ノエル・ギャラガー、“Whatever”のビデオで小汚い格好をしていた理由を語る

ノエル・ギャラガーはオアシスの1994年のシングル“Whatever”のミュージック・ビデオでなぜあんな小汚い格好をしていたのかについて説明している。 ノエル・ギャラガーはクリスマス週の第1位を獲得していないが、この年最も近くまで迫っていて、イースト17によるクリスマスのクラシック“Stay Another Day”とマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”に負けて、3位に甘んじている。 “Whatever”の成功にもかかわらず、この曲のミュージック・ビデオでノエルは小汚い格好をしており、その理由について「アラン・カー・クリスマス・チャッティ・マン」という特別番組でアラン・カーに説明している。 「あの日は酔っ払っていたんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。 「徹夜して飲んでてね。あの時着ていたのは、普段ミュージック・ビデオの撮影の時に着るものじゃなかったんだよ」 「あの夜は出掛けて、パブに行ったんだ。起きたらメイダ・ヴェールのバス・ターミナルだったんだ」 彼は次のように続けている。「まだ携帯電話のある時代の前だったからね。ミュージック・ビデオの撮影をどこでやるか知らなかったんだ。誰とも連絡をとる方法がなかったんだよ」 「俺がタクシーを止めようとしている時にレーベルの奴がたまたま通りかかってね。どこに行くかも知らなかったんだけどさ。でも、素晴らしいビデオにはぴったりだったんじゃないかな」 クリスマスが好きかどうかを尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「クリスマスは嫌いだよ。俺は2人のアイルランド人にクリスマスにちなんで名付けられたんだけどな!」 「(クリスマスの)広告を見るとムカつくんだよ。最近放送されてる(ヴォーダホンの)マーティン・フリーマンのやつとかな。ナンセンスだね。あれのどこがクリスマスと関係あるんだ?」 「クリスマスで何をやんなきゃいけないんだろうね? イエス様にしなきゃならないことは? 誰もイエスのことなんて言ってないだろ」 「俺はああいう広告とかがダメでさ。俺の曲にすんごい金を払ってくれるのは別だけどな。それは問題ないからね」

関連NEWS

  1. HKT48‏田中美久、西野七瀬からの動画に号泣

  2. マリリン・マンソン、ジャスティン・ビーバーが送ってきた謝罪メールの内容を明かす

  3. ATSUSHI(Dragon Ash)×中村達也による【風人雷人】が東北 3 県で開催

  4. H ZETTRIOの「Dancing in the mood」が テーマパーク“東京ミステリーサーカス”の イメージソングに決定!

  5. 家入レオが女優デビュー「新宿セブン」で元気な看板娘役

  6. ワイト島フェスティバル、2019年のヘッドライナーが発表に

  7. 中島美嘉 一人二役演じたストーリー仕立てのMVが完成

  8. エミネム、『カミカゼ』と“Killshot”で今年2つの記録を作っていることが明らかに

  9. ARABAKI ROCK FEST.18 本日オフィシャル・サイトがオープン。チケット先行予約の詳細も発表

  10. ノエル・ギャラガー、最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かす

  11. ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、映画『グッド・タイム』ディレクターズ・カット版サントラの発売が決定

  12. LOUD PARK 17、L.A.ガンズの追加出演が決定

  13. 小田和正、恒例「クリスマスの約束」が今年で17回目の放送

  14. マリリン・マンソン、新作より“Say10”のミュージック・ビデオを公開

  15. プロフェッツ・オブ・レイジ、アルバムより“Hail to the Chief”のビデオを公開