上げて疾走していくであろう、バンドの姿がそこにあった。

2台のドラムセットが並び、中央にキーボード、両サイドにギター・ベースアンプが配置され、「THE BLACK COMET CLUB BAND」と刻まれたバックドロップが掲げられたステージへ、ゆっくりとあがる5人のメンバー。
風間 弘行(nil, ハンサム兄弟)と梶原 幸嗣(THE JUNEJULYAUGUST, HUMANTAIL)のツインドラムから幕を開ける「The Party Song」でスタートしたライブは、音源から想像していた期待値を遥かに超えるステージングを見せつける。ヴォーカル/ギターの高野 哲(nil, THE JUNEJULYAUGUST, インディーズ電力 & ZIGZO)から「(本ツアーの)大阪と名古屋で練習してきました」と笑いを誘うMCを挟むが、決してそれだけでは出せないはずの重厚度と高揚感に溢れている。
ツアーに際し、カバー楽曲を織り交ぜると公表していたが、その最初のナンバーとなった、KISSの「I Was Made For Lovin’ You」のイントロが始まると、一気に会場がロックダンス・フロアと化すかのような、興奮を抑えられないオーディエンスの姿でいっぱいになる。独特の和訳が施され、アレンジ含めてこれをただのカバー曲とは言い切れない”何か”が宿っている、そんな印象も与えてくれた。

バンドのツアーグッズでもあるタオルを旗に見立てて掲げ、佐藤 統(THE JUNEJULYAUGUST, opening, MAOW)のピアノ・イントロから始まるアンストッパブル・ソング「Jolly Roger」では、パンク色に染め上げるとThe Ramonesの「Do You Remember Rock ‘N’ Roll Radio?」、佐藤 統がリード・ヴォーカルを取るTHE ROOSTERS の「Mona (I Need You Baby)」と続く。
小林 勝(nil, ザ・クロマニヨンズ)の印象的なベース・フレーズで幕を開ける「Odyssey」へと進み、このバンドの持つ真髄を剥き出しで伝えている中、尚もカバー楽曲が繰り広げられる。
最初のKISSで、あまりにも違和感なくバンドに溶け込んでいたことや、マッシュアップに近いアプローチでも、平気で会場を牽引することが出来ているのは、単にオリジナル楽曲が少ないことから派生したアプローチではなく、カバー自体がその楽曲のコピーなのではなく、その楽曲が持つ姿勢や想いを引き継ぎ、THE BLACK COMET CLUB BANDとしてのブレない信念とサウンドで昇華させているからなのだろう。

後半戦の「VANGABOND」からも、その熱気が下がることないフロアに、The Clashの「I Fought The Law」を畳み掛ける。”大人の初期衝動”とも言うべき前のめりなビートと、うねるグルーヴを体現させたかのようなShootyz Grooveの「Buddah Blessed」では、”無駄な殺生”という過激なリリックを乗せ、小林 勝のオート・ワウが独特の世界観を魅せる「ALL ILL」で、退廃的ながらもどこか力強いサウンドで圧倒する。
バンドの名は、稲垣足穂の作品から得られたものだが、高野 哲から「2,3ヶ月で終わると推測されるかも知れないが、このバンドのエネルギーを次の形にしていきたい」と、次の新作についても宣言される。既に人気曲となっている「BWY」では大合唱が沸き起こり、佐藤 統のピアニカが高らかに吹かれる「BANDEIRA」ではアウトロでのシンガロングが続き、本編の幕が閉じた。
アンコールで迎えられたメンバーは、ステージに現れると直ぐにTHE ROOSTERSの「テキーラ」、風間 弘行と梶原 幸嗣の圧倒的なドラミングに踊るEUROPEの「The Final Countdown」で、会場の熱気も最高潮に。

「思い残すことは何もない、だがやり残した曲がある」と、披露されたのは「Little Light Big Shadow」。
会場からの止まない拍手は、nilでもTHE JUNEJULYAUGUSTでもない、その新しいバンド「THE BLACK COMET CLUB BAND」へ、間違いなく向けられていた。

この後、11/6(金) 高円寺HIGHにて行われる“パンクの欠片”の出演が決定しており、凄まじいエネルギーで埋め尽くされるステージを見逃さないで欲しい。


取材:2015.10.24
テキスト:Atsushi Tsuji
撮影:大参久人