VAMPS、活動休止が決まる前の貴重なオフィシャルインタビュー

12月1日18時に活動休止を発表したが、本日映像商品「 LIVE 2017 UNDERWORLD」をリリース。そして、活動休止が決まる前に取材された貴重なオフィシャルインタビューが到着。HYDEとK.A.ZのUNDERWORLDツアーへの想いを是非チェックしてみよう。 < オフィシャル・インタビュー> 約2年半ぶりにリリースしたニューアルバム『UNDERWORLD』を携え、東京・ZEPP TOKYO 6公演をスタートに北は札幌、南は熊本まで5ヵ月に渡って、全国9都市24公演を回った。“ LIVE 2017 UNDERWORLD”とタイトルされた今ツアー中、初めて訪れたZEPP OSAKA BAYSIDEにて行なわれた全4公演の最終日(7月26日)のステージを完全収録したライヴ映像作品(DVD/Blu-ray)が12月6日、リリースされる。世界に照準を定め、世界基準のサウンドを求めて渡米し、トップクラスのプロデューサー陣とタッグを組んで制作された『UNDERWORLD』を、ライヴという肉体的表現を以て聴覚的にはもちろん視覚的にも見事に体現されたステージと新たに拓かれたの魅力を存分に堪能してほしい。今作の見どころ、映像作品に込めた想いについてHYDEとK.A.Zに語ってもらった。 ——ツアーベースのライヴ映像作品としては2年ぶりのリリースとなる『 LIVE 2017 UNDERWORLD』ですが、今、こうしてパッケージされた映像を観て思うことなどはありますか。 HYDE:4月にリリースしたニューアルバム『UNDERWORLD』はにとって音楽的な変化が大きな作品だったと思うんですよ。それに伴って今回のツアー“ LIVE 2017 UNDERWORLD”もライヴの演出的な部分とか、いろいろ大きく変わっていって。かなりヘヴィな部分が強調されたアルバムだし、そのイメージでライヴを作ったので、今までのものとはかなり印象が違いますね。より攻撃的でダークなというのは客観的に観ていてもすごく新鮮でした。 K.A.Z:俺も観てて面白かった。『UNDERWORLD』の楽曲と世界観がしっかり映像に入ってていいなと思ったね。 HYDE:そうだね、アルバムの曲は全部入ってるもんね。 K.A.Z:あと、今回のツアーの前にアメリカでもツアーをしてるんだけど、それによって演奏もいっそうタイトになったし、1曲1曲の世界観も音でしっかり表現できるようになって。だから、すごくベストな状態のを映像にギュッと詰め込めたんじゃないかな。臨場感も熱気もすごく感じられるし、『UNDERWORLD』の世界観が視覚的にもしっかり表現されてます。 ——アルバムからツアーという流れがあって、こうして映像作品としてリリースされることで『UNDERWORLD』の世界観が本当の意味で完成するのかもしれませんね。 K.A.Z:完成というのとはまたちょっと違う気がするかな。アルバムも、ツアーの1公演1公演も、もちろんこのライヴ映像作品も、ひとつひとつが『UNDERWORLD』っていう世界の断片だと思ってて。その断片たちが繋がっていくことで初めてひとつの流れになる。アルバムだけ、とかだと点で終わっちゃう気がして。ちゃんと全部を線にして流れを作っていくことが重要なんじゃないかなと思うね。 ——そういう意味でもライヴ映像作品というのはにとってアルバムと同じくらい大事なアイテムだという気がします。 HYDE:たしかにそうかもしれないね。僕自身はそこまで考えてなかったけど(笑)。 ——でも残したいという気持ちがあるから、こうして作品にされるわけですよね? HYDE:もちろんそういう気持ちもあるけど、今回の作品は新しいを世の中に広めるっていう意味合いのほうが大きかったかな。これまでは“せっかくだから今の演出を映像化しておきたい”っていう気持ちだったけど、今回はそれ以上に今のを映像的にも広めたい。そのためのアイテムという感覚のほうが強いです。 ——今の、ですか。 HYDE:そう。『UNDERWORLD』の世界観を体現した、これまでとはまた雰囲気の違うというか。ダークでシアトリカルな。 ——例えばメイクにしてもそうですよね。今回は明らかにシアトリカルな世界を意識されていて。そうした細かなところもしっかり観られるのがライヴ映像作品のいいところだと思いました。ZEPPクラスのライヴ会場だと遠目ではわかりづらかったりするので。 HYDE:目が光ってるところとか、客席の前のほうじゃないとなかなか見えないもんね(笑)。そういうところをちゃんと観てもらえるのは僕らもうれしいです。 ——あと、ギターを弾いてるK.A.Zさんの手元がアップになったりもするので、ギターキッズは必見だな、と。 K.A.Z:ははははは、それで何か感じてもらえるならうれしいね。自分ではもう見飽きてるんだけど(笑)。 ——いやいやいや。あと、すごく細かいことなんですけど……「EVIL」の演奏中にHYDEさん、小指を立てた両手をくっつけてハンドサインをされていますよね。あれにはどんな意味が? HYDE:これ(メロイックサイン/人差し指と小指を立てたもの)の両手バージョンのつもりでやってるんだけどね。海外のアーティストでもたまにやってるのを見かけるし。 ——なるほど!大きいキツネか?ってちょっと思ってました。 HYDE:そんなわけないじゃん(笑)。 K.A.Z:片手のキツネなら今年の“HALLOWEEN PARTY 2017”で俺がやってたけど(笑)。 ——例えば、今作を特にどんな人に観てほしいとかありますか。 HYDE:日本のファンやまだのライヴを観たことのない人にももちろん観てほしいんですけど、それ以上に海外の人に観せたいっていう気持ちが大きいですね。『UNDERWORLD』という新たな世界観、新たなの雰囲気というものを改めて輸出したい。そっちのほうが気持ち的には強いかもしれない。日本での盛り上がりを海外の人たちに示すっていう意味ももちろんあるし、そういうところも含めて戦略のひとつとして。 ——では海外の人たちにどういう部分をいちばん伝えたい? HYDE:やっぱりハードコアなところですね。ディープな部分とか、そういうところを見せたいとは思ってます。それって自分たちがもともと持っていた要素でもあるんだけど、より強まった形になってると思うので。例えばアメリカでフェスに出て、海外のバンドたちの中で勝負をするときに、自分たちのスタイルもこういう方向性のほうが響く気がするんですよ。これまでだともう少し美しい部分っていうんですかね、ふたりともイケメンだから(笑)、ついつい美しいところが出ちゃってたんだけど、今回はもっと違う部分で勝負したいなって。

