REM、『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』の25周年記念盤のリリースを発表

R.E.M.は名作『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』の25周年記念盤をリリースすることを発表している。

GETTY

Photo: GETTY

“Everybody Hurts”や“Man On The Moon”といったシングルを収録した1992年発表の『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』はR.E.M.の代表作の一つで、これまでに全世界で1800万枚以上のセールスを記録している。

再発盤にはアルバム全編をオリジナルのプロデューサーであるスコット・リットとエンジニアのクリフ・ノーレルがドルビー・アトモスでミックスした音源が収録されるという。アルバムとしてドルビー・アトモスの音源が販売されるのは今回が初めてになる。

トレイラー映像はこちらから。

11月10日にリリースされる本作は様々な形態でのリリースが予定されており、4枚組のデラックス・エディションには『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』のセッションから未発表の20トラックのデモ音源が収録される。再発盤にはボーナストラックとしてナタリー・マーチャントが参加した“Photograph”も収録される。

再発盤からはデモ音源の一つ、“Mike’s Pop Song”も公開されている。

12インチ四方のボックスセットには、アントン・コービンやメロディー・マクダニエルによる未公開写真や音楽評論家のトム・ドイルによるライナーノーツなどが掲載された60ページのブックレットも同梱される。

2枚組のバージョンにはオリジナル・アルバムに加え、1992年11月19日に行われたライヴ・アット・ザ・40ワット・クラブのライヴ音源が収録される。この公演はこの年唯一の公演となっている。

『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』についてベーシストのマイク・ミルズは次のように語っている。「この時はずっとライターとして曲を書く際に死という必然がテーマだったんだ。人生というものの脆さと美しさ、今の瞬間を最大限生きることについてだよね。あまりにも人生は早く流れ、そのことを僕らはみんな知っている。僕らの作品では最もまとまりのあるアルバムだと思うよ。最初から最後まで力強いんだ」

関連NEWS

  1. RAINBOW DISCO

    RAINBOW DISCO CLUB 2020、フルラインナップが発表に

  2. ROUGH TRADE

    ROUGH TRADE、2度目のロックダウンを受けて通販&店舗受け取りサービスを開始することを発表

  3. Hazel English

    Hazel English、デビュー・アルバムからの新曲“Five and Dime”の音源が公開

  4. U2、新曲“American Soul”のリリック・ビデオを公開

  5. ASIAN KUNG-FU GENERATION

    ASIAN KUNG-FU GENERATION、ファン200人と“自由”を歌った「解放区」MV公開

  6. Vaughan Oliver

    4ADのデザイナーだったVaughan Oliverを讃えた奨学金が立ち上げられることに

  7. アリアナ・グランデ 世界83ヶ国で1位獲得の新曲MVが解禁

  8. NEWS

    英総選挙に向けてグライム・アーティストによる労働党応援イベントが開催されることに

  9. 全てが謎に包まれた3人組のSTREET PUNK BAND『THE SIDE BAND』が初企画を行う!!

  10. RIZE 結成20周年イヤー企画、ファン投票による ”ALL TIME BEST mixed by MIGHTY CROWN” の制作が決定!

  11. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のアコースティック・バージョンを公開

  12. The BONEZ MV「LIFE」公開&ツアーファイナルZepp公演を収めた限定Blu-rayパックが発売決定

  13. Warp Records

    Warp Records、30周年を記念してアーティストや著名人による第2弾プレイリストが公開

  14. チープ・トリック、4/25に予定されていた来日公演が延期となることが明らかに

  15. Jon Bon Jovi

    Jon Bon Jovi、息子が新型コロナウイルスにかかっていたことについて語る