『パーティで女の子に話しかけるには』J・C・ミッチェル監督が一番のお気に入り、 日米ハーフシンガーソングライター・Mitskiを最新作のエンディング曲に起用!

来週末12/1に公開となりますジョン・キャメロン・ミッチェル監督最新作『パーティで女の子に話しかけるには』のエンディング曲に、日米ハーフシンガーソングライター・Mitskiを最新作が起用された。

その映画の主題歌「Between the Breaths」を歌っているMitskiが、ジャパンツアーを控えて来日。
日本での映画世界初公開を控え、メッセージを寄せてくれた。

「作曲はXiuXiuのジェイミー・スチュワートが手がけたのですが、監督のジョン・キャメロン・ミッチェルにボーカルを頼まれて、歌わせていただきました。ジョン・キャメロン・ミッチェルと私とプロデューサーの3人でスタジオに入って、とても楽しんで作れました。」

「Between the Breaths」は映画のエンドロールで使用されている曲で、予告編にも使用されている。
予告編解禁時からネットではこの曲の情報を求めるリアクションがいくつも起きるなど反響があり、映画公開に向けてぜひチェックしたい楽曲。
MitskiはNYで活躍する日米ハーフのシンガーソングライターで、2015年にはRolling Stone誌の「知っておくべき10人のアーティスト」に選出されたほか、昨年発表した最新アルバム『ピューバティー2』はTIME誌をはじめ、Rolling Stoneなど数多くのメディアが選ぶ「ベスト・アルバム2016」にリスト・アップされている。
さらに、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督もMitskiを「今一番注目しているアーティスト」と公言。
本作の音楽を担当しているジェイミー・スチュワートとミッチェル監督がこの曲の作詞・作曲を手掛け、Mitskiに歌を打診した注目のコラボが実現している。
Mitskiによるジャパンツアーは11月24日(金)の恵比寿 LIQUIDROOMを皮切りに実施されるので、こちらも要チェック!
また、「Between the Breaths」も収められている本作のサウンドトラックがiTunesやApple Musicなどデジタル ミュージックストアにて11月24日(金)より配信が決定!(価格1600円) 
詳細は、配信サイトより「How to Talk to Girls at Parties」で検索を!

パーティで女の子に話しかけるには


<『パーティで女の子に話しかけるには』 STORY> 
パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

・監督・脚本:ジョン・キャメロン・ミッチェル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
・原作:ニール・ゲイマン「パーティで女の子に話しかけるには」
・衣装:サンディ・パウエル『キャロル』、『ベルベット・ゴールドマイン』
・出演:エル・ファニング 『20センチュリー・ウーマン』、アレックス・シャープ「夜中に犬に起こった奇妙な事件」
ニコール・キッドマン『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
・配給:ギャガ   © COLONY FILMS LIMITED 2016
公式サイト http://gaga.ne.jp/girlsatparties

関連NEWS

  1. 俳優・伊藤沙莉も絶賛!「コントラ KONTORA」ティザー予告&ポスタービジュアル解禁

  2. © 2020 A Gift From Bob Production Ltd. All Rights Reserved.

    世界中を感動に包んだ映画の続編『ボブという名の猫2』(仮)が2021年公開!

  3. アラン・ドロンとのデュエット曲などで一世を風靡したフランスの歌姫の生き様捉えた仏映画『ダリダ』5月公開決定!

  4. ダリダ~あまい囁き~ コラボ企画でティーキャラバン

  5. 映画『ダリダ』公開に先駆け、名曲揃いのサントラ発売