Liam Gallagher、最新シングル「Everything’s Electric」のMV公開

Liam Gallagher

リアム・ギャラガーは最新シングル“Everything’s Electric”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Everything’s Electric”は5月27日にリリースされるソロ・アルバム『カモン・ユー・ノウ』に収録される。『カモン・ユー・ノウ』は2019年発表の『ホワイ・ミー? ホワイ・ノット』に続く作品となる。

モノクロのミュージック・ビデオはチャーリー・ライトニングが監督を務めており、新たなパフォーマンス映像とライヴの映像を組み合わせたものとなっている。

6月にリアム・ギャラガーはネブワースで2公演を行うことが決定しており、オランダのロウランズ・フェスティバル、ポルトガルのロック・イン・リオ・リスボアに出演することも決定している。

“Everything’s Electric”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Everything’s Electric”はフー・ファイターズのデイヴ・グロールとの共作で、彼がドラムも演奏しており、プロデュースはグレッグ・カースティンが手掛けている。

リアム・ギャラガーとデイヴ・グロールはフー・ファイターズとオアシスが一緒にツアーをやった時に会っており、ここ数年コラボレーションの噂が持ち上がっていた。

一方、デイヴ・グロールはリアム・ギャラガーとのコラボレーションについて語り、「最後の現存するロックスターの1人」と評している。

「残念ながら対面ではできなかったんだけど、リアムとは一緒にやりたかったよ」とデイヴ・グロールはコラボレーションについて語っている。「ジュークボックスに25セント硬貨を入れて、彼と一緒にやってみた感じだった。素晴らしいよね。彼は間違いなく素晴らしいシンガーで、ロックスターだよね。最後の現存するロックスターの1人だよ」

彼は次のように続けている。「彼はグレッグ・カースティンと曲を作っていたんだけど、ビースティ・ボーイズの“Sabotage”風のビートが欲しかったみたいなんだよね。それで自分がやることになったんだ。自分がドラムを叩いて、曲が素晴らしくなったんだよね。自分がやったけど、大好きだし、この間もあの曲に合わせて踊ったんだ」

関連NEWS

  1. ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガー、彼らをイメージしたサッカーのエンブレムが話題に

  2. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、最も好きなArctic Monkeysの曲を明かす

  3. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、10月に医療従事者向けに無料のコンサートを開催することを発表

  4. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、自身について最もグーグルで検索されている質問に答える

  5. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、セレブリティを信じるなと歌った理由について語る

  6. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、UKの貧しい子どもへの寄付を募る配信イベントに出演することが決定

  7. リアム・ギャラガーとリチャード・アシュクロフトによる北米ツアーが決定

  8. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、いつかアコースティック・アルバムを作りたいと語る

  9. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーの新作をツイッターで批判

  10. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、米TV番組で披露したパフォーマンス映像が公開

  11. リアム・ギャラガー、セカンド・アルバムをリリースしたら休息を取りたいと語る

  12. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、LEWIS CAPALDIに改めて賛辞を寄せる

  13. ロビー・ウィリアムス、オアシスの再結成についての持論を語る

  14. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、マンチェスター・シティを批判したコメディアンに反論

  15. リアム・ギャラガー、ガンに立ち向かうチャリティのために力強いスピーチを披露