ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

ニール・ヤングは50年以上に及ぶアーカイヴ音源をオンラインで無料で公開している。

ニール・ヤングが今回公開したサイトではファンは彼のソロのカタログ音源のほか、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやバッファロー・スプリングフィールドの音源にもアクセスすることができる。

カルチャー・サイト「アップロックス」によれば、このサイトを発表するにあたって、ニール・ヤングは次のように述べている。「僕らはファンや歴史家に簡便な状況で僕の音楽とすべてのアーカイヴに前例のないアクセスを提供するために(このサイトを)進めてきました」

アーカイヴには「一つないしは二つの理由で当時リリースしなかった」未発表音源も含まれているとした上で、「多くの曲は年月が経つにつれて、徐々に別のアルバムに収録されている」としている。

彼は次のように続けている。「このアーカイヴは現在進行系のドキュメントにすべく設計されていて、常に発展し、新しい音源や映像も作られた時点で収録されます。まだ完全ではありませんが、昔のレコーディング音源についても多くのディテイルを追加している最中です」

音源の多くは可能の限り最高の音質でアップロードされているという。ニール・ヤングは次のように述べている。「現在のところ、他のストリーミング・サービスではない、コンプレッションのかかっていない最高の分解能で音源を手にすることができます。個々の音源を高音質で再生するにあたって、あなたの帯域が十分なものであれば、最高の分解能で音源を手にすることができます。これ以上にない最高のものです」

ニール・ヤングのアーカイヴ・ページはこちらから。

http://www.neilyoungarchives.com

このサイトのオープンにあたってニール・ヤングは1時間30分以上に及ぶライヴの生中継動画も公開されている。

ライヴ映像はこちらから。

https://www.facebook.com/NeilYoung/videos/10159601154410317/

関連NEWS

  1. Rex Orange County

    Rex Orange County、2020年5月に来日公演が決定

  2. ウドー音楽事務所が招聘した海外アーティストのサインやギター、秘蔵写真の展示会が有楽町で開催

  3. セックス・ピストルズ、40周年を記念して『勝手にしやがれ!!』の35周年盤が再発されることに

  4. レディオヘッドやレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、2018年にロックの殿堂入りか

  5. ポール・マッカートニーによるファッツ・ドミノへの追悼文の全文訳を掲載

  6. エミネム、『カミカゼ』と“Killshot”で今年2つの記録を作っていることが明らかに

  7. Yaeji

    Yaeji、今月リリースのミックステープより“What We Drew”のMV公開

  8. ジョン・レノンの名前に酷似したレモン飲料、商標侵害で名前が変更されることに

  9. カセットテープの祭典CASSETTE STORE DAY JAPAN 2018 – 10月13日(土)開催!

  10. SEKAI NO OWARI

    SEKAI NO OWARI 「The Colors」アジア公演完走! TOUR 2019 「The Colors」の模様を収めたSEKAI NO OWARIBlu-ray & DVDがリリース

  11. ローリング・ストーンズ、12/2午前5時よりグローバル・リスニング・イベントを開催

  12. リリー・アレン、来年回想録を刊行する予定であることが明らかに

  13. Neil Young

    Neil Young、アメリカ連邦議会への乱入事件についてのメッセージを投稿

  14. Hi-STANDARD、10月4日発売「THE GIFT」リアルショップ限定特典決定!

  15. Greta Van Fleet

    Greta Van Fleet、「サタデー・ナイト・ライヴ」のパフォーマンス映像が公開