REM、『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』の25周年記念盤のリリースを発表

R.E.M.は名作『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』の25周年記念盤をリリースすることを発表している。

GETTY

Photo: GETTY

“Everybody Hurts”や“Man On The Moon”といったシングルを収録した1992年発表の『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』はR.E.M.の代表作の一つで、これまでに全世界で1800万枚以上のセールスを記録している。

再発盤にはアルバム全編をオリジナルのプロデューサーであるスコット・リットとエンジニアのクリフ・ノーレルがドルビー・アトモスでミックスした音源が収録されるという。アルバムとしてドルビー・アトモスの音源が販売されるのは今回が初めてになる。

トレイラー映像はこちらから。

11月10日にリリースされる本作は様々な形態でのリリースが予定されており、4枚組のデラックス・エディションには『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』のセッションから未発表の20トラックのデモ音源が収録される。再発盤にはボーナストラックとしてナタリー・マーチャントが参加した“Photograph”も収録される。

再発盤からはデモ音源の一つ、“Mike’s Pop Song”も公開されている。

12インチ四方のボックスセットには、アントン・コービンやメロディー・マクダニエルによる未公開写真や音楽評論家のトム・ドイルによるライナーノーツなどが掲載された60ページのブックレットも同梱される。

2枚組のバージョンにはオリジナル・アルバムに加え、1992年11月19日に行われたライヴ・アット・ザ・40ワット・クラブのライヴ音源が収録される。この公演はこの年唯一の公演となっている。

『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』についてベーシストのマイク・ミルズは次のように語っている。「この時はずっとライターとして曲を書く際に死という必然がテーマだったんだ。人生というものの脆さと美しさ、今の瞬間を最大限生きることについてだよね。あまりにも人生は早く流れ、そのことを僕らはみんな知っている。僕らの作品では最もまとまりのあるアルバムだと思うよ。最初から最後まで力強いんだ」

関連NEWS

  1. 金子マリ率いるMari kaneko Presents 5th Element Will パール兄弟の窪田晴男を迎え4年ぶりに新作をリリース! 本日より新宿アルタビジョンにてトレーラー映像放映

  2. Julien Baker

    Julien Baker、来たる新作より新曲「Hardline」がMVと共に公開

  3. のん「KUBO」コスプレ撮影の苦労語るも、最後は会場に笑いが

  4. KEN ISHII

    KEN ISHII、DJドセムとのコラボレーション曲を含む2曲の新曲が公開

  5. NEWS

    アメリカのアーカンソー州でソーシャル・ディスタンスの下、ライヴが実施される

  6. コンピューター・マジック、最新作より“Clouds”のミュージック・ビデオが公開

  7. ゴリラズ、ニュー・アルバムをサプライズでリリースか?

  8. DAOKO

    DAOKO 国境を超えた次世代のクリエイションが実現した最新楽曲「おちゃらけたよ」 配信リリース

  9. ローリング・ストーンズ、初期のラジオ・ライヴ音源を収録した『オン・エア』のリリースが決定

  10. トム・ペティ、訃報に際してマネージャーが発表した声明の全文訳を掲載

  11. “テラスハウス史上No.1美少女”Niki「JELLY」表紙に初登場

  12. コールドプレイ、最新ツアーが史上3番目の興行成績を収めたことが明らかに

  13. ノエル・ギャラガー、ガンズ・アンド・ローゼズの再結成について語る

  14. TheLumineers

    The Lumineers、9月リリースの新作より“Life In The City”のMVが公開

  15. グリーン・デイのビリー・ジョー、「バスケット・ケース」と題したアイライナーが発売に