ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

ニール・ヤングは50年以上に及ぶアーカイヴ音源をオンラインで無料で公開している。

ニール・ヤングが今回公開したサイトではファンは彼のソロのカタログ音源のほか、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやバッファロー・スプリングフィールドの音源にもアクセスすることができる。

カルチャー・サイト「アップロックス」によれば、このサイトを発表するにあたって、ニール・ヤングは次のように述べている。「僕らはファンや歴史家に簡便な状況で僕の音楽とすべてのアーカイヴに前例のないアクセスを提供するために(このサイトを)進めてきました」

アーカイヴには「一つないしは二つの理由で当時リリースしなかった」未発表音源も含まれているとした上で、「多くの曲は年月が経つにつれて、徐々に別のアルバムに収録されている」としている。

彼は次のように続けている。「このアーカイヴは現在進行系のドキュメントにすべく設計されていて、常に発展し、新しい音源や映像も作られた時点で収録されます。まだ完全ではありませんが、昔のレコーディング音源についても多くのディテイルを追加している最中です」

音源の多くは可能の限り最高の音質でアップロードされているという。ニール・ヤングは次のように述べている。「現在のところ、他のストリーミング・サービスではない、コンプレッションのかかっていない最高の分解能で音源を手にすることができます。個々の音源を高音質で再生するにあたって、あなたの帯域が十分なものであれば、最高の分解能で音源を手にすることができます。これ以上にない最高のものです」

ニール・ヤングのアーカイヴ・ページはこちらから。

http://www.neilyoungarchives.com

このサイトのオープンにあたってニール・ヤングは1時間30分以上に及ぶライヴの生中継動画も公開されている。

ライヴ映像はこちらから。

https://www.facebook.com/NeilYoung/videos/10159601154410317/

RECOMMEND NEWS

  1. ザ・エックス・エックス、バンド自らが選曲した来日記念盤リミックス集のリリースが決定

  2. 松たか子 NHK朝ドラ主題歌で8年ぶりシングル発売

  3. ノエル・ギャラガー、初週で全英1位を獲得もリアム・ギャラガーの売上に届かず

  4. グラストンベリー・フェスティバル、次回の開催日程が発表に

  5. リアム・ギャラガー、兄のノエルと再会することになったことを明かす

  6. シガレッツ・アフター・セックス、11月に東京1夜限りの来日公演が決定

  7. ジャック・ホワイト、突如新曲“Servings and Portions from my Boarding House Reach”を公開

  8. ABBA、ヴァーチャル・リアリティ技術を用いたツアーについて更なる情報が明らかに

  9. ウィーザー、新作より新曲“Weekend Woman”を公開

  10. m-flo LISA復帰発表早々ミュージックシーンの歴史塗り替える

  11. Superfly 髪をバッサリ切って復活、10周年記念ライブで力強い歌声

  12. ニール・ヤング、レコード会社が自身のハイレゾ音楽プレイヤー「PONO」を殺したと主張

  13. マルーン5、最新シングル“What Lovers Do”のミュージック・ビデオを公開

  14. リリー・アレン、来年回想録を刊行する予定であることが明らかに

  15. 宇多田ヒカル「もっとベーシックに戻って」制作した最新曲MV