Bob Dylan、亡くなったLittle RichardとJohn Prineについて語る

Bob Dylan

ボブ・ディランは最新のインタヴューで亡くなったリトル・リチャードとジョン・プラインについて語っている。

ボブ・ディランは最新作『ラフ&ロウディ・ウェイズ』のリリースを受けて『ニューヨーク・タイムズ』紙の貴重なインタヴューに答えている。アルバムは10曲を収録した2枚組で、オリジナル曲によるアルバムは2012年発表の『テンペスト』以来、8年ぶりとなっている。

ボブ・ディランはインタヴュアーが亡くなったリトル・リチャードとジョン・プラインについて言及すると、次のように語っている。「どちらも、それぞれの仕事において勝利を勝ち取った人間だ。誰からのトリビュートも必要としてないよ。彼らが何をしたか、何者なのか、みんなわかっている。彼らに寄せられる敬意、称賛の数々に彼らは値する。それだけは疑いようがない。ただリトル・リチャードで私は育った。私より前にそこにいた。私の下でマッチに火を灯し、明るくしてくれた。自分一人じゃ、知ることなかったことに私の耳を傾けさせてくれた。その意味で、彼への感じ方は違う。ジョンは私のあとに来た。だから一緒ではありえない。私の中で二人は違う捉え方をしている」

「リトル・リチャードは偉大なるゴスペル・シンガーだった。だがゴスペルの世界ではアウトサイダー、もしくは不法侵入者と見なされ、受け入れられなかった。一方、ロックンロールの世界は彼が“Good Golly, Miss Molly”を永遠に歌うことを望んだ。彼のゴスペルはどちらの世界からも受け入れられなかったのさ。シスター・ロゼッタ・サープも同じだったと思う。どちらもそんなことに構うことなく、やってたように見える。かつてなら、高潔な品性の人と呼ばれていたような人間さ、二人とも。誠実で、才能に溢れ、自分を知っていた。外からのどんなことにも揺らがない。そんな人間だったよ、リトル・リチャードは」

これを受けてボブ・ディランはロバート・ジョンソンにも言及している。「それはロバート・ジョンソンもだ。もっとかもしれない。ロバートはこれまでで最も独創的な天才の一人だ。当時、彼にはおそらく聴衆はいなかったと思う。あまりに時代の先を行っていて、いまだに誰も追いつけていない。今日では最も高い地位に祭り上げられているが、あの時代、彼の曲は聴く者を混乱させたに違いない。偉大な人間は、自分の足跡だけを追う。そのことの良い例だ」

ボブ・ディランは週半ばの全英アルバム・チャートで『ラフ&ロウディ・ウェイズ』が1位を獲得している。

アルバムのストリーミングはこちらから。

関連NEWS

  1. Bob Dylan

    Bob Dylan、Siriに彼の年齢を尋ねた時の回答が話題に

  2. Bob Dylan

    Bob Dylan、4月に予定されていた来日公演が中止に

  3. Neil Young

    Neil Young、Bob Dylanとのハイド・パーク公演についてその後の状況を報告

  4. Bob Dylan

    Bob Dylan、ニュー・アルバムのリリースを発表&新曲“False Prophet”を公開

  5. Bob Dylan

    Bob Dylan、日めくり・リリック・カレンダーの2020年版の発売が決定

  6. Bob Dylan

    Bob Dylan、伝記映画で自身をTimothée Chalametが演じると報道

  7. ボブ・ディランやマドンナらが滞在したチェルシー・ホテルの部屋の扉が競売で落札される

  8. ボブ・ディラン、日本企画による60年代の音源を収録した来日記念ライヴ盤のリリースが決定

  9. ボブ・ディラン、『君の名前で僕を呼んで』の監督によって『血の轍』が映画化されることに

  10. Bob Dylan

    Bob Dylan、音楽制作のプロセスについて即興性はまったくないと語る

  11. Bob Dylan

    Bob Dylan、新作にFiona AppleとBlake Millsが参加していることが明らかに

  12. Bob Dylan

    Bob Dylan、新作で全米チャートにおける新記録を樹立

  13. Bob Dylan

    Bob Dylan、米『ビルボード』誌によるチャートで初の1位を獲得

  14. ボブ・ディラン、『血の轍』のセッションを収録したブートレッグ集第14弾のリリースが決定

  15. Bob Dylan

    Bob Dylan、マーティン・スコセッシが手掛けた映像作品のトレイラー映像が公開

  1. Madonna

    Madonna、再びワーナーと10億円を超える契約を交渉中か

    2020.08.14

  2. Kanye West

    Kanye West、出馬は民主党候補の票を奪うためという説を否定せず

    2020.08.14

  3. Prince

    Prince、『サイン・オブ・ザ・タイムズ』再発盤より未発表曲“Cosmic…

    2020.08.14

  4. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『As It Was』よりモノクロ写真が…

    2020.08.14

  5. yonawo

    yonawo(ヨナヲ) 、史上初となる福岡FM3局同時パワープレイ獲得曲「…

    2020.08.14

  6. マキシマム ザ ホルモン

    マキシマム ザ ホルモン、ファンアートコンテスト「腹ペコアワード2…

    2020.08.13

  7. R.E.M.

    R.E.M.、1999年のグラストンベリー・フェスティバルのライヴ映像がY…

    2020.08.13

  8. ハンバート

    ハンバート ハンバート、2020年8月25日(火)に開催する初の無観客…

    2020.08.13

  9. 向井太一

    向井太一 EP「Supplement」のリリースを記念して 絵描き・Lee Izumi…

    2020.08.13

  10. Billy-Joe-Armstrong

    Billy Joe、“Good Riddance”は受け入れられないと考えていたことを…

    2020.08.13

  1. SUPERSONIC 2020

    SUPERSONIC、今年の開催が延期されることに

    2020.08.11

  2. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2020 in EZO on YouTube」 開催決定

    2020.08.06

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、開催予定日の3日間に「FUJI ROCK FESTIVAL&#82…

    2020.07.31

  6. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 第3弾出演アーティストにNICKY ROMERO、88RISINGらが決定

    2020.06.26

  7. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  8. 中津川 THE SOLAR BUDOKAN

    中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2020 「リアル」+「オンライン」のハイ…

    2020.06.01

  9. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  10. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、今夏の開催見送り、延期日程を…

    2020.05.27