1

2

関連NEWS

  1. デペッシュ・モード、最新作より“Cover Me”のミュージック・ビデオを公開

  2. シーア、映画に提供した新曲“Rainbow”のミュージック・ビデオを公開

  3. ポール・マッカートニーとリンゴ・スター、トム・ペティに追悼の意を表明

  4. テイラー・スウィフト、ゾンビに変身するまでを追った舞台裏映像を公開

  5. ペイヴメント、結成30周年を迎える2019年に再結成か?

  6. サマーソニック2018、開催決定

  7. Warp

    Warp Records、30周年特設サイトがオープン

  8. Dan-Sturgess

    Kobra And The Lotus、9月に新作をリリースすることが決定

  9. エミネム、ニュー・アルバムのリリース日が決定

  10. RIZE 結成20周年イヤー企画、ファン投票による ”ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN” の制作が決定!

  11. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のアコースティック・バージョンを公開

  12. プロフェッツ・オブ・レイジ、アルバムより“Hail to the Chief”のビデオを公開

  13. POPSPRING 2018、第2弾ラインナップ発表

  14. Pledge Music

    クラウドファウンディング・サイトのPledge Music、会社の整理に入ることが明らかに

  15. ザ・ナショナル、約30分のスタジオ・ライヴ映像が公開

  1. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、ストリーミング限定EPより“I Cant Read ’97”の音源が…

    2020.01.21

  2. Metallica

    MetallicaのJames、リハビリ以来初めて公の場に姿を見せることに

    2020.01.21

  3. Night Tempo

    Night Tempo、2月に来日公演が決定

    2020.01.21

  4. Governors Ball

    Governors Ball、2020年の全ラインナップが発表に

    2020.01.21

  5. The 1975

    The 1975、来たる新作よりニュー・シングル“Me And You Together So…

    2020.01.21

  6. Lauv

    Lauv、デビュー・アルバムより“Tattoos Together”のMVが公開

    2020.01.21

  7. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、3Dのアートワークのために撮影された未公開映像がオン…

    2020.01.21

  8. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、トロフィー・ハンティングに反対するキャンペーン…

    2020.01.21

  9. Happy Ending

    大滝詠一、デビュー50周年記念盤『Happy Ending』収録曲&予約特典…

    2020.01.21

  10. Porridge Radio

    Porridge Radio、初のスタジオ・アルバムのリリースを発表&新曲“Sw…

    2020.01.21

  1. PACIFIC BEACH

    PACIFIC BEACH FESTIVAL’20 第1弾アーティスト発表&事務局早割…

    2020.01.18

  2. VIVA LA ROCK 2020

    『VIVA LA ROCK 2020』第3弾出演アーティスト&日割り発表 赤い公…

    2020.01.17

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020開催決定、オフィシャルグッズが早くも発売

    2019.12.26

  4. SUPERSONIC

    SUPERSONIC、2020年9月に開催決定

    2019.12.25

  5. VIVA LA ROCK

    『VIVA LA ROCK 2020』第2弾出演に10-FEET、Age Factory、HEY-SMITH…

    2019.12.16

  6. ARABAKI ROCK FEST.20

    ARABAKI ROCK FEST.20 第1弾出演アーティストに仲井戸麗市、The Bir…

    2019.12.11

  7. 貴ちゃんナイト

    中村貴子主催<貴ちゃんナイト vol.12>にLOW IQ 01、大木伸夫(ACI…

    2019.12.02

  8. PACIFIC BEACH FESTIVAL

    PACIFIC BEACH FESTIVAL 20 開催決定

    2019.11.27

  9. VIVA LA ROCK

    『VIVA LA ROCK』2020年は4日間開催 埼玉県限定超先行チケット受付…

    2019.09.30