The Cribs、Sonic YouthのLee Ranaldoと共演した約2年ぶりとなるライヴの映像が公開

The Cribs

ザ・クリブスはかつてもコラボレーションを行った元ソニック・ユースのギタリストであるリー・ラナルドと“Be Safe”を演奏したロックダウンの中でのスペシャル・パフォーマンスを披露している。

ウェイクフィールドを拠点ザ・クリブスはこのパフォーマンスがバンドとしてはほぼ2年ぶりとなったと語っており、「世界各地から」ライヴを届けることを告知する短い動画も公開されていた。

ザ・クリブスによるリー・ラナルドを迎えた遠隔による再始動パフォーマンスでは2007年発表の『メンズ・ニーズ、ウィメンズ・ニーズ、ホワットエヴァー』に収録の“Be Safe”が披露されている。

パフォーマンスの動画はこちらから。

映像と共に公開された声明でザ・クリブスは次のように述べている。「昔のバンドを(何千マイルも離れているにもかかわらず)復活させることにしたんだ。ちょっと遅れた隔離中のビデオとしてね。僕らのほぼ2年ぶりの“ライヴ”・パフォーマンスだよ」

「曲のタイトルが今にぴったりだと思ったんだ。みんなお互いに気をかけてくれたらと思う。愛を。ザ・クリブス」

ザ・クリブスが最後にリリースしたアルバムは2017年発表の『24-7 ロック・スター・シット』となっている。

先日、ザ・クリブスは2004年発表のアルバム『ザ・ニュー・フェラズ』についてティム・バージェスの呼びかけによるオンライン・リスニング・パーティーが開催されている。

一方、ソニック・ユースはアーカイヴ音源の発掘を続けており、1991年にリリースされたブートレッグ音源『ホールド・ザット・タイガー』の最新バージョンが公開されている。

「音源はほぼ60分の長さで、費用のかかる2枚組LPを制作させないためにマスターの音源のスピードを少し速めて、全体が1枚のLPに入るようにしたんだ」とスティーヴ・シェリーは述べている。

今回テンポとピッチをリー・ラナルドが修正した音源がソニック・ユースのバンドキャンプ・ページで公開されている。

関連NEWS

  1. Roger Waters

    Roger Watersら、英労働党党首のジェレミー・コービンを支持する公開書簡に署名

  2. THE CRIBS

    THE CRIBS、最初の3作のデフィニティヴ・エディションがリリースされることが決定

  3. The Cribs

    The Cribs、新作でQueenのRoger Taylorが使ったスネアを使ったことが明らかに

  4. Sonic Youth、『フロム・ザ・ベースメント』の映像がオンラインで公開

  5. Sonic Youth KIMGORDON

    元Sonic YouthのKim gordon、初となるソロ作のリリースが決定&新曲を公開

  6. Vampire Weekend

    Vampire Weekendら、バーニー・サンダースの大統領選撤退について言及

  7. Kim Gordon

    Kim Gordon、ソロ作より“Earthquake”のMVが公開

  8. Thurston Moore

    Thurston Moore、ニュー・シングル「Rewilding」の音源が公開

  9. ソニック・ユース、『デイドリーム・ネイション』の30周年を記念してライヴ音源をリリース

  10. The Cribs

    The Cribs、復帰作となる新作のリリースを発表&新曲“Running Into You”が公開

  11. Sonic Youth

    Sonic Youth、新たなライヴ盤より「Death Valley ’69」と「Brave Men Run (In My Family)」の音源が公開

  12. Kim Gordon

    元Sonic YouthのKim Gordon、ソロ作より新曲“Air BnB”が公開

  13. Kim Gordon

    Kim Gordon、ソロ作より新曲「Psychedelic Orgasm」がMVと共に公開

  14. REM、Hayley WilliamsやPhoebe Bridgers

    R.E.M.、Hayley WilliamsやPhoebe Bridgersらが参加した公平な選挙のためのコンピが発売されることに

  15. Sylvain Sylvain

    New York DollsのSylvain Sylvain、配信追悼イベントの開催が決定