Coachella Valley Music and Arts Festival、次回の開催は2022年4月になることを正式に発表

Coachella Valley Music and Arts Festival

コーチェラ・フェスティバルは次回の開催が2022年4月になることを正式に発表している。

次回のコーチェラ・フェスティバルは2019年以来の開催となる。6月1日にコーチェラ・フェスティバルは2022年4月15日から17日、4月22日から24日にカリフォルニア州インディオのエンパイア・ポロ・クラブに開催することを発表している。

今年3月の時点でコーチェラ・フェスティバルは次回の開催が2022年4月まで延期されると報じられていた。現在、コーチェラ・フェスティバルでは2022年のチケット購入の登録が公式サイトで受け付けられており、チケット販売は現地時間6月4日午前10時より開始される。

コーチェラ・フェスティバルは2020年の開催が2度延期された後、今年4月に開催を予定していたが、1月の時点で延期されることが発表されていた。コーチェラ・フェスティバルがリヴァーサイド郡の公衆衛生局のキャメロン・カイザー教授はコーチェラ・フェスティバルの中止を求める公衆衛生命令にサインしている。

2020年のコーチェラ・フェスティバルはヘッドライナーのレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、トラヴィス・スコット、フランク・オーシャンのほか、ラナ・デル・レイ、リル・ウージー・ヴァート、トム・ヨーク、ラン・ザ・ジュエルズ、FKAツイッグス、ダベイビー、21サヴェージ、リル・ナズ・Xらが出演する予定となっていた。

アメリカではジェイ・Zによるメイド・イン・アメリカ・フェスティバルが9月に開催予定となっているほか、スリップノットもアイオワ州でノットフェスを開催予定となっている。10月に開催されるオースティン・シティ・リミッツにはビリー・アイリッシュ、スティーヴィー・ニックス、マイリー・サイラスらがヘッドライナーとして出演することが発表されている。

関連NEWS

  1. ワイト島フェスティバル、2019年のヘッドライナーが発表に

  2. Glastonbury Festival

    Glastonbury Festival、配信ライヴの追加出演者とタイムテーブルを発表

  3. Coachella Valley Music and Arts Festival

    Coachella Valley Music and Arts Festival、10月には開催されないと報じられる

  4. Vans Warped Tour Japan 2018、タイムテーブルを発表

  5. FFKT’19

    TAICOCLUBの後継フェスとなるFFKT’19、最終ラインナップを発表

  6. Reading and Leeds Festivals

    Reading and Leeds Festivals、2020年の第1弾ラインナップを発表

  7. MUSIC CIRCUS’18、超早割チケットの販売が開始

  8. glastonbury

    Glastonbury festival、2019年のレジェンド枠にKylie Minogueが発表に

  9. Wireless Festival

    Wireless Festival、2020年のラインナップが発表に

  10. ダウンロード・フェスティバル

    イギリスのダウンロード・フェスティバル、2019年のさらなるラインナップが発表

  11. SUPERSONIC 2020

    SUPERSONIC 2020、有料の映像配信を予定していることが明らかに

  12. MUTEK.JP 2020

    MUTEK.JP 2020、追加出演アーティストが発表

  13. RAINBOW DISCO CLUB

    RAINBOW DISCO CLUB、5月1日に神奈川県川崎市で開催が決定

  14. MUSIC CIRCUS FUKUOKA、第2弾出演アーティストが発表に

  15. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2019、アフタームービーが公開