フレンドリー・ファイアーズ、再始動を匂わせる動画を公開

フレンドリー・ファイアーズは再始動を匂わせる、新たなトレイラー映像をオンライン上に公開している。

フレンドリー・ファイアーズは2008年にセルフタイトルのデヴュー・アルバムを発表していて、続く2011年にはセカンド・アルバム『パラ』をリリースしている。しかし、2014年にジ・アスフォデルスとコラボレーションした楽曲“Velo”を公開して以来、新曲は発表されていない。なお、2016年には、フロントマンのエド・マクファーレンが「1980年代のデジタル草創期のシンセサイザーによる貴重な未発表サウンドトラック」を集めたコンピレーション・アルバム『グリステンズ』を発表している。

GETTY

Photo: GETTY

今週、フレンドリー・ファイアーズは自身のフェイスブック・ページを更新して新しいプロフィール画像とカヴァー動画を公開し、復帰を匂わせるような動きを見せている。さらに、彼らのSNSでは、自身の楽曲“Jump In The Pool”をバックにバンドのライヴ・パフォーマンス映像をフィーチャーした動画が新たに公開されている。

公開された動画はこちらから。

フェイスブックのカヴァー動画はこちらから。

2012年にフレンドリー・ファイアーズは『NME』に対して、彼らはアンドリュー・ウェザオールと一緒に「サイケデリック」な新曲に取り組んでいると語っていた。

「その曲は、曲の書き方とかスタイルといった点で、僕たちが今までやってきたものとはどれとも大きく違っているんだ。僕たちは今でも違ったやり方で曲を書くことを学び続けているんだよ」とフロントマンのエド・マクファーレンは語っている。「長くて、壮大で、ずっと続くような曲を書きたくてさ、思うにちょっとサイケデリック寄りになってるんだ」

「1曲は仕上がっていて、作業進行中のアイディアがあと4つあるんだよね」と彼は続けている。「どれも8分くらいあるんだよ。僕たちはすでに2つの成功した作品があって、だから自分たちのためだけに何かやっても良い段階に今やあるわけでさね」

「別名義で発表するかどうか迷っていたんだけど、でもそうしてしまったら、それって自分の名前を出す勇気がないってことを暗に示しちゃう感じになりそうだよね。だから、たとえそれがまったく奇妙で、イっちゃってて、8分のジャム作品になったとしても、僕たちはフレンドリー・ファイアーズの作品だって言うつもりだよ」

関連NEWS

  1. Demi Lovato

    Demi Lovato、グラミー賞授賞式で披露した“Anyone”を配信でリリース

  2. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オースティン・シティ・リミッツでトム・ペティをカヴァー

  3. ローリング・ストーンズ、『オン・エア』のミックス前と後の音源が比較できるサイトが公開

  4. SEKAI NO OWARI

    SEKAI NO OWARI 「The Colors」アジア公演完走! TOUR 2019 「The Colors」の模様を収めたSEKAI NO OWARIBlu-ray & DVDがリリース

  5. Floating Points

    Floating Points、来たる新作より“Anasickmodular”のMVが公開

  6. TRFが手掛ける81名ものダンサーが織りなすストーリー、その真相とは?

  7. グーグル、Google Play Musicに代わる新たな音楽サービスを発表

  8. ジャパニーズ・ブレックファスト、12月に初来日公演が決定

  9. BiS「7人でやらせてください!」プー・ルイ活動休止解禁で第2章へ

  10. Night Tempo

    Night Tempo、“Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix)”のMVが公開

  11. カセットテープの祭典CASSETTE STORE DAY JAPAN 2018 – 10月13日(土)開催!

  12. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のカイゴによるリミックスが公開に

  13. ニール・ヤング、“Powderfinger”のミュージック・ビデオを公開

  14. Rough Trade

    Rough Trade、日本限定デザインのロゴマスクが受注生産限定で発売決定

  15. “史上最高にかわいい”広瀬すずがスピッツ『歌ウサギ』を口ずさむ