ニック・ケイヴ、イスラエル公演を行うことにした理由について語る

ニック・ケイヴが、イスラエルでの公演をキャンセルするよう圧力をかけられるなか、ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズとして公演を行った理由を説明している。

ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズは現地時間11月19日にテルアビブのメノーラー・ミヴタキム・アリーナで公演を行っており、続けて現地時間11月20日にも公演が予定されている。2公演ともチケットはソールドアウトとなっている。

ニック・ケイヴはこの公演に先駆けて記者会見を行っており、議論を読んでいるイスラエル公演を行うことにした理由について語っている。ロジャー・ウォーターズやサーストン・ムーアといったミュージシャンはこの方針について批判しており、「アパルトヘイトが存在している限りは」公演をキャンセルするよう促していた。

「私のことで言えば、私たちは20年前くらいにもイスラエルに来ていて、イスラエルでツアーも何回か行っています」とニック・ケイヴは語っている。「イスラエルには大きな繋がりを感じました。みんな自分の国への愛を語るものですが、ある種そういうレベルの、本当に表現できないくらいの繋がりを感じたのです」

さらに彼は、20年もの間イスラエル公演を行わなかったことについて、1997年発表の作品『ザ・ボートマンズ・コール』がイスラエルで「失敗し」、成功を収めることができなかったのが原因だったと説明している。ニック・ケイヴは報道陣に対して世界の中でもこのような地域でツアーをすることは「お金もかかるし、手間もかかる」ことだと語っており、「その上、ロジャー・ウォーターズやその仲間たちから公の場で辱めを受けるといったことも味わう必要があるのです」と述べている。

「みんなの前で顔に泥を塗られたい人などいません」と彼は語っている。「僕たちが最も恐れているのは、ある意味で公の場で辱めを受けることなのです。恥ずかしながら、約20年間、僕がやってきたのはそういうことです。つまりイスラエルのことが持ち上がろうものなら『やめとこうよ』と僕は言っていたんです」

ニック・ケイヴは自身の態度に変化が訪れたきっかけは、ブライアン・イーノが3年前にアーティスツ・フォー・パレスチナのリストに署名をするよう求めてきた時だったことを明らかにしている。「かなり直感的なレベルで、署名をしたくないと思ったんです」と彼は語っている。「その一覧が、僕にはどこか胡散臭く思えたのです。それで、僕はこんな一覧には署名しないと思うようになったのです。一方で、イスラエルで公演をするつもりもありませんでした。しかし、それは本当に臆病なことのように僕には思えました」

「それで、じっくり考えて熟考を重ねた上で、僕は周りのみんなに電話して『ヨーロッパ・ツアーをして、イスラエルで公演をすることにしたよ』と言ったんです。だって、私にとって、ミュージシャンを締め出し、脅し、検閲し、黙らせようとする人々に対峙することが、思いがけずとても重要なことになったのですから。結局のところ、僕がここにいるのには大まかに言って2つの理由があります。1つ目は、イスラエルが大好きであり、イスラエル人を愛しているからです。そして2つ目は、ミュージシャンを検閲し黙らせようとする人たちに対して、信念を持って対峙するためです。だから、実際のところ、ある意味ではBDS(ボイコット、ダイベストメント、サンクション)があったから僕はイスラエル公演をすることにしたとも言えるでしょう」

「ザ・パレスティニアン・キャンペーン・フォー・ザ・アカデミック・アンド・カルチュラル・ボイコット・オブ・イスラエル(PACBI)」はその後、ニック・ケイヴの見解について反応を示している。BDS国家委員会の立ち上げメンバーでもあるこの団体は、ツイッターに投稿した声明の中で、ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズがテルアビブで公演を行う決定をしたことで「1つのことが決定的なまでに明らかとなりました。それはテルアビブで演奏することは単純に音楽の問題だけではないということです」と述べている。

「弾圧されている人々に敵対して、弾圧する側に立つという政治的かつ道徳的な決断なのです」

イスラエルでの公演を決断して論争を巻き起こしたバンドはニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズが初めてではなく、レディオヘッドも7月にテルアビブ公演を行っており、批判にさらされていた。

