ELO、35年ぶりとなるアメリカ・ツアーを行うことを発表

ジェフ・リン率いるELOは35年ぶりとなるアメリカ・ツアーを行うことを発表している。

PRESS

Photo: PRESS

ロックの殿堂入りも果たしているELOだが、2018年8月より35年ぶりとなるアメリカ・ツアーを行うことを明らかにしている。ツアーは現時点で10公演が発表されており、8月2日のオークランド公演からスタートして、8月24日のフィラデルフィア公演で締めくくられるものとなっている。

「僕らのオーディエンスは素晴らしいんだ。まるでグループの一員みたいだよ。彼らのために演奏できるのが待ちきれないよ」とジェフ・リンは声明の中で述べている。

ツアー日程は以下の通り。

August 2 – Oakland, CA at Oracle Arena
August 4 – Los Angeles, CA at The Forum
August 8 – Denver, CO at Pepsi Center
August 10 – Houston, TX at Toyota Center
August 13 – Dallas, TX at American Airlines Center
August 15 – Rosemont, IL at Allstate Arena
August 16 – Detroit, MI at Little Caesars Arena
August 18 – Toronto, ON at Air Canada Centre
August 21 – New York, NY at Madison Square Garden
August 24 – Philadelphia, PA at Wells Fargo Center

ELOは2017年6月24日に6万人を動員した英ウェンブリー・スタジアムでのライヴ作品をリリースすることが決定している。

タイトルは『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』で、フィジカルでは限定デラックス・ヴァージョンの2CD+BDと2CD+DVD、スタンダード・ヴァージョン2CDの3形態が日本盤でリリースされる。輸入盤では3LPも発売され、日本盤は高品質Blu-spec CD2仕様となる。海外では11月17日に、日本盤は11月22日にリリースされる。

リリースの詳細は以下の通り。

ジェフ・リンズELO『ウェンブリー・オア・バスト~ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』
Jeff Lynne’s ELO/Wembley or Bust
2017年11月22日発売予定 解説・歌詞・対訳付 日本盤のみ高品質Blu-spec CD2仕様
(日本盤は2 CD+Blu-Ray/2 CD+DVD/2 CDの3形態発売)

<Deluxe BD Version>完全生産限定盤 2CD+BD  SICP-31123~31125 \6,000+税
<Deluxe DVD Version>完全生産限定盤 2CD+DVD SICP-31126~31128~31130 ¥5000+税 
<Standard 2CD Version> 2CD  SICP-31129 ¥3,600+税

1. Standin’ In The Rain / 雨にうたれて (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)
2. Evil Woman / イーヴィル・ウーマン (1975『フェイス・ザ・ミュージック』収録)*全米10位/全英10位
3. All Over The World/ オール・オーヴァー・ザ・ワールド (1980『ザナドゥ』収録)*全米13位/全英11位
4. Showdown / ショウダウン (1973『第三世界の曙』収録)*全米53位/全英12位
5. Livin’ Thing / オーロラの救世主 (1976『オーロラの救世主』収録)*全米13位/全英4位
6. Do Ya / ドゥ・ヤ (1976『オーロラの救世主』収録)*全米24位
7. When I Was A Boy / ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ (2016『アローン・イン・ザ・ユニバース』収録)
8. Handle With Care / ハンドル・ウィズ・ケア (『トラヴェリング・ウィルヴェリーズ vol.1』収録)*全英21位
9. Last Train to London / ロンドン行き最終列車 (1979『ディスカバリー』収録)*全米39位/全英8位
10. Xanadu / ザナドゥ (1980『ザナドゥ』収録)*全米8位/全英1位
11. Rockaria! / 哀愁のロッカリア (1976『オーロラの救世主』収録) *全英9位
12. Can’t Get It Out Of My Head / 見果てぬ想い (1974『エルドラド』*全米9位
13. 10538 Overture / 10538序曲 (1971『エレクトリック・ライト・オーケストラ』*全英9位
14. Twilight / トワイライト (1986『タイム』収録)*全米38位/全英30位
15. Ma-Ma-Ma Belle / いとしのベル (1973『第三世界の曙』*全英22位
16. Shine A Little Love / シャイン・ラヴ (1979『ディスカバリー』収録)*全米8位/全英6位
17. Wild West Hero / ワイルド・ウェスト・ヒーロー (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全英6位
18. Sweet Talkin’ Woman / スウィート・トーキン・ウーマン (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米17位/全英6位
19. Telephone Line / テレフォン・ライン (1976『オーロラの救世主』収録)*全米7位/全英8位
20. Turn To Stone /ターン・トゥ・ストーン (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米13位/全英18位
21. Don’t Bring Me Down / ドント・ブリング・ミー・ダウン (1979『ディスカバリー』収録)*全米4位/全英3位
22. Mr. Blue Sky / ミスター・ブルー・スカイ (1977『アウト・オブ・ザ・ブルー』収録)*全米35位/全英6位
23. Roll Over Beethoven / ロール・オーヴァー・ベートーヴェン (1973『ELO2』収録)*全米42位/全英6位

関連NEWS

  1. Billie JoeとBillie Eilish

    Green DayのBillie JoeとBillie Eilish、成功のプレッシャについて語り合う

  2. モリッシー、初めてのツイートを行う

  3. ビーチ・フォッシルズ、デイグローとの共演で3月に来日公演が決定

  4. リアム・ギャラガー、セカンド・ソロ・アルバムをリリースする可能性について語る

  5. Warp Records

    Warp Records、30周年を記念してアーティストや著名人による第2弾プレイリストが公開

  6. BeBe Rexha

    BeBe Rexha、Doja Catとのコラボレーション曲“Baby, I’m Jealous”をリリース

  7. TM NETWORK宇都宮隆 還暦の『GET WILD』誕生日に配信スタート

  8. Taylor Swift

    Taylor Swift、今年のブリット・アウォーズでグローバル・アイコン賞を受賞することに

  9. アヴリル・ラヴィーン、新曲“Head Above Water”のミュージック・ビデオが公開

  10. “It’s a beautiful day” Camp in 朝霧 Jam、タイムテーブルが発表に

  11. GHOST

    GHOST、DOWNLOAD FESTIVALの来日時にサイン会&撮影会の開催が決定

  12. 探索アクションRPG「CODE VEIN」VAMPSとのタイアップが決定

  13. 桑田佳祐も出演、映画「茅ヶ崎物語」全国公開スタート

  14. リバティーンズ、12月にブラックプールで予定されていた公演がキャンセルに

  15. ウルフルズ、2万人集めたデビュー25周年ライブへユースケ・サンタマリアがサプライズ登場