ニール・ヤング、50年以上に及ぶキャリアを網羅した音源をオンラインで無料にて公開

ニール・ヤングは50年以上に及ぶアーカイヴ音源をオンラインで無料で公開している。

ニール・ヤングが今回公開したサイトではファンは彼のソロのカタログ音源のほか、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやバッファロー・スプリングフィールドの音源にもアクセスすることができる。

カルチャー・サイト「アップロックス」によれば、このサイトを発表するにあたって、ニール・ヤングは次のように述べている。「僕らはファンや歴史家に簡便な状況で僕の音楽とすべてのアーカイヴに前例のないアクセスを提供するために(このサイトを)進めてきました」

アーカイヴには「一つないしは二つの理由で当時リリースしなかった」未発表音源も含まれているとした上で、「多くの曲は年月が経つにつれて、徐々に別のアルバムに収録されている」としている。

彼は次のように続けている。「このアーカイヴは現在進行系のドキュメントにすべく設計されていて、常に発展し、新しい音源や映像も作られた時点で収録されます。まだ完全ではありませんが、昔のレコーディング音源についても多くのディテイルを追加している最中です」

音源の多くは可能の限り最高の音質でアップロードされているという。ニール・ヤングは次のように述べている。「現在のところ、他のストリーミング・サービスではない、コンプレッションのかかっていない最高の分解能で音源を手にすることができます。個々の音源を高音質で再生するにあたって、あなたの帯域が十分なものであれば、最高の分解能で音源を手にすることができます。これ以上にない最高のものです」

ニール・ヤングのアーカイヴ・ページはこちらから。

http://www.neilyoungarchives.com

このサイトのオープンにあたってニール・ヤングは1時間30分以上に及ぶライヴの生中継動画も公開されている。

ライヴ映像はこちらから。

https://www.facebook.com/NeilYoung/videos/10159601154410317/

関連NEWS

  1. Fuck Tha Police

    ハッカー集団のアノニマス、シカゴ警察署のラジオでN.W.A.の“Fuck Tha Police”を流す

  2. H ZETTRIO 年末追加公演、年明けホールツアー、完売続出! 来春ニュー・アルバム発表!アジア国際映画祭上映作品に新曲提供も!

  3. Daniel Ek

    Spotifyの創業者のDaniel Ek、新たな買収案を準備していると報道

  4. SUGIZOソロ20周年記念アルバム『ONENESS M』から、第二弾発表の参加アーティスト6名コメントを公開

  5. シール、11/10発売の『スタンダーズ』の日本盤ボーナストラックがJ-WAVEで世界初オンエア

  6. TOM MISCH

    TOM MISCH、日本テレビ系「スッキリ」でのパフォーマンスの放映日が決定

  7. The Regrettes

    The Regrettes、2020年1月に来日公演が決定

  8. RECORD STORE DAY

    RECORD STORE DAY、2020年のリリース一覧が明らかに

  9. 桑田佳祐 アルバム”1位返り咲き”は20年ぶりの快挙

  10. Neil Young

    Neil Young、歴史ある会場で数ヶ月のうちにツアーをやりたい自身の意向を明かす

  11. Fever333

    Fever333、ブラック・ライヴス・マターに資金を募るためにライヴを生配信

  12. 佐藤タイジ&森俊之のエレクトロユニットThe SunPaulo が8年ぶりの新曲をリリース&リリースツアー開催。

  13. リアム・ギャラガー、いつもパーカーとサングラスを身に着けている理由を明かす

  14. ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』のトラックリストをツイッターで発表

  15. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、アレクサ・チャンと復縁か