Dream Wife、セカンド・アルバムの詳細を発表&新曲“Sports!”が公開

Dream Wife

ドリーム・ワイフはセカンド・アルバム『ソー・ホエン・ユー・ゴナ』をリリースすることを発表し、最初の楽曲となる“Sports!”が公開されている。

ロンドンを拠点とするドリーム・ワイフは2018年1月にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースしており、『NME』は当時「この退屈な1月、ひいては2018年全体においても聴くことのできる最もエキサイティングなもの」と評していた。

週末にかけてシーンへの復帰を予告していたドリーム・ワイフだが、新たなスタジオ・アルバムがラッキー・ナンバーより7月3日にリリースされることが決定している。

アルバムからは“Sports!”がBBCラジオ1のアニー・マックのホッテスト・レコード・イン・ザ・ワールドとして公開されている。

“Sports!”のミュージック・ビデオはこちらから。

ドリーム・ワイフ自身が監督を手掛けたミュージック・ビデオはメンバーが目をみはる衣装に身を包んで様々なスポーツに挑戦するものとなっている。

アニー・マックに対して新作『ソー・ホエン・ユー・ゴナ』は「全員女性のチーム」によってレコーディングされたとのことで、音楽業界のジェンダー的不均衡について言及している。

ドリーム・ワイフは“Sports!”のミュージック・ビデオについて次のように語っている。「現実的な面でも、非現実的な面でも複数のレベルで『スポーツ』というものを祝福して、戯れてみたの。スポーツのナンセンスな部分を追求したり、競争の真剣さやルールの厳格さをもてあそぶことで、自分の身体であること、チームを組むことの楽しさ、それをやるためだけにやること、エンドルフィンや汗の重要さを伝えようとしたの」

「スポーツをやることは自分のためであれば素晴らしいことだけど、自分の身体を意識する方法はたくさんある。私たちにとってそれはロックのライヴなの。ロックンロールは究極のスポーツで、私たちはチームなのよ」

関連NEWS

  1. Dream Wife

    Dream Wife、来たる新作より新曲“So When You Gonna”が公開

  2. Dream Wife

    Dream Wife、ライヴ・アルバムより未発表曲「Cheap Thrills」の音源が公開

  3. Dream Wife

    Dream Wife、新作より“Hasta La Vista”のMV公開