U2のボノ、最近の音楽は「ガーリー」になってきていると語る

U2のボノは昨今の音楽シーンについて語り、全体として「ガーリー」になってきていると語っている。

U2は12月1日に通算14作目となるニュー・アルバム『ソングス・オブ・エクスペリエンス』をリリースしている。

米『ローリング・ストーン』誌でヤン・ウェナーによるインタヴューを受けたボノは「若い男性の怒りの受け皿となるのはヒップホップだけだ」と語っている。

新しい音楽をどうやって見つけているのかという質問にボノは次のように語っている。「うちのバンドは常に音楽を聴いているし、自分にも子供がいるからね。ジョーダンは音楽オタクで、インディ・オタクなんだ。イヴはヒップホップだし、イライジャはバンドに入ってるしね。彼は音楽に非常に強い気持ちを持っていてね。彼にとってはザ・フーとザ・キラーズも、ニルヴァーナとロイヤル・ブラッドも区別はないんだよ。時代的なものではないんだ。サウンドと自身の体験だよね。彼はロックンロールによる革命はもうすぐだと信じているね」

自身はロックンロールによる革命は近いと思うかと訊かれて、ボノは次のように答えている。「音楽はすごくガーリーになってきていると思うね。それにはいいところもあるしね。でも、若い男性の怒りの受け皿となるのはヒップホップだけだよね。それはよくないよ。自分は16歳の時、自分の中にたくさんの怒りを抱えてた。その受け皿を、ギターだろうが、リズム・マシーンだろうが気にせずに見つけなければならなかったんだ」

彼は次のように続けている。「とにかくロックンロールとは何かってことだよ。怒りがその中心にあるんだ。偉大なロックンロール・バンドとはそういうものを持っているもので、ザ・フーがあれだけ素晴らしいバンドなのはだからだよね。パール・ジャムもさ。エディ(・ヴェダ―)はそうした怒りを抱えているよね」

U2の新作『ソングス・オブ・エクスペリエンス』は全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得し、新記録を樹立している。

同作はU2にとって8枚目となる全米1位を獲得したアルバムで、これまでに『ヨシュア・トゥリー』(1987)、『魂の叫び』(1988)、『アクトン・ベイビー』(1991)、『ズーロッパ』(1993)、『ポップ』(1997)、『ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム』(2004)、『ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン』(2009)が1位を獲得している。

U2は最新作が全米1位を獲得したことで、1980年代、1990年代、2000年代、2010年代の作品がすべて全米1位を獲得しており、これは同チャート史上、グループとして初という快挙となっている。

関連NEWS

  1. U2、ボノの声が出なくなって数曲で公演を中断してしまうことに

  2. U2

    U2、『All That You Can’t Leave Behind』の20周年盤より“Stateless”のリマスター音源が公開

  3. U2

    U2「ヨシュア・トゥリー・ツアー」が自身初のインド公演で閉幕、全66公演で約300万人を動員。公演を記念したインド人プロデューサーによる名曲のリミックスも配信

  4. U2のボノ、ツアーの最終日にバンドの終焉を示唆してファンの間で懸念が広がることに

  5. U2、白人警察官の無罪判決を受けてセントルイス公演をキャンセル

  6. U2

    U2、“Beautiful Day”のリミックスが公開

  7. U2

    U2のBono、スタッフが取り押さえようとするなかステージに上げた男性とダンスを披露

  8. U2、“Get Out Of Your Own Way”のビデオ撮影をトラファルガー広場で敢行

  9. U2、「エクスペリエンス+イノセンス」ツアーに連動したアプリを発表

  10. U2のボノとカニエ・ウェストのコラボレーション曲、当面リリースされないことが明らかに

  11. U2

    U2、13年ぶりの来日公演で名作『ヨシュア・トゥリー』を完全再現。迫力の巨大スクリーンとポジティブなメッセージ。

  12. U2のボノ、パラダイス文書に自身の名前があったことについて声明を発表

  13. U2のボノ、最新作の制作にあたって死の淵に瀕したことについて詳細を語るのを拒否

  14. U2、ニューヨーク公演で亡くなったアンソニー・ボーディンに楽曲を捧げる

  15. U2

    U2のBONO、エイズの撲滅に向けたキャンペーンでグラフィティ・アーティストとのコラボを発表

  1. SHAKKAZOMBIE

    SHAKKAZOMBIEのBIG-Oに捧げるトリビュートEP『BIG-O DA ULTIMATE』…

    2021.06.16

  2. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、新型コロナウイルスへの対応についてボリス・ジョ…

    2021.06.16

  3. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、自分が兄弟ともし共作したらナイフで刺してしまう…

    2021.06.16

  4. Fear, and Loathing in Las Vegas

    Fear, and Loathing in Las Vegas、有観客で「The Animals in Scree…

    2021.06.16

  5. BiSH

    BiSH、8/29国営讃岐まんのう公園で「BiSH SPERMS 野外伝 supported…

    2021.06.15

  6. The Offspring

    The Offspring、新作の特製サイコロが当たるキャンペーンの実施が決…

    2021.06.15

  7. ブルーノート・レコード

    ブルーノート・レコード、UTとのコラボレーション・コレクションが…

    2021.06.15

  8. Original Love

    Original Love、デビュー30周年を記念して、デビュー・アルバムを3…

    2021.06.15

  9. Neil Young

    Neil Young、Crazy Horseとの新作に取り組んでいることを明かす

    2021.06.15

  10. Festivals

    イングランドの規制解除延期を受けてフェスティバル協会が声明を発表

    2021.06.15

  1. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 2021、海外アーティストを迎えての開催を目指し9月18日(…

    2021.05.31

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、ラインナップ第2弾発表!

    2021.05.21

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  4. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  5. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01