インディーズ電力 | YOKOHAMA THUMBS UP

2017年7月8日、神奈川・横浜THUMBS UPにて、『「二代目社長就任記念」インディーズ電力・露払いツアー夏の陣 発電所No.32』が開催された。


インディーズ電力は、2011年3月11日に起きた東日本大震災の復興支援を機に結成されたアコースティックユニット。バンド自体を電力会社になぞらえ、各メンバーには役職がついているのが特徴だ。現在は、専務取締役・佐藤タイジ(シアターブルック)、常務取締役・高野哲(THE BLACK COMET CLUB BAND,ZIGZO)、二代目社長・iCas (ORESKABAND)の3人で活動を行っている。

タイトルにもある通り、6月より始まったこのツアーは、初代社長・うつみようこからバトンを受け継いだiCasの二代目社長就任を記念する顔見世興行。その締め括りとなるこの日は、新体制のフレッシュな勢いとツアーを通して培われた3人のチームワークが、力強いハーモニーを生み出していた。

全員がソングライターでもあるインディーズ電力。“自分で書いた曲は責任を持って自分で歌い、残りの二人はサポートに徹する”という決まりに則り、佐藤タイジがヴォーカルを取る「BIG HIT」でライヴの幕は開けた。
風刺に富んだ歌詞を、軽妙な掛け合いと歯切れの良いアコースティックギターサウンドで楽しげに聴かせてゆく。後のMCで佐藤タイジは「言ってることがパキンとしてるから、楽しくやってないと続かない」と語ったが、彼らの放つメッセージは反原発や現政府への批評などがメインだ。

こういったメッセージを発信する際は、つい肩肘を張ってしまうことも多い。しかし3人の作る楽曲はどれも、聴けばたちまち体が動いてしまうようなキャッチーでノリの良いものばかりだ。
シリアスな問題を伝えるからこそ、つとめて明るく、誰にでもとっつきやすく歌う。そこには、まずは耳を傾けて欲しい、そんな彼らの想いが込められているのだろう。


インディーズ電力のライヴで観客は、社員としてバンドサウンドの一端を担う。メンバー3人はいずれもヴォーカル・ギターであり、ベースやドラムが不在だ。そこでリズム隊の代わりを務めるのが、観客の手拍子。
高野哲がメインヴォーカルを担当する「忘れても電力」では、3人の演奏と観客の手拍子によって、確かなバンドサウンドが生み出された。多彩なリズムを打ち鳴らす観客には、iCasも「教えるまでもない素晴らしいリズム!」と絶賛。
続けて「だいたい上の者より現場の方がしっかりしてるんだよね」と言うと、会場はどっと笑いに包まれた。

ライヴ中盤は、カバータイムに。Sly & The Family Stone「Smilin’」に、自らの想いを込めた日本語詞をあてて熱唱した佐藤タイジは「ロックミュージシャンって、正直な人がやる職業だと思う」と語った。
彼らを観ていると“正直で不器用な人がやるものだ”と訂正したくもなる。そしてiCas チョイスのBO GUMBOSの「夢の中」では、佐藤タイジによる専務取締役特権のギターソロが炸裂し、会場が大きな歓声に包まれる。

ついメッセージや活動スタイルに焦点を当てがちになるが、3人のギタープレイと歌唱力は圧巻そのもの。曲間はエネルギッシュな演奏とは打って変り、ツアー中のエピソードなどのよもやま話で盛り上がる。すると会場にはリラックスした空気流れ、観客のお酒も進んでいる様子だ。


そして迎えた最終フェーズ。「明日が見たいのさ」を始める前、先日の都議選に触れ、投票の大切さを訴えると共に、自らや子供たちの未来への危機感をあらわにした佐藤タイジ。
彼らがこのバンドで音楽を鳴らす理由はまさに“明日が見たい”から。

彼らは未来を守るために、現状に警鐘を鳴らすべく立ち上がったバンドなのだ。だからこそ「インディーズ電力が解散する時は日本が良くなった時」というiCasの言葉には胸が熱くなった。
ラストはハイテンションなカントリー調の「HIGH-LOW 電力」から「レッツゴー電力」へと一気に駆け抜け、あくまでも明るく、楽しく、言いたいことをひとつ残らず伝えきってゆく。そして演奏を終えた3人には、社員たちから惜しみない拍手が贈られたのだった。


取材:2017.07.08

テキスト:イシハラマイ@vivi_annne

Photo:岡村 直昭

【ライブ】

2017年9月24日 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017
http://solarbudokan.com/2017/

【アーティスト情報】

●WEB http://www.indies-denryoku.com/

●iCas http://www.oreskaband.com/

●佐藤タイジ http://www.taijinho.com/

●高野 哲 https://www.tbccbinfo.com/

1

2

RECOMMEND

  1. The BONEZ TOUR 2016「TO A PERSON THAT MAY SAVE SOMEONE」渋谷TSUTAYA O-EAST

  2. TRI4TH 10th Anniversary tour vol.1

  3. J LIVE TOUR 2015~2016 -TOUR the eternal flames FINAL-

  4. NOTHING BUT THE FUNK LIVE REPORT

  5. The BONEZ ワンマン・ツアーで更新し続ける最高のバンド力

  6. J 20th Anniversary Live 2017 W.U.M.F. -Special 3 Nights- | 赤坂BLITZ

  7. J 20th Anniversary Live Tour 2017 W.U.M.F.

  8. TOUR 2016 the dark side of the monochrome one man

  9. TOUR 2016 the dark side of the monochrome

  10. The BONEZ TOUR 2016「TO A PERSON THAT MAY SAVE SOMEONE」 名古屋E.L.L

  11. The Cheserasera -メジャー2年目にして辿り着いた、肯定的決意に満ちたリアル

  12. The BONEZ&SHADOWS-Defend Your Style TOUR 2017 | 恵比寿 LIQUIDROOM

  13. J Birthday LIVE 2016 -Special 2 Nights-