アメリカでコンサートやフェスティバルに行くためのスーツが開発されることに

Festivals

あるデザイン・メーカーが新型コロナウイルスのパンデミック後もフェスティバルやライヴに行くことを可能にする防護スーツの開発計画を明かしている。

マイクラシェルと名付けられたこのスーツはカリフォルニア州のプロダクション・クラブによってデザインされたもので、ヘルメット、濾過装置、多くのLEDライトが盛り込まれている。

NBCによるインタヴューでデザインを担当したチームはソーシャル・ディスタンスをしなくてもフェスティバルや会場に観客が戻ってくることを望んでいると語っている。

「マイクラシェルは安全に人々が集まれる解決策です」とプロダクション・クラブの開発責任者のミゲル・リスエニオは語っている。

「これは浮遊粒子やウイルスに接近した際の安全を次の次元へと持っていくハーフ・スーツです」

未来的なデザインとなっているマイクラシェルだが、装着型のキャニスターを使ってスーツを着ながら飲み物やヴェイプも楽しむことができるという。

ミゲル・リスエニオは来場者がスーツを会場から借りて、使用後は会場側が殺菌・洗浄を行うことも考えられるとしている。

「人々は外出するのですから、解決策を見つけなければならないと私たちは考えています。人々は今もパーティーに行っていて、ソーシャル・ディスタンスの基準を無視していますから。私たちの解決策によって誰もがその空間を利用することができます。ソーシャル・ディスタンスではなく、自分のスペースだけでいいのです」

プロダクション・クラブは現在このスーツの第1弾プロトタイプに取り組んでいるという。

先日、アーカンソー州ではアメリカで初となる「ソーシャル・ディスタンス」下のコンサートが議論が広がる中で開催されている。

ビショップ・ガンのフロントマンであるトラヴィス・マクレディーによる公演は会場のテンプルライヴが発表した基準がアサ・ハッチンソン知事が州のガイドラインに適応していないということで、一度禁止命令が出されていた。

しかし、テンプルライヴは当初の予定日から3日延期して、現地時間5月18日に公演が実施されている。

また、アメリカの医療専門家は新型コロナウイルスのパンデミックを踏まえてフェスティバルやコンサートは来年の秋まで開催できないのではないかという予想を発表している。また、多くのアメリカ人は新型コロナウイルスのワクチンができるまでコンサートには行かないと考えている世論調査も発表されている。

デンマークではドライブスルーによるコンサートも実施されている。

関連NEWS

  1. GLASTONBURY FESTIVAL

    GLASTONBURY FESTIVAL、来年のヘッドライナーの1組は女性であることが明らかに

  2. rural 2019

    長野で開催の野外パーティー「rural 2019」、タイムテーブルを発表

  3. Lollapalooza 2019、ヘッドライナーを含めたラインナップが発表に

  4. Reading Festival

    Reading Festival、第2弾ラインナップを発表

  5. MUTEK.JP 2019

    MUTEK.JP 2019、第1弾ラインナップを発表

  6. Perry Farrell

    Jane’s AddictionのPerry Farrell、ロラパルーザの開催に言及

  7. Download Festival

    Download Festival、2022年の追加ラインナップ70組を発表

  8. レディング&リーズ・フェスティバル、2018年の第2弾ラインナップを発表

  9. MUSIC CIRCUS FUKUOKA、第1弾アーティストが発表に

  10. Woodstock

    Woodstock50周年を記念した公式フェスティバル、ステージごとのさらなるラインナップが発表に

  11. グラストンベリー・フェスティバル、2017年に300万ポンドを超える金額を寄付したことが明らかに

  12. TAICOCLUBの後継フェスとなるFFKT’19、第2弾ラインナップを発表

  13. hyde park festival

    夏に予定されていた一連のHYDE PARK公演が中止となることに

  14. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、アート・エリアの出展アーティストを発表

  15. Bonnaroo Music and Arts Festival

    Bonnaroo Music and Arts Festival、2021年のラインナップが明らかに