Pinegrove、新作をリリースすることを発表&新曲「Alaska」が公開

Pinegrove

パイングローヴは2022年にニュー・アルバム『11:11』をリリースすることを発表して、新曲“Alaska”が公開されている。

2020年発表の『マリーゴールド』に続く新作は2022年1月28日にラフ・トレードよりリリースされる。バンドによるセルフ・プロデュースで、デス・キャブ・フォー・キューティーのクリス・ワラがミックスを手掛けている。

先立って公開された“Orange”に続いて「気候変動についてのワルツ」だという新曲“Alaska”が公開されている。

「『11:11』というタイトルは勇気づけられるものですが、アルバムには様々な感情が含まれています」とヴォーカリストでソングライターのエヴァン・スティーヴンズ・ホールは語っている。

「今は怒るべきことがたくさんあり、多くの悲しみを消化しなければなりません。しかし、願わくば最も声高なのは団結や共同体、コミュニティであればと思っています。みなさんにそうしたものを感じてもらえる場所を作りたかったのです」

アルバムのテーマについて彼は次のように続けている。「楽観性とコミュニティに等しい時間を費やして、たとえ相手がいなくてもお互いに気を配る人間の義務を再確認しています。もし自分のことを自分で救わないといけないとしたら、どうなるでしょう?」

関連NEWS

  1. Pinegrove

    Pinegrove、最新作より“Endless”のアコースティック弾き語り映像が公開

  2. Pinegrove

    Pinegrove、新作より「Habitat」の音源が公開

  3. Pinegrove

    Pinegrove、ライヴ・アルバム『Amperland, NY』のリリースが決定

  4. Pinegrove

    Pinegrove、新作の詳細を発表&新曲“Phase”のMVを公開

  5. Pinegrove

    Pinegrove、来たる新作より新曲「Respirate」の音源が公開

  6. Pinegrove

    Pinegrove、ニューアルバム『Marigold』より新曲“The Alarmist”の音源が公開

  7. Pinegrove

    Pinegrove、ラフ・トレード移籍第1弾となる新曲“Moment”が公開