SUGIZOソロ20周年記念アルバム『ONENESS M』から、第二弾発表の参加アーティスト6名コメントを公開

多彩なゲスト・ヴォーカリストを迎えて制作され、11月29日に発売となるSUGIZOソロ活動20周年のオリジナル作品『ONENESS M』。このアルバムに参加したアーティストの中から、先日発表された第一弾発表の参加アーティストに続き、第二弾発表アーティスト、TAKURO(GLAY)、京(DIR EN GREY/sukekiyo)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、清春、MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)、川上洋平([Alexandros])の6名のコメントが公開となった。

また、アルバム収録曲である「VOICE feat.清春」、「感情漂流 feat.辻 仁成」、「PHOENIX ~HINOTORI~ feat.Toshl」、「巡り逢えるなら feat.TERU」、「Rebellmusik feat.K Dub Shine」の5曲を試聴できるクロスフェード動画も公開された。使用されている写真も初公開の写真となっている。

なお、11月14日(火)深夜24時からiTunesにて『ONENESS M』のプレオーダーが全世界116か国で開始され、予約すると「VOICE feat.清春」、「感情漂流 feat.辻 仁成」の2曲が先行ダウンロードできる。

iTunesリンク(*11月14日(火)深夜24時から有効)
https://itunes.apple.com/jp/album/1304217080?app=itunes&at=10I3LI

また、『ONENESS M』特設サイトも公開となっている。
http://www.sugizo.com/20th/index.html

■参加アーティストコメント

僕は毎日スギゾーさんの為にお祈りしています。
「神様、スギゾーさんはあんなに音楽を愛しているのだから
今度生まれかわってもどうか大好きな音楽の1番近くに生まれかわりますように」と。

「人間なんて贅沢は言いません。例えばジョンの丸メガネ、ジミヘンのヒゲとかボウイのジギーの衣装やなんなら、INORAN君の投げるようのピックとか。」
毎日毎日僕は祈っているのです。
TAKURO(GLAY)

絶望と美

この楽曲の持つ旋律から感じたこの2つのワードを
自分なりに咀嚼し、自分の世界観を滲ませました。
京(DIR EN GREY/sukekiyo)

拝啓 スギちゃん

ソロ作るから言葉入れてよ!的なお誘いを受けて
ああ何か大人数でコーラスをやる感じだと思って
あ~いいよ~!なんて軽~く返事をしたら
俺の音楽経験上に全くない音がビッチリ入った
芸術点の高すぎる楽曲がガツンっと送られてきて
今まで力技だけで音楽をギリ何とか演っちゃってる俺の
頭の先っぽから煙がプスプス焦げつき始めて
何なの!(怒)これは最新型の辱めプレーなの?って時に
スギちゃんから送られてきた曲のへのヒントの言葉
「悪化の一途を辿る世界情勢、睨み合いをやめられない悲しいレベルの各国家、迷走する日本政府、震災後の新しい生き方を模索する日本。できれば最後にはポジティブな方向へ…」
はあ!?このドロ沼の状況の最後にポジティブ!?何々この超難題!?
脳味噌筋肉の俺に難しすぎんだろ~…って諦めかけてた
レコーディング前日に中津川のフェスで一緒に歌った
仲井戸”CHABO”麗市が最後に朗読したその一言に希望の救いを見つけ
何とか「Garcia」を仕上げることが出来ました
これが正解だったのか合格点に辿りついたかはわからないけど
スギちゃんと一緒にこの曲を作りあげられたことは
これからどんな未来になろうが胸を張って生きられる証になるよ
また夜明けまでフラっフラになるまで飲もうよ
あの日の朝の約束を石巻で実行してくれて
本当にありがとう

心の同志 TOSHI-LOWより
TOSHI-LOW(BRAHMAN)

美学を貫き昇天させ、変化させられる人は少ない
お互いの美学が共鳴し合う関係にあるギタリストとヴォーカリストの例も日本にはあまりない
SUGIZO君と知り合い
SUGIZO君を見ていて思う
数少ない、僕にとって理想的な人だと
清春

始めに世界ありき。音楽的才能に恵まれたギタリストは数あれど、音楽を通じて独自の世界を実現しようとしているギタリストは稀にしかいません。SUGIZOはそんな世界を持っている数少ないギタリストの一人だと思っています。そして、ここにSUGIZOの世界と私の世界の融合が果たされました。死、すなわち永遠の無の眠りの果てには何があるのだろうか。そんなことに思いを馳せながら歌いました。あなたの永遠のレクイエムに。
MORRIE(DEAD END/CREATURE CREATURE)

この度はSUGIZOさんのソロ作品に参戦させていただき、誠に光栄です。しかもTAKUROさんが書いた歌詞を歌えるなんて「RYUICHIさんとTERUさんの気持ちを一瞬でも味わえる」と胸が躍りました。そして実はそのTERUさんにSUGIZOさんとの一席を設けていただき、今回のお話に至ったことも感謝です。
川上洋平([Alexandros])

