武藤昭平with ウエノコウジ 「STRANGERS TOUR ~season1~」

4月にリリースされたアルバム「ストレンジャーズ」を提げ、全国21カ所22公演を行うツアー「STRANGERS TOUR ~season1~」の最終公演が、10月9日に東京・代官山UNITで開催された。
既に「STRANGERS TOUR ~season2~」も並行しておこなわれているが、全国の酒場やカフェを主な舞台としてツアーを展開している彼らにとっては、1つの区切りを示す公演となった。
また、この夜はスペシャルゲストとして、アルバムにも参加した堀江博久と青木ケイタ(THE MAN、DAD MOM GOD)の出演アナウンスがあり、開演前から数多くのオーディエンスが、酒を片手に詰め掛けた。

Calexicoの「Minas de Cobre」に導かれ、武藤昭平とウエノコウジがステージに姿を現す。「こんな立派なところで(笑)…」と話し始めるウエノは、この日のために4日間もの断酒を決行してライブに臨んでおり、彼らの予想を上回るオーディエンスたちに感謝を述べる。
「ストレンジャーズ」の始まりの曲でもある「ビートニク・ピエロ」でライブ(飲み会)がスタートし、武藤によるボディヒットで一気に盛り上がりをみせる。「レッツ・ブーズ・イット」では、俳優としての一面を持つ武藤へ、ウエノからの笑いあるフリから芝居を披露する一幕もあり、その後のMCでも出演する映画についてツッコミを入れるウエノに、照れ臭そうに笑う武藤の表情は、とても穏やかな雰囲気で、この会場を包み込む。

ロードムービーを観ているかのような楽曲のグルーヴに、ただただ酔いしれていられる至福の時間が流れる。時に手拍子で高揚する人、音楽に耳を傾けながら飲みふける人。いつもより広いbarとでも言うべきか、ここに音楽とアルコールを楽しむ空間を作り上げている彼らでさえ、その誰よりも楽しんでいるようだ。
武藤による、圧巻のボディヒットを披露した「アミーガ・アミーゴ」で踊り、あっという間に一部が終了した。その二部までの間、UNITのバーカウンターが長蛇の列になったことは言うまでもない。

一部の和やかな雰囲気のまま、stingのカバー曲「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」で始まった二部。間奏でのインプロは、2人のリズムが完璧に重なり合い、オーディエンスもハンドクラップで応える。
そしてゲスト出演者の1人目、堀江博久がステージに呼び込まれる。ピアノ伴奏から始まったのは、彼らの真骨頂の1曲とも呼べる「マギー」。アルバム「ストレンジャーズ」のラストを飾るこの曲で会場を魅了させる。「JUST LIKE A WOMAN」での小さな物語では、悲しみや痛みの心模様をピアノソロでしっかりと聴かせ、割れるほどの拍手が会場に溢れた。

「キング・オブ・かわいい後輩です」とウエノから紹介され、青木ケイタがここでステージに呼び込まれる。4人体制となったステージでは、baritone saxが加わることで重厚なサウンドとなったScreamin’ Jay Hawkinsのカバー曲「I PUT A SPELL ON YOU」を披露する。「会場が1つになるまで演奏を止めない」と宣言したウエノから出たタイトルコールは「ワルチング・マチルダ」。堀江はアコーディオン、青木はティン・ホイッスルに持ち替え、まさにミュージックビデオの再現とも言うべきステージに、オーディエンスはアルコールを片手に持ち上げ、シンガロングする。
武藤のスネアがセットされ、ラスト曲の「MOJO WORKIN’」では、各ソロ・パート毎に歓声が向けられ、コールアンドレスポンスはエンドレスに続いた。

アンコールに応える2人は、スペイン語で”乾杯”を意味する「サルー」を奏で、武藤から「またこの街で会いましょう!」と叫ばれた「グッドナイト・アイリーン」で、大盛況のライブに幕を閉じた。
終わらない旅を続ける2人。本公演の反省会(笑)とも呼ぶ”武藤昭平withウエノコウジ STRANGERS TOUR ~season2~ 番外編「代官山UNIT打ち上げスペシャル」”が、11月1日(日)所沢・音楽喫茶モジョで開催されるので、今回のレポートでほぼ割愛させていただいた”抱腹絶倒のMC”も含め、是非その旅路を体験して欲しい。

 


取材:2015.10.09
テキスト:Atsushi Tsuji
撮影:Hiromi Morimoto