Mick JaggerとDave Grohl、サプライズの新曲「Eazy Sleazy」が公開

Dave Grohl

ミック・ジャガーとデイヴ・グロールはコラボレーションによるニュー・シングル“Eazy Sleazy”が公開されている。

ミック・ジャガーとデイヴ・グロールによるサプライズ・シングルは4月14日未明に公開されている。この曲は新型コロナウイルスのロックダウンの間にミック・ジャガーが書いた曲となっている。

ミック・ジャガーはヴォーカルとギターを担当し、デイヴ・グロールはドラムとギターとベースを担当している。ミュージック・ビデオはそれぞれのスタジオから遠隔でレコーディングを行う様子を収録したものとなっている。

“Eazy Sleazy”でミック・ジャガーは「Zoom通話」や「警察の壁のような自宅」、「TikTokのひどいダンス」、新型コロナウイルス後の生活には「悦楽の園」が待っているとしている。

「ロックダウンで起きたことについて歌った曲なんだ。すごく必要な楽観性でもってね」とミック・ジャガーは説明している。「デイヴ・グロールがドラムとベースとギターを担当してくれたおかげで、彼とやるのは楽しかったよ。みんなも“Eazy Sleazy”を楽しんでくれることを願っているよ」

デイヴ・グロールは次のように続けている。「この曲をミックとレコーディングすることが自分にとってどれだけのことか、言葉にするのは難しいよね。夢が実現したというのも超えているよ。これ以上クレイジーな人生なんてないわけでね。夏の曲なんだ。間違いないね」

フー・ファイターズは2012年に『サタデー・ナイト・ライヴ』でミック・ジャガーのバック・バンドを務めており、2017年に「素晴らしい」体験だったと振り返っている。

フー・ファイターズは今年2月に通算10作目となる『メディスン・アット・ミッドナイト』がリリースされている。

関連NEWS

  1. Foo Fighters

    Foo FightersのDave Grohl、SNSをやらない理由について語る

  2. バディ・ガイ、新作よりキース・リチャーズとジェフ・ベックが参加した楽曲“Cognac”が公開

  3. リアム・ギャラガー、ローリング・ストーンズのサポート・アクトを務めることが明らかに

  4. Mick Jagger

    Mick Jagger、映画出演作が今年のヴェネチア国際映画祭のクロージング作品に

  5. Dave Grohl

    Foo FightersのDave Grohl、ライヴをもう一度再開させなければならないと語る

  6. Foo Fighters

    Foo FightersのDave Grohl、新作のレコーディングが終了したことを明かす

  7. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、新たなベスト盤をローリング・ストーンズ展で購入した際の購入特典が決定

  8. Foo Fightersのデイヴ・グロール、23分に及ぶPlayを豪華メンバーでライヴで披露することに

  9. ローリング・ストーンズ、マンチェスター公演にリアム・ギャラガーが出演しなかった理由を語る

  10. Foo Fighters

    Foo Fighters、米TV番組で最新シングル「Shame Shame」を披露した映像が公開

  11. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、ライヴ音源の新ミックスを世界初&日本限定でCD化

  12. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、“Living In A Ghost Town”のアートワークによる公式Tシャツが販売開始

  13. Foo Fighters

    Foo Fighters、バンドの25周年のキャリアを振り返る26分間の映像が公開

  14. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、『Let It Bleed』50周年盤の日本独自7インチ・サイズ盤の発売が決定

  15. Foo Fighters

    Foo Fighters、ロサンゼルスのロキシーより配信したライヴのオフィシャル写真が公開