■ニュー・アルバム発売情報

SUGIZO『ONENESS M』
2017年11月29日発売
【初回限定盤】と【通常盤】の2形態で発売。

【初回限定盤】
品番:UICZ-9099
価格:\10,000(税抜)、\10,800(税込)
2CD(SHM-CD)+Photo Book+三方背ケース
[CD1:フィーチャリング・ヴォーカル・アルバム]
[CD2:CD1のヴォーカルレス・インスト・アルバム]
[Photo Book:撮り下ろし写真集+ライナーノーツで約100P]
※マスタリング・エンジニア:スチュワート・ホークス(metropolis)
※プレイパス(R)対応
CD予約はこちら
http://store.universal-music.co.jp/product/uicz9099/

1.永遠(※ヨミ:トワ)feat. RYUICHI
2.Daniela feat. Yoohei Kawakami
3.絶彩(※ヨミ:ゼッサイ)feat. 京
4.Rebellmusik(※ヨミ:リベルムジーク)feat. K Dub Shine
5.巡り逢えるなら feat. TERU
6.PHOENIX ~HINOTORI~ feat. Toshl
7.Garcia feat. TOSHI-LOW
8.感情漂流 feat. 辻仁成
9.VOICE feat. 清春
10.光の涯 feat. MORRIE

■『ONENESS M』リリースイベント情報

11/19(日)「石巻BLUE RESISTANCE」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11/22(水)「名古屋Electric Lady Land」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11/23(木)「大阪ESAKA MUSE」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
11/24(金)「タワーレコード梅田NU茶屋町店」トーク・セッション&サイン会
11/25(土)「柏PALOOZA」ライヴ終焉後プレミアムサイン会
12/03(日)「HMV&BOOKS TOKYO」トーク・セッション&サイン会
12/06(水)「Zepp Tokyo」ライヴ終焉後プレミアムサイン会

ライヴ終焉後プレミアムサイン会についての詳細はこちら
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/2017-10-23-event/
トーク・セッション&サイン会についての詳細はこちら
http://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/2017-10-23-event02/

■ツアー情報
「SUGIZO TOUR 2017 Unity for Universal Truth」
11月19日(日)石巻BLUE RESISTANCE Open 16:30 / Start 17:00
11月22日(水)名古屋Electric Lady Land Open 18:00 / Start 18:30
11月23日(木・祝)大阪ESAKA MUSE Open 16:30 / Start 17:00
11月25日(土)柏 PALOOZA Open 16:30 / Start 17:00
12月6日 (水)Zepp Tokyo Open 17:30 / Start 18:30

チケット情報はこちら
http://sugizo.com/2017tour//index.html

関連NEWS

  1. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して高見沢俊彦によるプレイリストが公開

  2. UK news

    イギリス、レコード店を含む店舗でのマスク着用が義務化

  3. TRFが手掛ける81名ものダンサーが織りなすストーリー、その真相とは?

  4. グリーン・デイのビリー・ジョー、「バスケット・ケース」と題したアイライナーが発売に

  5. マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ファーストとセカンドの再発を発表

  6. ザ・ストラッツ、10/26に新作のリリースを発表&新曲“Bulletproof Baby”の音源が公開

  7. ハードフロア、『交響詩篇エウレカセブン』新劇場版挿入曲の“Acperience 7”のビデオが公開

  8. ジョン・レノン、『イマジン:アルティメイト・コレクション』の発売に向けて特集コンテンツが公開

  9. LUNA SEA

    LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019 レポート

  10. フー・ファイターズ、本日リリースの新作のメイキング・アニメーション映像が公開に

  11. Greta Van Fleet

    Greta Van Fleet、約1年ぶりとなる新曲「Always There」を公開

  12. ボブ・ディラン、『血の轍』のセッションを収録したブートレッグ集第14弾のリリースが決定

  13. The Supremes

    The SupremesのBarbara Martinが逝去。享年76歳

  14. アリアナ・グランデ、マンチェスター公演を襲ったテロについて涙ながらに語る

  15. KEN ISHII

    KEN ISHII、DJドセムとのコラボレーション曲を含む2曲の新曲が公開

  1. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『As It Was』よりライヴ本編映像…

    2020.09.24

  2. Avril Lavigne

    Avril Lavigne、ライム病の認知向上を目的とした生配信ライヴを行う…

    2020.09.24

  3. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  4. Thom Yorke

    Thom Yorke、Clarkの“Isolation Theme”をリミックス

    2020.09.24

  5. Blood Orange

    Blood Orange、Park Hye jinの楽曲とコラボレーションした“CALL ME …

    2020.09.24

  6. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  7. Puma Blue

    Puma Blue、デビュー・アルバムのリリースを発表&新曲“Velvet Leav…

    2020.09.24

  8. The Hunna

    The Hunna、ニュー・シングル“Young & Faded”の音…

    2020.09.24

  9. Taylor Swift

    Taylor Swift、ACMの授賞式で“Betty”をライヴで初披露

    2020.09.24

  10. Matt HealyやGrimes

    The 1975のMatt HealyやGrimesら、アートについて語る動画が公開

    2020.09.24

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01