ロックバンド THE TOKYO がニューアルバムからリード曲SHOGUN「男達のメロディー」MV本日解禁

ロックバンドTHE TOKYO(ザ・トーキョー)が、2/21(水)昭和の名曲をカバーしたアルバム「男」をリリースするが、収録曲のうちリード曲となるSHOGUN「男達のメロディー」のミュージックビデオが本日公開された。

彼らは、ボーカルのコダマアツシ(29)とその弟であるコダマタイチ(26)の兄弟を中心に結成された全員20代のロックバンドで、建築、アパレル、ファッションモデル、焼き肉屋、本屋とそれぞれバラバラな職業に就いている5人。
その類稀な歌唱力とルックスで人気を博し、すでに東京のライブハウスで噂となっている。

いま20代のなかでは密かに「昭和」という時代を本気で敬愛するムーブメントが起きていて、「歌と歌詞に力のあった時代」をリスペクトし活動をしているバンドがいくつも出現している。その中心となっているバンドがこのTHE TOKYOだ。決して懐古主義ではなく、ファッションやデザインセンス、そして、今忘れかけている「男らしさ」が新鮮に映り、昭和の時代にあると見直す流れがある。

今回MVとなったSHOGUN「男達のメロディー」は1979年にリリースされ、TVドラマ「俺たちは天使だ!」の主題歌として起用され当時大ヒットしたナンバー。他にも、嶋大輔が歌った「男の勲章」、町田義人の「戦士の休息」河島英五の「時代おくれ」、「ルパン三世のテーマ」等、すべて「男」をテーマにした選曲。

また、このアルバムのリリースを記念したワンマンライブが4/22(日)下北沢THREEで行われる。ムーブメントが生まれている迫力の現場をぜひ生で目撃してほしい。

忘れかけている大切なことを教えてくれる。そんな1枚になり、次の時代へと受け継がれてゆく名盤になるかもしれない。若きロックバンドTHE TOKYOの動向に目が離せない。


2018.2.21(水)
THE TOKYO


「男」
APWA-0022 ¥1,800(tax out)

関連NEWS

  1. THE TOKYO

    THE TOKYO、怒髪天・ニートビーツ・ボヘミアンズのメンバーらを迎え、無観客生配信ライブを開催