ノエル・ギャラガー、ロックスターが生まれなくなってしまった原因について語る

ノエル・ギャラガーは新たなインタヴューでロック・ミュージックの現状について語り、ロックスターが新たに生まれることのない状況について憂いている。

ドイツの公共ラジオ「ドイツランドファンク」のインタヴューに応じたノエル・ギャラガーはロック・ミュージックの現状について次のように語っている。

「もうロックスターなんていないんだよ。特にイギリスにおいてはね。今じゃロックスターたちがブツブツ言ってることを笑ってしまわないように気を付けないといけないんだ」

「対照的に、俺がガキの頃には、『一体彼らは何者なんだ?』って感じでさ。デヴィッド・ボウイにキース・リチャーズ、ジョン・ライドンーー彼らはクレイジーだったよ」とノエル・ギャラガーは続けている。

「今のロック・ミュージシャンは馬鹿な奴か40歳以上の奴しかいないわけでさ、もしくは自分で音楽すら書いてない、何も伝えたいことがない野郎なんだよ。あいつらは髪型も最悪だし靴だってヒドイよな」

現在ではアイドルになり得るアーティストはいないのかと訊かれると、次のように答えている。「俺がこれまで尊敬してきた人たちだけだね。モリッシー、ポール・ウェラー、ジョニー・マー、ポール・マッカートニー、U2。ずっと好きだった人たちと同じだよ。10年かけて彼らへの敬意も増していったんだ。そこには誰も新たに加わってないよ」

「この変化の背景には2つの単純な要因があるんだ」とノエル・ギャラガーはロックスターがいなくなってしまった原因について自身の見解を明かしている。「90年代の終わりに、レコード会社はアーティストのために働くことを止めたんだよ。奴らは立場を逆転させて、アーティストに一方的に自分たちのために働かせたんだ。今じゃほとんどのアーティストがレコード会社のためなら何でもやるっていうレコード契約をして、完全に変えられてしまうことに喜んで応じてるんだ」

ノエル・ギャラガーは次のように続けている。「俺たちがオアシスを始めた頃は、『お前らに夢を見させてやるよ。俺たちはお前らのレーベルに就職するし、立場に違いはない』って感じだったんだけどな。今となっては汚いビジネスだよ。とは言え、がむしゃらに名声を求める奴らがいる限りはそれで機能するんだ。俺が始めた頃は、有名人じゃなく金持ちになりたかったんだよ。それしか興味がなかったんだ。名声も悪くないよ、別に邪魔されるわけじゃないしな。けど、それが俺の原動力になることはなかったね」

ノエル・ギャラガーはまた、ロックスターとしての自身について次のように語っている。「俺は自分をロックスターだと思ったことはないよ。厳密に言えばそうかもしれないけどな。けど、最近じゃむしろ音楽ビジネスから距離を置いてるんだ。オアシスを抜けた時、もうレコード契約をしたくないと思ったんだ。今でもレコード契約はしてないしね。俺は自分の好きなようにキャリアをコントロールしたいんだ。例えば、もし俺がユニバーサルと契約したとしたら、こう言われる保証が付いてくるわけだ。『一体何してるんですか? ノエル・ギャラガーらしいサウンドが欲しいんです。それこそ人々が求めてることですし、ソーシャル・メディアで彼らと繋がって私たちもそれを知っていますから』ってな」

「俺はそういうのと戯れるつもりはないからな。俺はどんなものであれ、芸術性の自由と表現の自由を信じてるんだ」

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは11月22日に日本先行でサード・アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?』をリリースする。

関連NEWS

  1. トレヴァー・ホーン、自身のヒット曲をフル・オーケストラで再現した新作のリリースが決定

  2. Billie Eilish

    Tyler The Creator、Billie Eilishに賛辞を寄せる

  3. 安室奈美恵と過ごす最後のクリスマス セブン-イレブン新CM開始

  4. Billie Eilish

    Billie Eilish、デビュー作が全米&全英のアルバム・チャートで初登場1位を獲得

  5. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、コカインをやっていたことでパニック発作に苦しむことになったと語る

  6. BiS「7人でやらせてください!」プー・ルイ活動休止解禁で第2章へ

  7. ATSUSHI(Dragon Ash)×中村達也による【風人雷人】が東北 3 県で開催

  8. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、新型コロナウイルスが収束したらoasisを再結成したいと再び呼びかける

  9. Hazel English

    Hazel English、2年ぶりとなる新曲“Shaking”のMVが公開

  10. リアム・ギャラガー、シェーン・メドウズとミュージック・ビデオの撮影を行ったことが明らかに

  11. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、“Sweet Sweet”を23年ぶりに演奏

  12. Superfly 代表曲の中の代表曲のみを集めたベストアルバムリリース決定

  13. Liam Gallagher、Noel Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherが自分と会いたがっているとツイート

  14. ミューズ、ニュー・シングル“Thought Contagion”のリリース日が決定

  15. リアム・ギャラガー、フー・ファイターズのフェスティバルでクラウドサーフを披露

  1. BEGIN

    BEGIN、石垣島から「うたの日コンサート」を「JALホノルルマラソン…

    2020.12.05

  2. Spotify

    Spotify、全世界で最も再生された2020年のランキングが明らかに

    2020.12.05

  3. Avicii

    Avicii、「Without You」が主題歌に起用された新番組がABEMAで配信…

    2020.12.05

  4. KNOTFEST JAPAN

    KNOTFEST JAPAN、2021年1月に延期されていた振替公演の再延期が決定

    2020.12.05

  5. Matt Berninger

    The NationalのMatt Berninger、米TV番組で「I’m Waiting for the M…

    2020.12.05

  6. U.S. Girls

    U.S. Girls、クリスマス・ソングとなる新曲「Santa Stay Home」が公…

    2020.12.05

  7. Anohni

    Anohni、Gloria Gaynorの「I Will Survive」をカヴァーした音源が公…

    2020.12.05

  8. Finneas O'Connell

    Finneas O’Connell、新曲「Another Year」が公開

    2020.12.05

  9. Pentatonix

    Pentatonix、クリスマス・アルバムより「12 Days of Christmas」の…

    2020.12.05

  10. Duran Duran

    Duran Duran、2021年に行うロンドンのハイド・パーク公演の日程を発…

    2020.12.05

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  3. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  4. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  5. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  7. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  8. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  9. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  10. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01