アメリカでコンサートやフェスティバルに行くためのスーツが開発されることに

Festivals

あるデザイン・メーカーが新型コロナウイルスのパンデミック後もフェスティバルやライヴに行くことを可能にする防護スーツの開発計画を明かしている。

マイクラシェルと名付けられたこのスーツはカリフォルニア州のプロダクション・クラブによってデザインされたもので、ヘルメット、濾過装置、多くのLEDライトが盛り込まれている。

NBCによるインタヴューでデザインを担当したチームはソーシャル・ディスタンスをしなくてもフェスティバルや会場に観客が戻ってくることを望んでいると語っている。

「マイクラシェルは安全に人々が集まれる解決策です」とプロダクション・クラブの開発責任者のミゲル・リスエニオは語っている。

「これは浮遊粒子やウイルスに接近した際の安全を次の次元へと持っていくハーフ・スーツです」

未来的なデザインとなっているマイクラシェルだが、装着型のキャニスターを使ってスーツを着ながら飲み物やヴェイプも楽しむことができるという。

ミゲル・リスエニオは来場者がスーツを会場から借りて、使用後は会場側が殺菌・洗浄を行うことも考えられるとしている。

「人々は外出するのですから、解決策を見つけなければならないと私たちは考えています。人々は今もパーティーに行っていて、ソーシャル・ディスタンスの基準を無視していますから。私たちの解決策によって誰もがその空間を利用することができます。ソーシャル・ディスタンスではなく、自分のスペースだけでいいのです」

プロダクション・クラブは現在このスーツの第1弾プロトタイプに取り組んでいるという。

先日、アーカンソー州ではアメリカで初となる「ソーシャル・ディスタンス」下のコンサートが議論が広がる中で開催されている。

ビショップ・ガンのフロントマンであるトラヴィス・マクレディーによる公演は会場のテンプルライヴが発表した基準がアサ・ハッチンソン知事が州のガイドラインに適応していないということで、一度禁止命令が出されていた。

しかし、テンプルライヴは当初の予定日から3日延期して、現地時間5月18日に公演が実施されている。

また、アメリカの医療専門家は新型コロナウイルスのパンデミックを踏まえてフェスティバルやコンサートは来年の秋まで開催できないのではないかという予想を発表している。また、多くのアメリカ人は新型コロナウイルスのワクチンができるまでコンサートには行かないと考えている世論調査も発表されている。

デンマークではドライブスルーによるコンサートも実施されている。

関連NEWS

  1. Clockenflap

    香港のClockenflap Festival、デモによる衝突の激化を受けて中止を発表

  2. Download Festival

    Download Festival 2024、22組の追加ラインナップを発表

  3. Bonnaroo Festival

    Bonnaroo Festival、2020年のラインナップが発表に

  4. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

  5. Download Festival

    Download Festival、2024年のヘッドライナーが明らかに

  6. Glastonbury

    グラストンベリー・フェスティバルの主催者、来年のヘッドライナーについてのファンの憶測を否定

  7. FFKT 2023

    FFKT 2023、第1弾出演ラインナップを発表

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、開催予定日の3日間に「FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON YOUTUBE」が決定

  9. 「MAIZURU PLAYBACK FES.」第1弾アーティスト解禁

  10. CIRCLE’22、出演アーティストを発表

  11. SUPERSONIC

    SUPERSONIC、2020年9月に開催決定

  12. GMO SONIC 2024

    GMO SONIC 2024、第2弾出演アーティストを発表

  13. rural

    rural 2023、第2弾ラインナップが明らかに

  14. 「rural presents New Acao」

    「rural presents New Acao」、追加の出演者を発表

  15. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GENERATION、Chara、Dragon Ashら

  1. 森高千里、デビュー37周年記念日にライヴ音源【from『「この街」TOU…

    2024.05.25

  2. Paul Weller

    Paul Weller、新作の発売を記念して非売品コースターがもらえる感想…

    2024.05.24

  3. Gayle

    Gayle、来日公演を記念して東京ビジュアルアーツ・アカデミーにてト…

    2024.05.24

  4. 「UKFC on the Road」第二弾でHelsinki Lambda Club、POLYSICS、 th…

    2024.05.24

  5. ゲスの極み乙女

    ゲスの極み乙女『ディスコの卵』のCD化が発売決定

    2024.05.24

  6. Noel Gallagher

    Noel Gallagherらが出演するドキュメンタリー『CAMDEN』のトレイラ…

    2024.05.24

  7. Bon Jovi

    Bon Jovi、ポップアップ・ストアが6月7日から23日までオープンする…

    2024.05.24

  8. エターナルメモリー

    年度アカデミー賞ノミネート『エターナルメモリー』公開決定!本ポ…

    2024.05.24

  9. Billie Eilish

    Billie Eilish、『HIT ME HARD AND SOFT』について語る公式インタヴ…

    2024.05.24

  10. Tame Impala

    Tame ImpalaのKevin Parker、カタログの権利をソニー・ミュージック…

    2024.05.24

  1. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第3弾出演アーティスト発表

    2024.05.24

  2. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  3. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  4. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  5. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  6. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13