政府がパレスチナの選挙を終わらせ、パレスチナ人全員をイスラエルの法律の下に平等に扱われるようになり、パレスチナ難民が帰国する権利を得られるようになるまで、ロジャー・ウォーターズなどのアーティストは、イスラエルに対する文化的なボイコットを支持するとしている。一方で、トム・ヨークは次のように自身の見解を述べている。「ある国でライヴをすることで、その国の政府を認めることにはならないのです。音楽、芸術、そして学術分野は境界を越えるものであり、境界を作るものではありません。広い心を持つべきであり、狭量なものではないのです。人道、対話、表現の自由を共有するためのものです」

関連NEWS

  1. U2、マーヴィン・ゲイの“What’s Going On”のカヴァー音源をスポティファイで公開

  2. Hazel English

    Hazel English、デビュー・アルバムからの新曲“Five and Dime”の音源が公開

  3. ポール・マッカートニーとリンゴ・スター、トム・ペティに追悼の意を表明

  4. ももクロ有安杏果 1stアルバムのジャケット写真を解禁

  5. ROUGH TRADE

    ROUGH TRADE、2度目のロックダウンを受けて通販&店舗受け取りサービスを開始することを発表

  6. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』より“(I Can’t Get No) Satisfaction”を公開

  7. THE STRUTS

    THE STRUTS、“Tatler Magazine”のMVが公開

  8. Inhaler

    U2のボノの息子が在籍するInhaler、2020年2月に来日公演が決定

  9. Claude Fontaine

    Claude Fontaine、デビュー・アルバムが日本盤でリリースされることが決定

  10. RIZE、JESSE監督による3部作のMV最終章、日仏合作のフルアニメーションを解禁!

  11. リアム・ギャラガー、ジャパン・ツアーを終えて「来年また会おう」とツイート

  12. キラーズ、自身初となる全米アルバム・チャート1位を獲得

  13. U2、白人警察官の無罪判決を受けてセントルイス公演をキャンセル

  14. ブロッサムズ、マンチェスター・アリーナ再オープン公演でノエルと会えたことを明かす

  15. Angelo 11周年記念ライブニコ生独占生中継

  1. 加山雄三

    本日84歳の誕生日の加山雄三、「紅いバラの花」の配信シングルリリ…

    2021.04.11

  2. Justin Bieber

    Justin Bieber、最新作でキング牧師の演説を使ったことについて言及

    2021.04.10

  3. Megadeth

    Megadeth、バンドのマスコットであるVic RattleheadのNFTを売りに出…

    2021.04.10

  4. Easy Life

    Easy Life、最新シングル「a message to myself」のMV公開

    2021.04.10

  5. マカロニえんぴつ

    マカロニえんぴつ 即日完売の全国ホールツアー追加公演、5/23(日)横…

    2021.04.10

  6. Paul Simon

    Paul Simon、全楽曲の出版権をソニー・ミュージック・パブリッシン…

    2021.04.10

  7. Tom Odell

    Tom Odell、「Monster V.2」のMV公開

    2021.04.10

  8. Waterparks

    Waterparks、ニュー・シングル「Numb」のMV公開

    2021.04.10

  9. Dinosaur Jr

    Dinosaur Jr.、来たる新作より新曲「Garden」がMVと共に公開

    2021.04.10

  10. Bobby Gillespie

    Bobby Gillespie、Jehnny Bethとの共同アルバムのリリースが決定&…

    2021.04.10

  1. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20th×21、GTR祭2021 ゲストアーティスト発表

    2021.04.02

  2. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GE…

    2021.04.01

  3. METROCK

    大阪「METROCK」にMAN WITH A MISSION、WANIMA、[Alexandros]、King…

    2021.04.01

  4. FRF

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、「コロナ禍で開催する特別なフジロッ…

    2021.03.26

  5. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、出演アーティスト20組発表

    2021.03.22

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  7. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  8. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14