RIZE 結成20周年イヤー企画、ファン投票による ”ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN” の制作が決定!

7年ぶりのオリジナルアルバム「THUNDERBOLT帰ってきたサンダーボルト~」がオリコンウィークリーチャート10位、iTunesアルバムチャート ロック1位、総合2位を獲得し大きな話題を呼んだロックバンドRIZEが、間髪入れず次作の構想を発表、RIZE20年の歴史を凝縮したベストMIXアルバムの制作が決定した。
収録曲はシングル・アルバムに収録されたすべての楽曲からファン投票により選出、選出された楽曲を、世界の名だたるサウンドクラッシュを制覇し、先日もカリブ海船上での『Welcome to jam rock reggae cruiseで三連覇を果たしたばかりの日本を代表するチャンピオンサウンドMIGHTY CROWNMASTA SIMONがミックスを担当。歴代のナンバーを世界視点のMCDJで新たなRIZEミックスを提案、いかにもRIZEらしいスペシャル・エディションを制作するとのことで期待が高まる。
是非、RIZEヒストリーを振り返って清き一票を投じてから1220日(水)の初武道館ワンマンで歴史の目撃者になってほしい。
尚、リリース等の詳細は後日発表とのことなので続報を待ちたい。
 
 
MIGHTY CROWNプロフィール
1991年横浜で結成、世界のレゲエアンバサダー/カルチャーアイコンとして活躍するチャンピオンサウンド(サウンドシステム)。
観客を煽るMCと、曲をプレイするSELECTOR(いわゆるDJ)からなるチームとして、曲のメッセージ、音楽のパワーを倍増させてフロアに伝える彼らのスキルは随一。
選曲やMCの妙で誰が一番観客を盛り上げるかを競う「サウンドクラッシュ」という音の戦いにおいても、早くから国内外で積極的に取り組み、1999NYで行われた世界大会「WORLD CLASH 」で優勝、アジア人初のサウンドクラッシュ世界一の称号を勝ち取った。以降、世界中でトロフィーとファンを増やし続け、これまでに世界8冠を保持している。レゲエのメッカ、ジャマイカにおいても、サウンド文化の貢献者として表彰されるなど、その存在は単に日本代表というだけでなく世界屈指のサウンドとなっている。
メンバーは創成期からのメンバーであるMasta Simon, Sami-Tの兄弟と、ファンデーション中心のセレクタCojie、そして海外メンバーのNinja4名。それぞれの得意分野を生かして単独での活動も行っている。
流行りもカルチャーも違うカリブやヨーロッパ各国をも沸かし、さらにジャンルを越えロックキッズまで巻き込む彼らのスタイルは他の追随を見ない。
国内外でのプレイの他、「横浜レゲエ祭」をはじめとするイベントの主催、レコードレーベルLIFE STYLE RECORDS、ウェアブランドのプロデュースなど、その活動の幅は多岐にわたる。
オフィシャルサイト http://www.mightycrown.com
  

▼ベストMIXアルバムファン投票はこちらから (RIZE 20周年特設サイト内)

【投票受付期間:20171213日(水)18:001223日(土・祝)23:59

関連NEWS

  1. テイラー・スウィフト、新作より新曲“New Year’s Day”のパフォーマンス映像が公開

  2. yonige 1stフルアルバム『girls like girls』より、 新曲「ワンルーム」のMVを公開!

  3. コンピューター・マジック、最新作より“Clouds”のミュージック・ビデオが公開

  4. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して10人のミュージシャンのオン・エア・リストが公開

  5. リアム・ギャラガー、アルバムより“Greedy Soul”の音源を公開

  6. フィフス・ハーモニー、米TV番組での“He Like That”のパフォーマンス映像が公開

  7. リンキン・パーク、AMA授賞式でチェスターに捧げる感動的なスピーチを披露

  8. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーの新作をツイッターで批判

  9. フレンドリー・ファイアーズ、再始動を匂わせる動画を公開

  10. ボブ・ディラン、『血の轍』のセッションを収録したブートレッグ集第14弾のリリースが決定

  11. XTCのアンディ・パートリッジ、著作の邦訳版が12月に刊行されることに

  12. Greta Van Fleet

    Greta Van Fleet、延期したUK/ヨーロッパ・ツアーの新たな日程を発表

  13. ポール・マッカートニー、アーカイヴ・コレクション既発8タイトル日本盤は紙ジャケ仕様

  14. リンゴ・スター、イギリスのEU離脱についてどんどん進めるべきだと語る

  15. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』発売を記念して高見沢俊彦によるプレイリストが公開