リアム・ギャラガー、ノエル・ギャラガーの新作について前2作のほうがいいと語る

リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーズ・ハイ・フラインング・バーズの最新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』について語り、セルフ・タイトルを冠したファースト・アルバムとセカンド・アルバム『チェイシング・イエスタデイ』の方が好きだと語っている。

リアム・ギャラガーは以前、『フー・ビルト・ザ・ムーン?』からの最初のシングルとなる“Holy Mountain”について言及しており、「言うまでもなく、俺が何て言うかは分かるだろ。俺向きではないよな」として、「音楽のことで言えば、ちょっとうっとうしい」と語っている。

リアム・ギャラガーは今回、オーストラリアの『ヘラルド・サン』紙に対し、ノエル・ギャラガーの最新作に対する感想を明かしている。

「誰かがハサミを弾いてる曲は聴いたよ」とリアム・ギャラガーは語っている。「ほとんど曲は入ってないよな、インタールードだらけって感じだよ。あいつのアルバムをちゃんと座って聴いたことはないけどね。そこまで貪欲じゃないからさ。なかには聴いたものもあるけど、俺向きじゃないよね。ちゃんと曲が入ってたソロでの他の2枚のほうがマシだね」

また、同じインタヴューの中でリアム・ギャラガーは、自身がオアシスの楽曲を歌うのはオアシスに対して敬意を払っているのであって、曲を書いたノエル・ギャラガーに対してではないと語っている。

「(オアシスの楽曲をやるのは)素晴らしいバンドに敬意を払ってのことだよ」とリアム・ギャラガーは語っている。「新聞ではノエルが『リアムは俺の曲をやってる』って言ってるみたいだけどな。最後にオアシスを観た時はバンドだったんだ。ステージに出てあいつのソロ曲をやってるのとは違うんだよ」

「あいつはオアシスにいる時にオアシスのために曲を書いたんだ。その時に偶然――あいつが気に入っていなかろうが――俺がオアシスのフロントマンだったに過ぎないんだ。俺がオアシスの曲を歌ってたんだよ。だから俺は永遠に歌い続けるよ。それであいつが頭に来るっていうならありがたいよ」

リアム・ギャラガーは次のように続けている。「あいつには、俺が歌うには承諾書にサインしろって言われたけどな。何にもサインする気はないよ。あいつはただのチンポ野郎だからな。それであいつがイライラしてるなら、俺はそれで十分だよ」

関連NEWS

  1. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、MTVヨーロッパ・アウォーズでロック・アイコン賞を受賞してスピーチ

  2. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『As It Was』の公開日が決定&日本版予告編が公開

  3. Liam Gallagher、Noel Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherがいなくてもoasisを再結成したいとツイート

  4. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、The Whoとのツアーに先駆けてお気に入りの彼らの楽曲を明かす

  5. リアム・ギャラガー、9月に来日公演が決定

  6. The Charlatans

    The CharlatansのTim Burgess、Liam Gallagherらが参加する名作のリスニング・パーティーを開催

  7. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、来夏にネブワースで公演を行うことを匂わす

  8. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、新型コロナウイルスの影響でライヴ盤のアナログ盤の発売が延期されることに

  9. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、来たる新作より新曲“Once”の音源が公開

  10. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、来たる新作で1曲だけ特定の人物に向けて書いた楽曲について語る

  11. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『As It Was』の日本公開がついに決定

  12. Robbie Williams

    Robbie Williams、妻に説得されてLiam Gallagherとの対決を諦めることを決意

  13. Robbie Williams、Liam Gallagher

    Robbie Williams、Liam Gallagherについてアートとクソ野郎は分けて考えなきゃいけないと語る

  14. Robbie Williams

    Robbie Williams、Liam Gallagherに代わる新たな敵を見つけなきゃいけないと語る

  15. リチャード・アシュクロフト、自身がオアシスの前座をできる唯一のソロ男性アーティストだと語る

  1. Kamasi Washington

    Kamasi Washington、ドキュメンタリー『Becoming』のサントラがフィ…

    2020.09.18

  2. THE STRUTS

    THE STRUTS、新作のボーナストラックにサマーソニック2019のライヴ…

    2020.09.18

  3. DOUBLE FANTASY

    DOUBLE FANTASY – John & Yoko、10月の展覧会で販売される公式…

    2020.09.18

  4. hide

    hide誕生日にトリビュート配信ライブ開催決定、「ROCKET DIVE」モチ…

    2020.09.18

  5. H ZETTRIO

    H ZETTRIO 過去2回中止となっていた 「SPEED MUSIC」番組発のLIVE/…

    2020.09.18

  6. Jimi Hendrix

    Jimi Hendrix、1970年にマウイ島で行ったライヴの映像がリリースさ…

    2020.09.18

  7. THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVEに歓声を届けよう。「Sing…

    2020.09.18

  8. 9mm Parabellum Bullet

    9mm Parabellum Bullet トリビュートアルバム「CHAOSMOLOGY」より T…

    2020.09.18

  9. 坂本龍一

    坂本龍一の2020年の活動と記憶の断片を収める『Ryuichi Sakamoto | …

    2020.09.18

  10. Sam Smith

    Sam Smith、通算3作目となる『ラヴ・ゴーズ』を10月30日にリリース…

    2020.09.18

  1. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  2. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス、第4弾アーティストにNot…

    2020.09.02

  3. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2020、第3弾出演アーティストにOAU、怒髪天、四…

    2020.08.28

  4. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  5. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  6. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  7. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  8. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  9. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  10. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14