コールドプレイ、最新ツアーが史上3番目の興行成績を収めたことが明らかに

コールドプレイの『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』のツアーが先週終了し、現時点で史上3番目の興行収入を上げたツアーとなったことが明らかになっている。

スーパーボウルのハーフタイム・ショウを行った後の2016年3月から始まったツアーはこれまでに5億2303万3675ドル(約585億円)のチケットを売り上げており、31カ国76都市で114公演を行い、538万9586人を動員している。ツアーは南米、ヨーロッパ、北米を2周回り、オーストラリアとアジアを1周回っている。

今回のコールドプレイのツアーを上回るのはU2とザ・ローリング・ストーンズだけで、それぞれ7億3600万ドル、5億5800万ドルの売り上げあを上げている。

一方、ジェイ・Zは先日クリス・マーティンを「現代のシェイクスピア」と呼んでいる。

「俺は業界で長く過ごしてきたから、自分が天才を前にしている時ってのがわかるんだけどさ、クリス・マーティンはまさにそれなんだよ」とジェイ・Zは『メトロ』紙に語っている。「近い将来、イギリスは彼を現代のシェイクスピアとして振り返ることになるよ。彼は素晴らしいレコーディング・アーティストだし、素晴らしいソングライターでもあるけど、彼が本当に生き生きとしているのはライヴをやっているときだ。コールドプレイのライヴを見に行くチャンスがあったら行けよ。後悔なんてするはずないからね」

関連NEWS

  1. グウィネス・パルトロウ、コールドプレイのクリス・マーティンとの離婚について振り返る

  2. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して高見沢俊彦によるプレイリストが公開

  3. Alec Benjamin

    Alec Benjamin、デビュー・アルバムが4月にリリースすることが決定

  4. Coldplay

    Coldplay、既に『エヴリデイ・ライフ』に続く次回作を見据えていることが明らかに

  5. B'z

    B’z松本孝弘&稲葉浩志「HOME」をそれぞれのHOMEからセッション

  6. デヴィッド・ボウイ、“Starman”の歌詞の下書きがオークションに出品されることに

  7. GOTOWN

    西寺郷太(NONA REEVES)、 Spotify「西寺郷太のGOTOWN Podcast」 26日配信テーマは’90s、ゲストに大山卓也

  8. ホワイト・ストライプス、新たなライヴ・アルバムがリリースされることが明らかに

  9. ストーン・ローゼズ、バンドとしての活動を完全に休止か

  10. グウェン・ステファニー、10/6にクリスマス・アルバムの発売が決定&新曲が公開に

  11. Warp

    Warp Records、30周年特設サイトがオープン

  12. グレース・ヴァンダーウォール、フル・アルバムのリリースを発表&新曲を公開

  13. リンキン・パークのマイク・シノダ、チェスターの追悼公演を行う理由について語る

  14. Zara Larsson

    Zara Larsson、2019年第1弾シングル“Don’t Worry Bout Me”の音源が公開

  15. NEWS

    アメリカのアーカンソー州でソーシャル・ディスタンスの下、ライヴが実施される