ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

ノエル・ギャラガーはオアシスの1994年のシングル“Whatever”のミュージック・ビデオでなぜあんな小汚い格好をしていたのかについて説明している。 ノエル・ギャラガーはクリスマス週の第1位を獲得していないが、この年最も近くまで迫っていて、イースト17によるクリスマスのクラシック“Stay Another Day”とマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”に負けて、3位に甘んじている。 “Whatever”の成功にもかかわらず、この曲のミュージック・ビデオでノエルは小汚い格好をしており、その理由について「アラン・カー・クリスマス・チャッティ・マン」という特別番組でアラン・カーに説明している。 「あの日は酔っ払っていたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。 「徹夜して飲んでてね。あの時着ていたのは、普段ミュージック・ビデオの撮影の時に着るものじゃなかったんだよ」 「あの夜は出掛けて、パブに行ったんだ。起きたらメイダ・ヴェールのバス・ターミナルだったんだ」 彼は次のように続けている。「まだ携帯電話のある時代の前だったからね。ミュージック・ビデオの撮影をどこでやるか知らなかったんだ。誰とも連絡をとる方法がなかったんだよ」 「俺がタクシーを止めようとしている時にレーベルの奴がたまたま通りかかってね。どこに行くかも知らなかったんだけどさ。でも、素晴らしいビデオにはぴったりだったんじゃないかな」 クリスマスが好きかどうかを尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「クリスマスは嫌いだよ。俺は2人のアイルランド人にクリスマスにちなんで名付けられたんだけどな!」 「(クリスマスの)広告を見るとムカつくんだよ。最近放送されてる(ヴォーダホンの)マーティン・フリーマンのやつとかな。ナンセンスだね。あれのどこがクリスマスと関係あるんだ?」 「クリスマスで何をやんなきゃいけないんだろうね? イエス様にしなきゃならないことは? 誰もイエスのことなんて言ってないだろ」 「俺はああいう広告とかがダメでさ。俺の曲にすんごい金を払ってくれるのは別だけどな。それは問題ないからね」

関連NEWS

  1. ジョニー・マー、お金のなかったオアシス結成前のノエルに自分のギターをあげたことについて語る

  2. レディー・ガガ、体調不良のためにロック・イン・リオへの出演をキャンセルすることに

  3. ローリング・ストーンズ、初期のラジオ・ライヴ音源を収録した『オン・エア』のリリースが決定

  4. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、“Black Star Dancing”のMVの舞台裏映像が公開

  5. ノエル・ギャラガー、ロックスターが生まれなくなってしまった原因について語る

  6. the internet

    the internetのSteve Lacy、ソロ作の日本盤が11月にリリースされることが決定

  7. Boris-Johnson

    イギリス、新型コロナウイルスの感染が止まらないことを受けて7人以上の集会を禁止

  8. U2、白人警察官の無罪判決を受けてセントルイス公演をキャンセル

  9. ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、2019年最初のライヴ日程が発表に

  10. RECOfan渋谷BEAM

    RECOfan渋谷BEAM店、閉店へ

  11. Oasis

    oasisらがデビュー・アルバムをリリースしたスタジオが売りに出されることに

  12. Yaeji

    Yaeji、今月リリースのミックステープより“What We Drew”のMV公開

  13. ホワイト・ストライプス、新たなライヴ・アルバムがリリースされることが明らかに

  14. ロビー・ウィリアムス、オアシスの再結成についての持論を語る

  15. ノエル・ギャラガー、オアシス脱退翌日にメタリカのラーズ・ウルリッヒからもらったメールを明かす