ストーン・ローゼズ、バンドとしての活動を完全に休止か

ザ・ストーン・ローゼズはツアーのために設立した会社が清算される見込みとなっており、活動を休止したのではないかという噂が広がっている。 ザ・ストーン・ローゼズは現時点で最後の公演となっている今年6月のグラスゴー公演で、フロントマンのイアン・ブラウンが「終わることを悲しまないで、実現したことを喜んでほしい」と語ったことを受けて、これが最後のライヴになるのではないかと噂されていた。その後、イアン・ブラウンはソロ・アルバムに取り組んでいることが報じられていた。 今回、英国会社登記所による書類によれば、2015年にバンドが立ち上げたツアーのための会社「セカンド・ツアリング」は今年10月に強制登記抹消の官報を受けたという。これはそれに反対する行為を起こさなかった場合、12月24日に会社の登記が抹消され、清算されることになる。 『NME』はバンドの広報担当に連絡をとっているが、コメントを得られていない。 先日、ザ・ストーン・ローゼズの伝記を執筆したジョン・ロブは活動休止の噂について自身の考えを語っている。 「彼らが活動を休止したと100%公式な形で発表されたわけではないけれど、そう見えるってことだよね」とジョン・ロブは『NME』に語っている。「彼らについて言えるのは、ザ・ストーン・ローゼズに確かなことなんて一つもないということだよ。それが彼らを面白いバンドにしている要素の一つなんだ」 「僕はマニック・ストリート・プリーチャーズが大好きだけど、彼らには確固たるものがある。これは彼らへの批判とかじゃないんだ。でも、マニックスは他のメンバーの人生のためにもバンドであり続けるのが分かるだろ。ザ・ストーン・ローゼズについては、バンドを組んだ最初の日から常に波乱を含んでいるわけでね。彼らの輝きっていうのは儚く、掴みどころがなくて、消えてしまうものなんだ。一度手にしても、もう一度手放してしまうんだよ」 彼は次のように続けている。「それを手にした時というのは、そりゃあもうすごいんだ。去年、彼らがマンチェスターでやった時はマジカルだったよ。すごく素晴らしくて、パワフルなバンドだったからね」

関連NEWS

  1. 今年のマーキュリー・プライズの受賞者が発表に&授賞式の全パフォーマンス映像が公開

  2. GHOST

    GHOST、DOWNLOAD FESTIVALの来日時にサイン会&撮影会の開催が決定

  3. キラーズ、ドナルド・トランプ政権下での北朝鮮情勢について語る

  4. Stella Donnelly

    Stella Donnelly、12月の来日公演に追加公演が決定

  5. The Stone Roses

    The Stone RosesのJohn Squire、バンドが終わったことを認める

  6. ジ・インターネット、2018年1月に来日公演が決定

  7. ミューズ、ニュー・アルバムからの新曲“Pressure”のリリースを予告

  8. SoundCloud

    SoundCloud、リスナーがアーティストに直接支払いをできるシステムを採用することに

  9. Soccer Mommy

    Soccer Mommy、3曲のスタジオ・ライヴ映像が公開

  10. ジョン・レノン、『イマジン:アルティメイト・コレクション』の発売に向けて特集コンテンツが公開

  11. フィフス・ハーモニー、米TV番組での“He Like That”のパフォーマンス映像が公開

  12. Inhaler

    U2のボノの息子が在籍するInhaler、デビュー曲“Ice Cream Sundae”が公開

  13. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して高見沢俊彦によるプレイリストが公開

  14. 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017 山田将司(THE BACK HORN)ら出演 トークセッション・映画上映など追加発表

  15. マリリン・マンソン、テキサス州銃乱射事件を受けてマシンガンを使った自身の演出について声明